平塚市美術館The Hiratsuka Museum of Art

平塚市美術館

平塚市美術館についてABOUT The Hiratsuka Museum of Art

平塚は太平洋に面した相模湾沿岸の中央、首都東京の西南50kmに位置し、江戸時代には東海道の宿場町のひとつとしてさかえた。

温暖な気候と豊かな自然に恵まれ、各産業が均衡をたもつ中核都市として、またリゾート地としても親しまれている、平塚を含む"湘南"エリアでは、明治時代(19世紀末)から多くの芸術家が居住し、芸術運動を展開してきた。

たとえば日本の近代美術や文学に大きな影響を与えた雑誌『白樺』は鎌倉において、また油彩画の新しいスタイルを追求した岸田劉生の草土社は鵠沼において、それぞれ活動が展開された。その後現在に至るまで多くの作家が活躍を続けている。

戦後まもなく、平塚市に美術館建設が発起された。中心となったのは空襲からの復興のなか、展覧会を自主的に開いていた地域の作家たちだった。1960年代初めには、彼らによる市への一作家一作品寄贈運動が始まり、学校、公民館や図書館の建設に続いて、1976年に平塚市博物館が開館すると、そこに美術部門が設置された。

その後、生涯学習と美術館建設の全国的な動きと同じく、平塚でも1984年に美術館建設研究委員会が発足を経て、1991年3月開館を迎えた。

開館以来、メインテーマを<湘南の美術・光>とし、湘南地域の中央に位置する美術館として、活動の充実を図っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

平塚市美術館
〒254-0073神奈川県平塚市西八幡1-3-3 TEL 0463-35-2111

利用案内INFORMATION

平塚市美術館 公式サイトURL
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/
所在地
〒254-0073 神奈川県平塚市西八幡1-3-3
TEL 0463-35-2111
最寄駅
JR東海道線平塚駅(東口改札)北口、または西口から徒歩約20分
JR東海道線平塚駅(東口改札)北口から神奈川中央交通バス4番乗場「美術館入口」下車徒歩1分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日・国民の休日の場合は開館し翌日休館
・振替休日の場合は開館
・年末年始(12月29日~1月3日)
入館料・観覧料
<特集展>
一般 200円
高大生 100円

<企画展>
展覧会ごとに異なります。
展覧会ページからご確認ください。
割引クーポン
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/art-muse/info3.html
美術館名 よみがな
ひらつかしびじゅつかん

平塚市美術館についての感想・評価REVIEWS

-

現代の人間愛の希求

愛のひらめきの連想のように 心の渇き 孤独の歓び が混交されて ただ無心にハンマーで打たれた銅板の音が聞こえてくるようだ。
あたらしい生命体を生み出すときのように 作者の真摯な息吹が伝わってくる。鍛金技法による現代造形作品として挑戦された若い作家の熱意に敬服するのは私だけではあるまい。ただ 願わくば 未来の連作の中で ある異なる形の組み合わせも構成・構造の中に生まれれば さらに存在空間が深淵な域に達して 美の味わいが醍醐味を増すことだろう。

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

平塚市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

The Gift 寄贈を受けた作品選 +新収蔵品展

The Gift 寄贈を受けた作品選 +新収蔵品展

開催予定

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
30年前、さまざまな人たちの想いや夢がかない、平塚市美術館が産声をあげまし...

Studio COOCAのパッパラパラダイス2021-これがとってもとくいです

Studio COOCAのパッパラパラダイス2021-これがとってもとくいです

開催予定

会期:

Studio COOCA(スタジオ・クーカ)は、2009年に設立された平塚市内の障害福祉サービス事業所です。様々なハンディキャップを...

川瀬巴水展

川瀬巴水展

会期: 2020年4月18日(土)~6月7日(日) ⇒ 開催延期

大正から昭和にかけて風景版画を数多く制作した川瀬巴水(かわせ・はすい、東京生、1883-1957)の展覧会を開催します。 川瀬巴水は、幼少より絵に関心を寄せていまし...

平塚市美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに平塚市美術館で開催された展覧会

企画展「柳原義達展」

企画展「柳原義達展」

会期終了

会期:

日本の彫刻界を代表する作家のひとりである、柳原義達(やなぎはらよしたつ 1910-2004)の業績を紹介します。 柳原は戦前よりロダン、ブールデルの影響により彫刻制...

開館30周年記念 荒井寿一コレクション 川瀬巴水展

開館30周年記念 荒井寿一コレクション 川瀬巴水展

会期終了

会期:

川瀬巴水(かわせはすい 東京生、1883-1957)は、大正から昭和にかけて風景版画を数多く制作した版画家です。 幼少より絵に...

宮川慶子展ー生命は自分自身だけでは完結できないようになっているらしいー

宮川慶子展ー生命は自分自身だけでは完結できないようになっているらしいー

会期終了

会期:

横浜に生まれ、現在横浜と東京で制作する宮川慶子(1991年生まれ)は、東京造形大...

新収蔵品展 国際興業コレクションを中心に

新収蔵品展 国際興業コレクションを中心に

会期終了

会期:

2019年に新たに平塚市美術館のコレクションとして寄贈・寄託のあった75点を紹介します。中心となるのは国際興業株式会社よ...

彫刻たちの饗宴

彫刻たちの饗宴

会期終了

会期:

平塚市美術館のメインテーマとして「湘南の美術・光」があり、館内には陽光のさし込む高さ11メートルのテーマホールが設けられています。 一方、平塚市美術館では...

夏の所蔵品展 日常という宝物

夏の所蔵品展 日常という宝物

会期終了

会期:

いまだ厳しい世情のなか、日常生活や、展覧会、音楽会、観劇やスポーツなど、これまで普通に当たり前と思っていたことが中止や延期になるにつれ、文化とはなにか、...

糸賀英恵展-うつろいのかたち

糸賀英恵展-うつろいのかたち

会期終了

会期:

糸賀英恵(いとがはなえ、1978-)は横浜に生まれ、現在相模原で制作する女性作家です。多摩美術大学、および同大学院をへて、行動展に出品し個展やグループ展で活...

冬の所蔵品展 パフォーマンスする絵画

冬の所蔵品展 パフォーマンスする絵画

会期終了

会期:

人間の身体表現には、ダンスや演劇といった非日常の空間をつくりだすものから、生活上の単純な動作まで、さまざまな種類を...

企画展「秋野不矩展」

企画展「秋野不矩展」

会期終了

会期:

秋野不矩 (あきのふく、1908-2001) は現在の静岡県浜松市に生まれた女性画家です。 1930年から官展への人物画出品を経て、1948年に日本画の革新をめざす美術団体「...

鳥海青児とその時代 半世紀ぶりの公開《瀬戸の山》所蔵品展

鳥海青児とその時代 半世紀ぶりの公開《瀬戸の山》所蔵品展

会期終了

会期:

鳥海青児(ちょうかいせいじ、1902-1972)は、平塚を代表する油彩画家です。 関西大学在学中の1924年に春陽会に初入選し、...

安野光雅展 絵本とデザインの仕事

安野光雅展 絵本とデザインの仕事

会期終了

会期:

1968年に『ふしぎなえ』で絵本デビューをした安野光雅は、画家、絵本作家、装丁家、デザイナーなど幅広く活躍し、国際アンデルセン賞をはじめ、国内外でさまざまな...

荘司福・荘司貴和子展

荘司福・荘司貴和子展

会期終了

会期:

荘司福(しょうじふく 1910-2002、松本市生)は、女子美術専門学校師範科日本画部(現女子美術大学)卒業後、結婚して仙台に移り住みます。 夫との死別後、1941年...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE