誕生50周年記念 ベルサイユのばら展
ーベルばらは永遠にー

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

  • 開催期間:2022年9月17日(土)~2022年11月20日(日)
  • クリップ数:36 件
  • 感想・評価:8 件
誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー-1
誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー-2
誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー-3
©池田理代子プロダクション
『ベルサイユのばら』1巻表紙(マーガレット・コミックス) ©池田理代子プロダクション/集英社
©大野愛子
誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー-1
誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー-1
誕生50周年記念 ベルサイユのばら展 ーベルばらは永遠にー 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

池田理代子氏の『ベルサイユのばら(以下、ベルばら)』は、1972年4月から1973年12月まで、少女マンガ誌「週刊マーガレット」(現「マーガレット」、(株)集英社)に連載されました。

フランス革命を背景にした壮大な歴史ドラマは、当時の「少女マンガで歴史ものはあたらない」という常識を覆し、連載開始から少女たちの心をつかみ大ヒット。ファンレターが月に数万通届くほどの大人気作になり、少女マンガの歴史を変える不朽の名作となりました。

『ベルばら』は2000頁にも及ぶ長大な物語ですが、本展では、特にマリー・アントワネットとオスカルの二人に焦点を当て、当時の貴重な原画と共に紹介します。

当時24歳の池田氏が、「必ずヒットさせる」と誓いながら描いた原画は、力強い線がほとばしり、50年経った今でもその美しさに魅了されます。また、池田氏は「もっと自分の思い通りに絵を描きたい」とさらなる高みを目指して連載中にも画の勉強を続けており、物語の進展と共に画の筆致が変化していきます。

本展では、登場人物の心情を映しながら筆致が変化していく様子もご覧いただけます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年9月17日(土)~2022年11月20日(日)
会場 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー Google Map
住所 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
観覧料 一般 2,200円(1,900円)
学生(高校・大学生) 1,600円(1,300円)
子供(4歳~中学生) 1,000円(700円)
シニア(65歳以上)1,900円(1,600円)
  • ※( )内は早割前売チケット料金です
    ※日時指定券に空きがある場合のみ、当日券を販売します
    ※障がい者手帳をお持ちの方とその介助者(1名まで)は無料です。日時指定券のお申し込みは不要です。直接ご来館の上、チケットカウンターにて障がい者手帳を提示ください
    【早割前売券(日時指定券)】
    開幕までの期間限定で販売。当日/前売券より300円お得なチケットです
    販売期間:2022年8月25日(木)~9月16日(金)
    入館対象期間:2022年9月17日(土)~10月31日(月)
TEL03-6406-6652
URLhttps://verbaraten.com/

六本木ヒルズ展望台 東京シティビューの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

美しい原画にうっとり

11月下旬、東京シティビューで開催されたベルばら展に伺った。期待通り楽しい展覧会だった。最初にフォトスポットでオスカルやアンドレ達と一緒にスタッフの方に写真を撮ってもらう。気恥ずかしいがベルばらの世界に一気に引き込まれたように思う。次のスペースには貴重な原画が展示されていた。美しく熱い気持ちが感じられるような線で見惚れた。また、宝塚歌劇団やアニメ、実写映画、スピンオフ、その他グッズなどの展示もバリエーション豊かで見応えがあった。様々なメディアで展開され続け親子3世代でファンだという方も多いことにも頷けた。
大阪・阪急うめだ本店にて本日12/12まで(!?)開催中とのこと。是非全国に巡回していただきたい展覧会。。

4.0

原画見られて大満足。

私はアニメ再放送世代なので多分後追いで読んだ口ですが、こんなこと言うのもあれなんですが、原画見てこんなに上手いなんて!と絶句してしまいました。当然当時はまだ池田さんもお若かったはずで。言ったら怒られそうですが、私の世代では(ときめきトゥナイトがりぼんで絶賛連載中だがまだアニメ化されてない頃)少女漫画ってちょっと下手でも許されたりして、下手な人は画面が顔とか上半身ばっかり、なんてこともあったように記憶してます。それとは比べ物にならない位絶対的に上手い。トーンそんなになくて網掛けいっぱい出てきて、ひぇ~!だし、普通こんな構図で描かないんじゃ?!ていうような、へたり込んでるところを斜め上から描く、とか、構図も半端ないですわ。いや~、すごいわ。
あと、池田さん独特の安定した線というのが、昔ベルばら読んだ当時はちょっと古く感じたんですけど、今原画見て、逆にその魅力に開眼しましたね。

それとは別にひとつ気になったのが、アニメのコーナーで山本又一郎がガン無視だったことですかね。むしろ出崎統の名前が出てきてびっくりしました。これついてこれる人いてますかね?(笑)
もうひとつ、宝塚に疎い私としては、長谷川一夫が演出してた、ってことですね。これは知らなんだ。びっくりよ、あの長谷川一夫が・・・。
いや~、色々為になりました。
もう池田ファンになって、クリアファイルお買い上げでルンルンです。
しかし、アニメを再度ってことのようですが、元のアニメが名作中の名作なので、今回のうる星やつら的にやっちまった感でいっぱいになるような、そんなことにならないように願っております。ほんと、期待してるから頼むよ~!

THANKS!をクリックしたユーザー
Nine Livesさん、ファイさん、rabbit33さん

4.0

歴史漫画の金字塔

50年経っていても古びることのない重厚な内容と華麗な絵は見応えが有る。
入り口は広々と記念写真コーナー。見上げた窓の上にもパネルが飾って有る。
当時はラブストーリーに目が行きがちだったが、西洋史の教師に「フランス革命はベルばらを読め」と言わしめる程しっかりと時代背景を捉えていて勉強になる。
連載の後編になると当初バラを背負って描かれていた主人公達が次々と悲惨な死に方をして行くのに大きなショックを受けた。これが実際の歴史を題材にしたストーリーだと言うことを思い出させる所だ。
夢と現実が美しく混ざり合った世界観が楽しい。
宝塚のポスターに丁寧に作り上げたドレス、当時の可愛らしいグッズなど展覧会ならでは。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん

5.0

懐かしかったです

誕生50周年とのことでしたが、私は雑誌ではなく単行本になってから読みました。40数年前の高校生にとって、オスカルとアンドレのベッドシーンは衝撃で、大騒ぎしながらクラスで回し読みしたことを思い出しました。展覧会に行って、当時の編集者が「女子供に歴史がわかるか!」と大反対したのを、池田先生が押し切ってくださったと知りました(当時の編集者がその後どうなったのか、興味があります)。池田先生も、子供には難しい言葉でも美しい日本語に触れてほしいという思いで書いてくださったのだそうです。そしてフランスに行ったこともなく、膨大な資料を読んで描いてくださったと知って、頭が下がりました。今読んでも全然古くなくて、当時のドキドキも思い出したり、真剣に原画を見つめてしまいました。それほど混んでいませんでしたが、皆さん真剣に読んでおられるので、全部見るのにちょっと時間がかかりました。オスカルの一生に一度のドレスや、宝塚の衣装も素敵でした。ぜひまた宝塚で再演してほしいなと思いました。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん、Audreyさん、sayoriさん

REPORT

夢のようなベルバラ時間

ベルバラはマンガを持っていて、大好きなお話なので、絶対に行きたいと思い、お邪魔してきました。

少し空いているかなと思い、雨の日を狙って行きました。事前予約していなかったのですが、入ることができました。幸いにも入口はまばらな…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
fumiko773さん
  • VIEW1279
  • THANKS1
  • BY Ccma

REPORT

ベルばらづくしです

予約制:予約制ではありましたが、ふらりと土日に行っても、直ぐに入ることができました。

混雑具合:土日昼間に行きましたが、混雑はしていませんでした。雨だったせいもあったのでしょうか。
 
途中外国人のグループがかなりな人数で入…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
sayoriさん
  • VIEW735
  • THANKS1
  • BY Nikiya

3.0

原画と52階からの絶景が見事

入ってすぐは、お城風のセットにオスカル達のパネルが並び、記念写真を撮れますが時間によっては逆光になります。
プロのカメラマンが写真撮影してくれる有料サービスがあり、大人気でした。
(スタッフさんのカウントが、un deux  trois で、撮影後に、Trébien~ 。芸が細かい)

次が漫画の原画のコーナー。カラー原画は今でも美しく、連載当時の原画はもちろん手描きで、すごいなー。
オスカルの女装?ドレスもこちらに。
以降、宝塚、アニメ、各国で翻訳された漫画たち、フィギュアなどのグッズ、と盛りだくさんでした。
再度アニメ化するの情報と、ミュージアムショップの混雑にびっくり。
会場の外側の展望窓はカウンター席になっていて、絶景見ながら休憩できます。

宝塚ファンとお見受けする女性も多く、それぞれの「ベルばら」があるのだなぁと。
私の歴史好きはこの漫画から始まったと言っても過言でなく、これからも長く愛され続けてほしいと思います。

ところで、QRコードを持っててチケット引き換えが必要な入館システム、何とかならないのでしょうか、森ビル様!
9:40くらいに到着したときにはすでに長蛇の列。会場に入るまで30分くらい、かかりました。
炎天下の行列は、暑かったです・・・なので星2つ、マイナスです。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん、Salamaさん

4.0

ベルばらは永遠に

初日の朝イチに行きました。
ベルばらは本当にたくさんの人に愛されていることを実感しましたね。
皆さんそれぞれのベルばらがあるんですよね。
オスカルの唯一のドレスが展示されていました。当初、製作した学生さんがいくつの色を考えていたようですが、これはオスカルのウエディングドレスでもあることから白となったんですね。

THANKS!をクリックしたユーザー
さいさん、Nikiyaさん、Salamaさん、はるにゃんさん、fumiko773さん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

©池田理代子プロダクション

『ベルサイユのばら』1巻表紙(マーガレット・コミックス) ©池田理代子プロダクション/集英社

©大野愛子

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE