美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

平塚市美術館The Hiratsuka Museum of Art

平塚市美術館

平塚市美術館についてABOUT The Hiratsuka Museum of Art

平塚は太平洋に面した相模湾沿岸の中央、首都東京の西南50kmに位置し、江戸時代には東海道の宿場町のひとつとしてさかえた。

温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、各産業が均衡をたもつ中核都市として、またリゾート地としても親しまれている、平塚を含む"湘南"エリアでは、明治時代(19世紀末)から多くの芸術家が居住し、芸術運動を展開してきた。

たとえば日本の近代美術や文学に大きな影響を与えた雑誌『白樺』は鎌倉において、また油彩画の新しいスタイルを追求した岸田劉生の草土社は鵠沼において、それぞれ活動が展開された。その後現在に至るまで多くの作家が活躍を続けている。

戦後まもなく、平塚市に美術館建設が発起された。中心となったのは空襲からの復興のなか、展覧会を自主的に開いていた地域の作家たちだった。1960年代初めには、彼らによる市への一作家一作品寄贈運動が始まり、学校、公民館や図書館の建設に続いて、1976年に平塚市博物館が開館すると、そこに美術部門が設置された。

その後、生涯学習と美術館建設の全国的な動きと同じく、平塚でも1984年に美術館建設研究委員会が発足を経て、1991年3月開館を迎えた。

開館以来、メインテーマを<湘南の美術・光>とし、湘南地域の中央に位置する美術館として、活動の充実を図っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒254-0073 神奈川県平塚市西八幡1-3-3  TEL 0463-35-2111
平塚市美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

平塚市美術館 公式サイトURL
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
所在地
〒254-0073 神奈川県平塚市西八幡1-3-3
TEL 0463-35-2111
最寄駅
JR東海道線平塚駅(東口改札)北口、または西口から徒歩約20分
JR東海道線平塚駅(東口改札)北口から神奈川中央交通バス4番乗場「美術館入口」下車徒歩1分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日・国民の休日の場合は開館し翌日休館
・振替休日の場合は開館
・年末年始(12月29日~1月3日)
入館料・観覧料
<特集展>
一般 200円
高大生 100円

<企画展>
展覧会ごとに異なります。
展覧会ページからご確認ください。
割引クーポン
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/info3.html
美術館名 よみがな
ひらつかしびじゅつかん

平塚市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

岡村桂三郎展

開催期間:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
岡村桂三郎(1958生)は、20代で山種美術館賞優秀賞を受賞...

岡村桂三郎展

自然と人間との交感を想起させる世界観
ただいま開催中

21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 アンディ・ウォーホルから奈良美智まで

開催期間:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
タグチ・ア...

21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 アンディ・ウォーホルから奈良美智まで

「美術とは何か」という自己言及性
ただいま開催中

金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

開催期間:

透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く若手現代美術家・深堀隆介(ふかほりりゅうすけ 1973生)の、公立美術館で初めての本格的な個展。 ...

金魚絵師 深堀隆介展 平成しんちう屋

不思議な美しさを湛えた深堀金魚を堪能
これから開催予定

夏の所蔵品展 いきもの図鑑

開催期間:

金魚をモチーフとした深堀隆介展との同時開催であることから、平塚市美術館の所蔵作品の中から、いきものを描いた作品約50点を紹介しま...

夏の所蔵品展 いきもの図鑑

いきものを見つめるまなざしの多様性
これから開催予定

これまでに平塚市美術館で開催された展覧会

ロビー展 長谷川さちの彫刻-レイライン

開催期間:

平塚市美術館のテーマホールを用いた「ロビー展」は、2006年にはじまり、今回で11回を数えます。外光の降り注ぐ高さ11メートルの空間を...

ロビー展 長谷川さちの彫刻-レイライン

11mの空間を舞台にした長谷川さちの彫刻
会期終了

所蔵作品による“なんだろう”展+新収蔵品展

開催期間:

今回の“なんだろう” 展には、ふだん作品に付されている題名や作者名、解説文もありません。 およそ30点の作品は、幻想的だったり、ど...

所蔵作品による“なんだろう”展+新収蔵品展

題名や作者名、解説無し、自由に感じよう
会期終了

片岡球子-面構 神奈川県立近代美術館コレクションを中心に

開催期間:

片岡球子(かたおかたまこ 1905-2008)は札幌に生まれ、画家を志して女子美術専門学校(現:女子美術大学)に学び、再興日本美術院展...

片岡球子-面構 神奈川県立近代美術館コレクションを中心に

神奈川県立近代美術館の所蔵作品を中心に
会期終了

神山明・濱田樹里展

開催期間:

没後5年となる湘南ゆかりの彫刻家、神山明(かみやまあきら、1953-2012) と、近年画境の進展著しい日本画家、濱田樹里(はまだじゅり...

神山明・濱田樹里展

対照的な作品世界をひもとく
会期終了

夏の所蔵品展 山の絵

開催期間:

このたび、平塚市美術館では、2016年に制定された「山の日」を記念して所蔵品による山の絵展を開催いたします。 山がいまだ多くの人に...

夏の所蔵品展 山の絵

山の魅力を絵画の世界から振り返る
会期終了

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 絵本の50年これまでとこれから

開催期間:

スロヴァキア共和国の首都であるブラティスラヴァで2年ごとに開催される「ブラティスラヴ...

ブラティスラヴァ世界絵本原画展 絵本の50年これまでとこれから

絵本のこれまでとこれからを探る
会期終了

リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代に つなぐもの

開催期間:

江戸時代から徐々に招来された西洋画は、その科学的な写実技法が伝統的な日本の絵画と大...

リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代に つなぐもの

日本独自の写実とは何かを作品により検証
会期終了

斎藤文夫コレクション 浮世絵・神奈川名所めぐり

開催期間:

太平の世を謳歌していた江戸時代後半、多くの人が旅に出るようになりました。その背景として、江戸・日本橋を起点とした各街道が徐々に...

斎藤文夫コレクション 浮世絵・神奈川名所めぐり

200点の浮世絵から郷土の魅力を再確認
会期終了

東京都現代美術館コレクション 近代日本画名品展

開催期間:

東京都現代美術館は、国内外のさまざまな現代美術の展覧会を開催し、4000点余の作品を所蔵する日本有数の美術館です。東京都現代美術館...

東京都現代美術館コレクション 近代日本画名品展

日本画表現の革新と創造の一端に触れる
会期終了

黒川弘毅の彫刻

開催期間:

彫刻家 黒川弘毅 (くろかわひろたけ) の《EROS》(エロース)シリーズのブロンズ作品群によるロビー展を行います。 黒川弘毅は 1952年東...

黒川弘毅の彫刻

ブロンズ作品群によるロビー展
会期終了

冬の所蔵品展 私のくらしを彩る絵 特集展示:2015 新収蔵品

開催期間:

身の回りの景色や心象風景、身近な人や景色など画家が日々のくらしの中の出来事から描き起こした作品を紹介します。 近代以降、絵画に...

冬の所蔵品展 私のくらしを彩る絵 特集展示:2015 新収蔵品

ごく日常風景にあらわれる画家の鋭い感性
会期終了

開館25周年記念 香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治

開催期間:

平塚市美術館の開館25周年を記念し、香月泰男と丸木位里・俊、川田喜久治の展覧会「香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治-シベリ...

開館25周年記念 香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治

偉大な芸術家たちの戦争に対するまなざし
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE