美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

横浜美術館Yokohama Museum of Art

横浜美術館

撮影:笠木靖之

横浜美術館についてABOUT Yokohama Museum of Art

1989年3月25日、横浜みなとみらい21地区で、横浜市制100周年、横浜港開港130周年を記念して開催された「横浜博覧会」施設として開設した美術館が、同年11月3日に「横浜美術館」として開館。

1859年の横浜開港以降の美術に焦点をあて、作品の収集・展覧会を開催を行う。ダリ、マグリット、セザンヌ、ピカソなどの作家や幕末明治以降の横浜にゆかりの深い作家の作品など、10,000点を越える19世紀後半から現代にかけての国内外の美術作品を幅広く所蔵している。

また、横浜が日本における写真発祥の地のひとつであることにちなみ、写真作品の充実も図り、優れたコレクションを形成している。

石造りのシンメトリーな外観が特徴的な横浜美術館の建物は、日本を代表する建築家、故・丹下健三により設計された。左右180メートルのファサードには、長い柱廊が広がっている。8階建ての半円柱が目を引く中心部を基点に展示室、右端棟にはアトリエ、左端棟には美術情報センターが配置され、横浜美術館の理念である「みる」「つくる」「まなぶ」を建物が象徴している。

国内でも有数の規模を誇る横浜美術館には、7つの展示室のほか、10万冊を超える蔵書がある美術情報センター、多彩なワークショップを行うアトリエなどが揃い、国際的な港町、横浜にふさわしい美術館として、開港以降の近・現代美術を幅広く展示・紹介している。また、年間を通じて、約1万点の所蔵品からテーマごとに展示を行うコレクション展、企画展を開催している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1  TEL 045-221-0300
横浜美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

横浜美術館 公式サイトURL
https://yokohama.art.museum/
所在地
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL 045-221-0300
最寄駅
みなとみらい線(東急東横線直通)「みなとみらい」駅〈3番出口〉から、マークイズみなとみらい〈グランドガレリア〉経由徒歩3分、または〈マークイズ連絡口〉(10時~)から徒歩5分

JR(京浜東北・根岸線)・横浜市営地下鉄「桜木町」駅から〈動く歩道〉を利用、徒歩10分。

<バス> 桜木町駅から、市営バス156・292系統で「横浜美術館」下車。
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
定休日
木曜日 
定休日についての追記事項
・年末年始
・開館日・時間は展覧会によって異なる場合があります。詳細はカレンダーでご確認ください。
入館料・観覧料
<企画展>
展覧会ごとに異なります。各企画展のページをご覧ください。

<コレクション展>
一般 500円(400円)
高大生 300円(240円)
中学生100円(80円)
小学生以下無料
※( )内は20名様以上の団体料金(要事前申込)
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
よこはまびじゅつかん

横浜美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

横浜美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

会期:

パリのセーヌ川岸に建つオランジュリー美術館は、チュイルリー公園のオレンジ温室を改装した可愛ら...

横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

横浜美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに横浜美術館で開催された展覧会

会期終了横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション

会期:

原三溪(はらさんけい 原富太郎、慶応4/明治元年から昭和14年)は、横浜において生糸貿易や製糸業な...

横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念 原三溪の美術 伝説の大コレクション

会期終了横浜美術館開館30周年記念 Meet the Collection ―アートと人と、美術館

会期:

2019年に開館30周年を迎える横浜美術館で、年度のスタートを飾る展覧会として開催する、全展示室を...

横浜美術館開館30周年記念 Meet the Collection ―アートと人と、美術館

会期終了イサム・ノグチと長谷川三郎 ―変わるものと変わらざるもの

会期:

日米の血をひく彫刻家イサム・ノグチ(1904-1988)と、モダン・アートと古来の美との親和性を主張した画家長谷川三郎(1906-1957)の作品(彫刻、絵画...

イサム・ノグチと長谷川三郎 ―変わるものと変わらざるもの

会期終了駒井哲郎―煌めく紙上の宇宙

会期:

日本における現代銅版画の先駆者(パイオニア)である駒井哲郎(1920-1976)は、深淵な詩的世界が刻まれた版画により、国内外で高く評価されてきました。 黒いインクと白い紙の豊かな表情のなかに立ち上が...

駒井哲郎―煌めく紙上の宇宙

会期終了モネ それからの100年

会期:

印象派を代表する画家、クロード・モネ(1840-1926)。風景をひたすら見つめ、繰り返し描き続けたその絵画は、いまもなお人々を魅了してやみません。モネの芸術のもつ独創性、創作上の関心はまた、今日...

モネ それからの100年

会期終了ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより

会期:

ヌード――人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきました。美の象徴として、愛の表現として、また...

ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより

会期終了石内 都 肌理(きめ)と写真

会期:

石内都(いしうちみやこ 1947年生まれ)は、2014年にアジア人女性として初めてハッセルブラッド国際写真賞を受賞するなど、現在、国際的に最も高く評価される写真家のひとりです。 多摩美術大学で織りを...

石内 都 肌理(きめ)と写真

会期終了ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

会期:

横浜トリエンナーレは、3年に1度開催される現代アートの国際展です。 タイトルの「島」「星座」「ガラパゴス」は、接続や孤立、想像力や創造力、独自...

ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」

会期終了ファッションとアート 麗しき東西交流

会期:

海の向こうへの憧れが、新しい装いと美を生み出した――。 1859(安政6)年の開港以来、横浜は西洋の文化を受け入れ、日本の文化を海外に送り出す玄関口...

ファッションとアート 麗しき東西交流

会期終了篠山紀信展 写真力

会期:

芸術か否かという問題を越えたところに、写真はある―。 写真家・篠山紀信(しのやま・きしん/1940年生まれ)の言葉です。篠山が今日まで半世紀以上のあいだ世に送り出してきた夥しい数の写真は、著名人...

篠山紀信展 写真力

会期終了BODY/PLAY/POLITICS -カラダが語りだす、世界の隠された物語-

会期:

本展で紹介するのは、ある一人の人間の身体、集団としての行動、霊的な存在など、歴史を通じて作り上げられた身体が生み出すイメージの数々に、それぞ...

BODY/PLAY/POLITICS -カラダが語りだす、世界の隠された物語-

会期終了メアリー・カサット展

会期:

印象派を代表する米国人女性画家、メアリー・カサット(1844-1926)の回顧展を35年ぶりに日本で開催いたします。米国ペンシルヴェニア州ピッツバーグ郊外に生まれたカサットは、画家を志して21歳のときに...

メアリー・カサット展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE