EXHIBITION

渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画―

東京藝術大学大学美術館

  • 開催期間:2021年3月27日(土)〜2021年5月23日(日)
  • クリップ数:47 件
  • 感想・評価:5 件
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-2
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-3
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-4
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-5
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-6
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-7
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-8
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-9
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-10
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-11
《百舌鳥に蜘蛛図(花鳥魚鰕画冊)》 絹本着色/一面(全二十一面のうち)/メトロポリタン美術館
《鳥図(枝にとまる鳥)》1878(明治11)年/紙本淡彩/一図/クラーク美術館 Clark Art Institute. clarkart. edu
《牡丹に雛図(花鳥魚鰕画冊)》 絹本着色/一面(全二十一面のうち)/メトロポリタン美術館
濤川惣助作 渡辺省亭下絵《柳燕図花瓶》 明治時代後期/七宝/一口/京都国立近代美術館/撮影:木村羊一
迎賓館赤坂離宮・七宝額原画《淡紅鸚哥に科木》絹本着色/一面(全三十図のうち)/東京国立博物館/Image : TNM Image Archives/半期展示
迎賓館赤坂離宮・七宝額原画《山翡翠・翡翠に柳》絹本着色/一面(全三十図のうち)/東京国立博物館/Image : TNM Image Archives/半期展示
《梅屋敷》1876(明治9)年/一幅/絹本着色/奈良県立美術館/半期展示
《四季江戸名所(春 上野清花)》(部分)絹本着色/四幅のうち/個人蔵
《四季江戸名所(夏 不忍池蓮)》(部分)絹本着色/四幅のうち/個人蔵
《四季江戸名所(秋 瀧の川の楓)》(部分)絹本着色/四幅のうち/個人蔵
《四季江戸名所(冬 墨堤の雪)》(部分)絹本着色/四幅のうち/個人蔵
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1
渡辺省亭 ―欧米を魅了した花鳥画― 東京藝術大学大学美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

明治から大正にかけて活躍した渡辺省亭(わたなべせいてい)の全貌を明らかにするはじめての展覧会です。

省亭は明治11(1878)年の万博を機にパリに渡り、ドガをはじめ印象派の画家たちと交流した経験を持ちます。繊細で洒脱な花鳥画は、その後、万博への出品やロンドンでの個展などにより海外で高い評価を得ます。

一方、国内では、迎賓館赤坂離宮の七宝額原画を描くなどその実力は認められながらも、明治30年代以降は次第に中央画壇から離れて市井の画家を貫いたため、展覧会で紹介される機会が少なくなりました。

この展覧会では、海外からの里帰り作品を含め、これまで知られていなかった個人コレクションを中心に、省亭の全画業を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年3月27日(土)〜2021年5月23日(日)
会場東京藝術大学大学美術館Google Map
展示室東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3
住所 東京都台東区上野公園12-8
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
※ただし、5月3日(月・祝)は開館
観覧料 本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により変更及び入場制限を実施する可能性がございます。
最新の情報は公式サイトで確認してください。

一般 1,700円(1,500円)
高校・大学生 1,200円(1,000円)
  • ※( )内は、前売り料金
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.geidai.ac.jp/museum/

東京藝術大学大学美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京藝術大学大学美術館 東京藝術大学大学美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

桜木の春も満喫

早かった染井吉野が終わりかけたころ、平日の午後早い時間に訪問しました。
入場予約はありません、会期後半になると週末などは待ちがあるかもしれません。
鳥の描写が素晴らしい画家で、空気間が豊かな、その場にいて、高く飛ぶ鳥の羽音や鳴き声も聞こえるような、滝の水音も、竹の風も感じられるような作品がならびます。
一度まとめて拝見したかった画家でしたので、念願かなってうれしい、展示替えのあともう一度行きたいと思います。

5.0

美しく愛らしい

取や小動物など、愛らしく繊細でした。半田とは思えないような細かさに驚きました。
展示方法もギャラリーっぽく、自由に歩いてみて回れるような府に気になっていたのが楽しかったです。

5.0

ドガはびっくりしただろうな

ドガの目の前で枝の先に留まる鳥を即興で描いたエピソード。書も嗜み卓越した技で瀟洒な作品は日本のみならず西洋でも通じたのですね。写実的なのに鳥や獣の優しい眼差しが魅力的。
同時開催の斎田記念館でも素晴らしい作品が見られます。加島美術も見に行きたいし後編も期待大です。

THANKS!をクリックしたユーザー
Toshinoさん、シンディさん、morinousagisanさん、他1人

4.0

ロッカー使用望む

渡辺省亭、良いですね。

ここ数年で見る機会が増えましたが本当に上手い作家です。
花鳥画が当然抜群ですが美人画もいけますね。
特に海外から里帰り花鳥画がどれも素晴らしくて全部欲しい!
斎田記念館作品も久々の再会が嬉しい。

省亭は小~中型の作品が魅力的で市井の人々に好まれたのも分かります。
中央から離れたのも自身の立ち位置を理解していたのかも。山本周五郎みたい。
過剰な書き込みはせず良い加減のところで止められる粋なところが江戸らしさ。

ロッカー使用不可は大変不便です。他館はしっかり対応しています。
省亭紹介映像部屋と2階は独立ケース多数で思ったほど出品数は多くありません。
16時過ぎれば快適に観られると思います。

某日本美術史家が激推ししていてなんかハイプな印象も先行していましたが
やはり素敵な作品が揃っています。

THANKS!をクリックしたユーザー
Toshinoさん、シンディさん、morinousagisanさん

3.0

格調高い花鳥画

展示数は少ないながらも素晴らしい花鳥画が並んでいます。ただし、ロッカーが一切使えなかった為、重い荷物を持っての鑑賞となりました。娘と一緒に行ったこともあり、作品の良さよりも疲れた記憶が残りました。

THANKS!をクリックしたユーザー
fumiko773さん、シンディさん、他1人

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE