横須賀美術館YOKOSUKA MUSEUM OF ART

横須賀美術館

横須賀美術館についてABOUT YOKOSUKA MUSEUM OF ART

横須賀美術館が立つ敷地は、三方を緑の山に囲まれた谷戸状の地形を持ち、北側が海に向かって大きく開けている。この恵まれた周辺環境と一体化し、建物の中にいても常にまわりの自然環境を感じることができるような、開放的な美術館である。

建築家 山本理顕(やまもと りけん)の設計による横須賀美術館は、高さを低く抑えるために、建物の約半分が地下に埋め込まれている。海側と山側にそれぞれ芝生の広場を設け、どちらからでも自由に美術館にアクセスし、また、通り抜けることができる。

横須賀市の美術品収集が始められたのは、1985年(昭和60年)のことである。1996年(平成8年)に横須賀ゆかりの洋画家 朝井閑右衛門の作品が一括して市に寄贈され、そのことがきっかけで、美術館建設が具体化することとなった。さらに1998年(平成10年)には、谷内六郎夫人・達子氏から週刊新潮表紙絵が多数寄贈された。1999年(平成11年)には、美術館基本計画策定委員会によって美術作品の収集対象が、近現代の絵画、版画、彫刻とされ、以下の基準によって収集を進めた。

◆横須賀・三浦半島にゆかりのある(出身、居住、在住等)作家の作品
◆横須賀・三浦半島を題材とした作品
◆「海」を描いた作品
◆日本の近現代美術を概観できる作品

その後、市制施行100周年記念事業の一環として、2007(平成19)年4月28日、横須賀美術館が開館した。絵画、彫刻を中心に、約5000点の日本の近現代美術の作品を所蔵している。

同年、第52回神奈川建築コンクール一般建築部門最優秀賞受賞。
2008年、第49回BCS賞(建築業協会賞)受賞。
2010年 2009日本建築家協会賞受賞。

海と緑に囲まれた環境と目の前に広がる東京湾の眺望を持ち、ガラスに覆われて柔らかな光に包まれた建築は、横須賀ならではの周辺環境や地形とも一体化し、「環境全体を使って美術館活動が展開されること」をイメージした当初の建築コンセプトを実現している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒239-0813神奈川県横須賀市鴨居4-1 TEL 046-845-1211
横須賀美術館

利用案内INFORMATION

横須賀美術館 公式サイトURL
https://www.yokosuka-moa.jp/
所在地
〒239-0813神奈川県横須賀市鴨居4-1
TEL 046-845-1211
最寄駅
京浜急行線馬堀海岸駅よりバス10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
定休日
定休日についての追記事項
・毎月第1月曜日(ただし祝日の場合は開館)
・12月29日~1月3日
・臨時の開館時間変更、休館、休室については、こちらでご案内します。トップページの「What's New」またはスケジュール
入館料・観覧料
<常設展>
一般 310円(250円)
高校生・大学生・65歳以上の方 210円(160円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上団体料金
※市内在住または在学の高校生は無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料

<企画展>展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
※中学生以下は無料です。
※市内在住または在学の高校生は無料 
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
よこすかびじゅつかん

横須賀美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

横須賀美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

上田薫展

上田薫展

開催中

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
上田薫(1928~)は、写真を使って対象を精巧に描き出す画家です。 作品の多くは、殻からつるりと落ちてくるなま玉子、...

倉重光則+天野純治展

倉重光則+天野純治展

開催予定

会期:

倉重光則(くらしげみつのり 1946~ 三浦市在住)は、1960年代よりパフォーマンス、写真、映像など、幅広い表現活動を行っています。 なかでも、蛍光管やネオン管の...

横須賀美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに横須賀美術館で開催された展覧会

第2期所蔵品展 特集:川端実

第2期所蔵品展 特集:川端実

会期終了

会期:

第4展示室では臨時休館により紹介できなかった、横須賀ゆかりの友禅作家・中村光哉(1922-2002)の作品を引き続き展示します。   中村光哉は1984年に横須賀へ転居...

中村光哉 季節をうつす友禅

中村光哉 季節をうつす友禅

会期終了

会期:

横須賀の港の風景を友禅の技法で表現した、染色作家・中村光哉(1922-2002)。 横須賀を描いた友禅の屏風やスケッチなどを紹介します。

長沢明展 オワリノナイフーケイ

長沢明展 オワリノナイフーケイ

会期終了

会期:

新潟に生まれた長沢明は、東京藝術大学大学院を修了後、TAMON賞大賞を受賞し渡米。1998年に、横須賀にアトリエを構えました。 現在は山形を拠点にし、東北芸術工科...

見る、知る、学ぶ、作る 版画ワンダーランド

見る、知る、学ぶ、作る 版画ワンダーランド

会期終了

会期:

美術の授業で木版画を作ったことがある方は多いでしょう。下絵を描き、それを板に写して彫刻刀で版を作り、インクを置いて...

パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展

パリ世紀末 ベル・エポックに咲いた華 サラ・ベルナールの世界展

会期終了

会期:

サラ・ベルナール(1844~1923)は、19世紀半ば~20世紀初頭、パリを拠点に活躍した女優です。 1862年にコメディー・フラ...

『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展

『ねないこだれだ』誕生50周年記念 せなけいこ展

会期終了

会期:

「いやだいやだの絵本」4冊シリーズで絵本作家デビューしたせなけいこの初めての大規模な個展です。 代表的な絵本の原画...

縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展

縮小/拡大する美術 センス・オブ・スケール展

会期終了

会期:

私たちは科学の進化とメディアの発達によって、目に見えない最小の物質から遠く離れた宇宙の果てまで、あらゆるスケールの...

生誕110周年 野口久光 シネマ・グラフィックス

生誕110周年 野口久光 シネマ・グラフィックス

会期終了

会期:

野口久光(1909-1994)は、東京美術学校(現・東京藝術大学)を卒業後、映画配給会社・東和商事合資会社1(のちの東宝東和...

矢崎千代二展 絵の旅

矢崎千代二展 絵の旅

会期終了

会期:

横須賀に生まれた矢崎千代二(1872-1947)は、世界各地を旅し、速写性、携行性にすぐれたパステルによって、光のうつろう一瞬をとらえた風景画を描きました。 近年...

モダンアート再訪 ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

モダンアート再訪 ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

会期終了

会期:

シュルレアリスム、抽象表現主義からポップ・アートまで、20世紀美術の流れは、...

平成30年度 第2期所蔵品展 特集:中園孔二展 外縁-見てみたかった景色

平成30年度 第2期所蔵品展 特集:中園孔二展 外縁-見てみたかった景色

会期終了

会期:

中園孔二(なかぞのこうじ 1989-2015)は東京藝術大学在学中より、多彩かつ様々な...

三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA

三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA

会期終了

会期:

三沢厚彦(みさわあつひこ 1961- )は、2000年からクスノキから彫り出した動物シリーズ「アニマルズ」の制作を始めました。現在は神奈川県内のアトリエで制作を行...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE