美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

茅ヶ崎市美術館CHIGASAKI CITY MUSEUM OF ART

茅ヶ崎市美術館

茅ヶ崎市美術館についてABOUT CHIGASAKI CITY MUSEUM OF ART

富士山や江の島を望み、伊豆半島から三浦半島までを一望する海岸近くに位置する茅ヶ崎市美術館は、郷土ゆかりの美術家の作品を収集・展示するとともに、市民の創作・発表活動を支援する場として、1998(平成10)年4月に開館した。

温暖な気候に恵まれた茅ヶ崎には、明治以降、結核療養所・南湖院が開設され、別荘も多く建てられて、多くの芸術家や文化人がこの地を訪れた。彼らは、この環境の中で精力的に活動し、優れた作品を多く残している。

かつてこの地にはオッペケペー節で知られる明治時代の新劇俳優・川上音二郎、貞奴夫妻の居宅(萬松園)が建てられ、その後、実業家・原安三郎が別荘を構えていた。現在、美術館のまわりは茅ヶ崎の古くからの景観を良く残す緑地公園となり、早春の頃には紅白の梅が美しく、四季を通して自然の豊かな市民の憩いの場となっている。

茅ヶ崎市美術館では、日本の近代洋画史にその名を残す萬鐵五郎や堅実な画術で文化勲章を受章した洋画家・小山敬三をはじめ、スペインに魅せられた水彩画家・三橋兄弟治、日本各地の風景を木版画により魅力的に描きだした土屋光逸、また現在茅ヶ崎を拠点とし活動している新進作家など、茅ヶ崎にゆかりのある作家や作品を中心に約2,000点を収蔵している。

丘の上にたつ、茅ヶ崎市美術館の建物は、茅ヶ崎らしさを感じさせる松を抜ける潮風、明るい太陽、軽やかに浮揚するイメージをもとに造られ、とびたつ鳥の翼のような屋根が特徴的である。緑地に面したエントランスホールは、松の豊かな緑とたくさんの光がはいるようにひらかれ、そこではときに音楽家たちによるミニコンサートを聴くことができる。

地階から地上2階までの3層構造の建物は、必要に応じて自然光を取り込めるよう随所に仕掛けがなされ、明るく開放的な空間となっている。1階には展示室と展覧会情報を得たり美術書を自由に閲覧できる図書コーナーがあり、地下1階には2つの展示室、地上2階にはワークショップなどの創作活動をおこなえるアトリエと、天気の良い日には富士山を眺めることができるカフェがあり、それぞれが目的にあった快適な空間となっている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒253-0053 神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45  TEL 0467-88-1177
茅ヶ崎市美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

茅ヶ崎市美術館 公式サイトURL
http://www.chigasaki-museum.jp/
所在地
〒253-0053 神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
TEL 0467-88-1177
最寄駅
JR茅ケ崎駅 南口
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※11月~3月は10時~17時
※展覧会会期により変更の場合があります
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※祝日の場合は開館し、翌平日、翌々平日が休館
※祝日の翌日(翌日が休日の場合はそれ以降の最初の平日)
※年末年始(12月28日~1月3日)
※臨時休館日(保守点検や展示替え等を行う日)
入館料・観覧料
<収蔵作品展>
一般200円(150円)
大学生100円(70円)

<企画展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※高校生以下、市内在住65歳以上の方・市内在住の障害者およびその介護者は無料
※( )内は20名以上の団体料金
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ちがさきしびじゅつかん

茅ヶ崎市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

これまでに茅ヶ崎市美術館で開催された展覧会

開館20周年記念-版の美Ⅱ-「原安三郎コレクション 小原古邨展 -花と鳥のエデン-」

開催期間:

開館20周年を迎えた茅ヶ崎市美術館では「版の美」と称し、年間の展覧会を通じて版画の魅...

開館20周年記念-版の美Ⅱ-「原安三郎コレクション 小原古邨展 -花と鳥のエデン-」

小原古邨(おはらこそん)芸術の真骨頂
会期終了

夏の展覧会「あそび」

開催期間:

子どもたちの夏休みの時期に合わせ、茅ヶ崎市美術館の所蔵する作品の中から、鮮やかな色使いの作品や、変わった素材で作られた作品、言...

夏の展覧会「あそび」

所蔵作品からあそび心あふれる作品を展示
会期終了

MATHRAX いしのこえ

開催期間:

アートユニットMATHRAX〔マスラックス〕と茅ヶ崎の中学生によるコラボレーション作品「いしのこえ」が、「HAPTIC DESIGN AWARD 2017」...

MATHRAX いしのこえ

石と身体と世界との接続を試みた意欲作
会期終了

開館20周年記念 版の美―板にのせられたメッセージⅠ 「浮世絵・新版画―幕末~昭和」

開催期間:

今年開館20周年を迎える茅ヶ崎市美術館では、湘南地域ゆかりの美術家の作品を主に収集・展...

開館20周年記念 版の美―板にのせられたメッセージⅠ 「浮世絵・新版画―幕末~昭和」

幕末から昭和の伝統木版作品が約100点!
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE