展覧会の感想・評価一覧

横浜美術館開館30周年記念 オランジュリー美術館 ルノワールとパリに恋した12人の画家たち

4.0

展示の仕方を工夫してある

過去にパリとかで、実際にあった展覧会の様子を再現したような
展示物の展示方法は面白いと思います。
かつての様子を見ながら、展示されている作品をみるなんてあまり
ないですよね。ミ… Read More

特別展「人、神、自然-ザ・アール・サーニ・コレクションの名品が語る古代世界 -」

4.0

ひとつのテーマで各地の形が集合

テーマごとに収集物が集められているのは、美術館・博物館では
当然のことであるのだが、収集したひとの感性でまとまっていて
凝縮されているような作品たち。国立博物館のなかのスペース… Read More

Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―

4.0

若手なんてとんでもない

若手と評される方々で、ここまでの迫力がある作品ならば、これからも
楽しみです。
山種美術館のいろいろな取り組みに感謝です。
ただ、会期が短いのでなかなか行き辛いところでもあります。

死絵 -明るく笑ってさようなら-

死絵 -明るく笑ってさようなら-

福岡市博物館|福岡県

会期:

4.0

色づかいや、構図がユーモラス

美術館自体が改装されて新しくなって、初めて訪れた。
ユーモラスな構図といったら、怒られるかな。
絵を見て鑑賞するというよりも、感じるものが多かったと思う。
来てよかったと感じる時間でした

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ―― 線の魔術

-

ミュシャの絵について(まだ開催されていないけど)

開催されていないので感想ではないけれど。
ミュシャの「スラブ叙事詩」は壮大で、ガツンとくる重さがあってよいけれど、ポスター画からはいったこともあり、このタイプの絵が気張らずに鑑… Read More

没後50年 坂本繁二郎展

没後50年 坂本繁二郎展

練馬区立美術館|東京都

会期:

-

以前、久留米の美術館の企画展で作品を見ました

躍動感溢れる、馬の絵がおおくありました。
「馬」というと、競走馬というイメージがありますが
ここで見る「馬」は、生活に近いというか、元気を
もらえる、おうまさんです。今回も行ってみたいと
思っています。

THANKS!をクリックしたユーザー
inehiko1996さん
大用国師二百年 釈宗演老師百年 大遠諱記念特別展「円覚寺の至宝 鎌倉禅林の美」

4.0

いろんなワークショップがあって興味深い(その2)

ワークショップがない日に訪問しました。
そんなに混雑していず、ゆっくりと鑑賞できました。
ガラス張りの中に展示されているので、よく見たい方は
オペラグラスは持参したほうがいいか… Read More

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE