美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

横須賀美術館YOKOSUKA MUSEUM OF ART

横須賀美術館

横須賀美術館についてABOUT YOKOSUKA MUSEUM OF ART

横須賀美術館が立つ敷地は、三方を緑の山に囲まれた谷戸状の地形を持ち、北側が海に向かって大きく開けている。この恵まれた周辺環境と一体化し、建物の中にいても常にまわりの自然環境を感じることができるような、開放的な美術館である。

建築家 山本理顕(やまもと りけん)の設計による横須賀美術館は、高さを低く抑えるために、建物の約半分が地下に埋め込まれている。海側と山側にそれぞれ芝生の広場を設け、どちらからでも自由に美術館にアクセスし、また、通り抜けることができる。

横須賀市の美術品収集が始められたのは、1985年(昭和60年)のことである。1996年(平成8年)に横須賀ゆかりの洋画家 朝井閑右衛門の作品が一括して市に寄贈され、そのことがきっかけで、美術館建設が具体化することとなった。さらに1998年(平成10年)には、谷内六郎夫人・達子氏から週刊新潮表紙絵が多数寄贈された。1999年(平成11年)には、美術館基本計画策定委員会によって美術作品の収集対象が、近現代の絵画、版画、彫刻とされ、以下の基準によって収集を進めた。

◆横須賀・三浦半島にゆかりのある(出身、居住、在住等)作家の作品
◆横須賀・三浦半島を題材とした作品
◆「海」を描いた作品
◆日本の近現代美術を概観できる作品

その後、市制施行100周年記念事業の一環として、2007(平成19)年4月28日、横須賀美術館が開館した。絵画、彫刻を中心に、約5000点の日本の近現代美術の作品を所蔵している。

同年、第52回神奈川建築コンクール一般建築部門最優秀賞受賞。
2008年、第49回BCS賞(建築業協会賞)受賞。
2010年 2009日本建築家協会賞受賞。

海と緑に囲まれた環境と目の前に広がる東京湾の眺望を持ち、ガラスに覆われて柔らかな光に包まれた建築は、横須賀ならではの周辺環境や地形とも一体化し、「環境全体を使って美術館活動が展開されること」をイメージした当初の建築コンセプトを実現している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1  TEL 046-845-1211
横須賀美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

横須賀美術館 公式サイトURL
http://www.yokosuka-moa.jp/
所在地
〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1
TEL 046-845-1211
最寄駅
京浜急行線馬堀海岸駅よりバス10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
定休日
定休日についての追記事項
・毎月第1月曜日(ただし祝日の場合は開館)
・12月29日~1月3日
・臨時の開館時間変更、休館、休室については、こちらでご案内します。トップページの「What's New」またはスケジュール
入館料・観覧料
<常設展>
一般 310円(250円)
高校生・大学生・65歳以上の方 210円(160円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上団体料金
※市内在住または在学の高校生は無料
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料

<企画展>展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
※中学生以下は無料です。
※市内在住または在学の高校生は無料 
※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料
割引クーポン
特になし
美術館・博物館名 よみがな
よこすかびじゅつかん

横須賀美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

横須賀美術館へんなあみもの 203gow(にいまるさんごう) 編(あ)んだ~わーるど展

開催期間:

風変わりな編み物作品を作り続ける編み師「203gow」。 世の中がすべて編み物に見え、糸...

 へんなあみもの 203gow(にいまるさんごう) 編(あ)んだ~わーるど展

ちょっとへん、でも、かわいい
開催終了まであと6日

横須賀美術館ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展

開催期間:

亀山達矢と中川敦子からなるtupera tupera(ツペラツペラ)は、2002年に活動を開始し、2017年に結成15周年を迎えます。絵本やイラスト...

 ぼくとわたしとみんなの tupera tupera 絵本の世界展

tupera tupera結成15周年の大展覧会
ただいま開催中

横須賀美術館没後40年 伊藤久三郎展―幻想と詩情

開催期間:

京都に生まれた伊藤久三郎(いとうきゅうざぶろう 1906~1977)は、1920年代後半から二科展などを舞台にし、当時の前衛的傾向であるシュ...

 没後40年 伊藤久三郎展―幻想と詩情

リズムと抒情性あふれる豊かな感覚
これから開催予定

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE