EXHIBITION

琳派と印象派
東西都市文化が生んだ美術

アーティゾン美術館

  • 開催期間:2020年11月14日(土)〜2021年1月24日(日)
  • クリップ数:48 件
  • 感想・評価:2 件
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-2
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-3
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-4
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-5
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-6
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-7
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-8
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-9
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-10
俵屋宗達《風神雷神図屛風》江戸時代 17世紀 建仁寺蔵(国宝) (後期のみ展示:2020年12月22日[火]ー2021年1月24日[日])
俵屋宗達《舞楽図屛風》江戸時代 17 世紀 醍醐寺蔵(重要文化財)(前期のみ展示:2020 年11 月14 日[土]ー12 月20 日[日])
尾形光琳《孔雀立葵図屛風》江戸時代 18世紀 石橋財団アーティゾン美術館蔵(重要文化財)
伝俵屋宗達《伊勢物語図色紙 彦星》江戸時代 石橋財団アーティゾン美術館蔵
エドゥアール・マネ《白菊の図》1881年 茨城県近代美術館蔵
カミーユ・ピサロ《ポン=ヌフ》 1902年 公益財団法人ひろしま美術館蔵
クロード・モネ《睡蓮の池》 1907年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》1904-06年頃 石橋財団アーティゾン美術館蔵
ベルト・モリゾ《バルコニーの女と子ども》 1872年 石橋財団アーティゾン美術館蔵
ギュスターヴ・カイユボット《ピアノを弾く若い男》1876年 石橋財団アーティゾン美術館
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1
琳派と印象派 東西都市文化が生んだ美術 アーティゾン美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

琳派は、17世紀初めの俵屋宗達、18世紀初めの尾形光琳らによって、日本の都であった京都の町人文化として生まれ、19世紀初めに酒井抱一や鈴木其一らによって、将軍お膝元の江戸(現在の東京)に引き継がれた、装飾的な美感を核として発展した都市の美術でした。

一方、印象派は、19世紀後半のフランス・パリを中心に、マネやモネ、ドガやルノワール、セザンヌらによって、日常的な経験を通して受ける印象や市民生活の喜びを率直に表現する、新しく起こったヨーロッパの近代美術でした。

本展は、日本とヨーロッパ、東西の都市文化が生んだ天才画家たちの作品を通して、大都市ならではの洗練された美意識の到達点を比較しつつ見渡そうとする、新たな試みです。

アーティゾン美術館のコレクションの核となる印象派の名画と、初公開となる琳派作品を軸に、国内の寺院、美術館、博物館から代表的な作品を加えた、国宝2点、重要文化財6点を含む約100点の作品で構成されます。東西の美術を、「都市文化」というキーワードで再考する画期的な「琳派と印象派展」となります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年11月14日(土)〜2021年1月24日(日)
  • 前期2020年11月14日(土)~2020年12月20日(日)
    後期2020年12月22日(火)~2021年01月24日(日)
    ※本展では展示替えがあります。
会場アーティゾン美術館 6F・5F 展示室Google Map
住所 東京都中央区京橋1-7-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※毎週金曜日に予定の20:00までの夜間開館は、当面の間休止を予定しています。最新情報は美術館の公式サイトをご確認ください。
休館日 月曜日 
11月24日、1月12日
年末年始 12月28日~1月4日
※ただし、11月23日、1月11日は開館
観覧料 日時指定予約制
※9月14日(月)よりウェブ予約開始
一般 ウェブ予約チケット1,700円
当日チケット(窓口販売)2,000円
学生無料(要ウェブ予約)
  • ※ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売
    ※中学生以下の方はウェブ予約不要
    ※この料金で同時開催の展覧会を全て観覧できます
TEL050-5541-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.artizon.museum/

アーティゾン美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

アーティゾン美術館 アーティゾン美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

俵屋宗達の《風神雷神図屛風》は後期展示です!

尾形光琳、俵屋宗達、尾形乾山、酒井抱一、など美しく見応えある錚々たる作品が展示されていて、圧倒されました。

「都市」というキーワードで琳派と印象派を結び付けているコンセプトはやや捉えにくいところがりましたが、全体的に楽しめました。

うっかりしていましたが、メインのヴィジュアルイメージとなっている、俵屋宗達の《風神雷神図屛風》は、後期のみの展示でしたので、観られませんでした!これは後期にもまた訪れないといけません。

4.0

琳派作品が良い

みんな大好き琳派と印象派、まぁ外さないですよね。

借用した琳派作品が良いですね。
宗達、光琳は流石。其一《夜桜図》が素敵。
見応えあります。
ただガラスの反射と境目?が気になるのが残念。

印象派は館蔵品が中心で正直新鮮味に欠けました。
裏を返せばリニューアル展に行ってない人は楽しめると思います。

館蔵品に限って写真撮影OK。
夕方からの入館で快適に鑑賞出来ました。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都中央区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE