EXHIBITION

Seed 山種美術館 日本画アワード 2019
―未来をになう日本画新世代―

山種美術館

  • 開催期間:2019年8月10日(土)〜2019年8月23日(金)
  • クリップ数:13 件
  • 感想・評価:6 件
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-2
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-3
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-4
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-5
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-6
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-7
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-8
安原成美《雨後のほほ》2019(平成31)年 紙本・彩色
青木秀明《鴯鶓ノ図 -飛べない鳥-》2019(平成31)年 絹目アートクロス・彩色
近藤守《nostalgie》2019(平成31)年 紙本・彩色
江川直也《雪野に佇む》2019(平成31)年 紙本・彩色
北川安希子《新天地》2019(平成31)年 紙本・彩色
外山諒《Loka-dhaatu》2019(平成31)年 紙本・彩色
永岡郁美《青想夜夢》2019(平成31)年 紙本・彩色
森萌衣《団欒》2019(平成31)年 紙本・彩色
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1
Seed 山種美術館 日本画アワード 2019 ―未来をになう日本画新世代―  山種美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

山種美術館では、日本画の奨励・普及活動の一環として、1971(昭和46)年に「山種美術館賞」を創設し、1997(平成9)年までの隔年14回にわたり、「山種美術館賞展 今日の日本画」を実施しました。

2016(平成28)年には、山種美術館の開館50周年を記念し、かつての「山種美術館賞」の趣旨を継承しつつ、装いを新たにした公募展「Seed 山種美術館 日本画アワード」をスタートさせました。

本アワードは、日本画の新たな創造に努める優秀な画家の発掘と奨励を目指すもので、この取り組みを通じて、新しい時代に向けた日本画家の育成と日本画の発展に貢献することができればと願っています。

第2回目(「山種美術館賞」から数えて通算16回目)となる今回のアワードでは、7人の審査員による厳正な審査の結果、全189点の応募作品の中から、大賞・安原成美《雨後のほほ》、優秀賞・青木秀明《鴯鶓(エミュー)ノ図 -飛べない鳥-》、特別賞(セイコー賞)・近藤守《nostalgie》、および奨励賞として、江川直也《雪野に佇む》、北川安希子《新天地》、外山諒《Loka-dhaatu》、永岡郁美《青想夜夢》、森萌衣《団欒》の8作品の受賞が決定しました。

本展では、これらの受賞作品をはじめとする入選作品全44点を一堂に公開します。今後の活躍が期待される若手画家たちの作品を通して、日本画の新たな息吹と確かな未来を感じ取っていただければ幸いです。

なお、本展会期中には、山種美術館のコレクションの中から、重要文化財を含む江戸絵画の優品を厳選して展示し、近代・現代日本画の礎となった古典絵画の世界もご紹介します。若手画家の入選作品とあわせて是非ご覧ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年8月10日(土)〜2019年8月23日(金)
会場山種美術館Google Map
住所 東京都渋谷区広尾3-12-36
時間 10:00〜17:00
  • (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
8月12日(月)は開館、8月13日(火)は休館
観覧料 一般 700円(500円)
大高生 500円(300円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は20名以上の団体料金および前売料金
    ※障がい者手帳、被爆者健康手帳をご提示の方、およびその介助者(1名)は無料
    [お得な割引サービス]
    きもの・ゆかた割引:会期中、きもの・ゆかたで来館の方は、団体割引料金
    リピーター割引:本展使用済み入場券(有料)のご提出で会期中の入館料が団体割引料金となります(1枚につき1名様1回限り有効)
    ※リピーター割引は、同一の展覧会を2回目以降に観覧の場合に有効。他の展覧会の入場券は使用できません。
    ※複数の割引の併用はできません。
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.yamatane-museum.jp/

山種美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

山種美術館 山種美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

美術館は若い日本がアーティストを、きちんととらえ、育てていました。

もうすぐ再興院展ですが、その前に山種さんの日本画アワードも見に行きました。受賞作は、やっぱ山種と思うような作品が並んでいました。安原成美《雨後のほほ》、近藤守《nostalgie》、江川直也《雪野に佇む》、なかなか未手のある展覧会でした。会期終了してしまいましたが。

4.0

若手なんてとんでもない

若手と評される方々で、ここまでの迫力がある作品ならば、これからも
楽しみです。
山種美術館のいろいろな取り組みに感謝です。
ただ、会期が短いのでなかなか行き辛いところでもあります。

3.0

出品者のトークも楽しく拝聴させていただきました。

運よく、《雨後のほほ》安原成美 さんのトークも拝聴できました。
日本画を日本料理に見立てたお話、感銘を受けました。
確かに岩絵の具や紙などの画材を料理の素材としてみるとほほの葉を色鮮やかな群青で彩色する繊細で微妙な世界観を、得心を持って受け取れました。

4.0

最新日本画の力作揃い!

若手展ということで期待していましたが、作品群はどれも予想を超えた素晴らしい出来栄えでした。上位作に何で?というのはありましたが、全て丹精込められ、最新日本画を知ることができる素敵でとても良い企画展でした。プレゼントして頂いたアートアジェンダに感謝です。

4.0

日本画アワード感じたこと。

久々の美術館巡りとなり、こちらの山種美術館の方は、初めて行かせて頂きました。都内の少し駅から歩きましたが、地図を片手に最終週の日曜日に見に行かせてもらい、ある意味ほかの美術館では、世の中に出て有名な作品が展示されていることが多いと思われるところがあります。今回こちら、日本画アワードの受賞作品ということで、初々しい才能のある若手の方の作品を拝見し、心洗われるような感動を覚えました。この才能が今後もっと花開き素晴らしいものとなることを願う気持ちと共にこちらの山種美術館の試みは、とても素晴らしいものだと感じました。今後、彼等の新しい作品が観れるようになることを楽しみにしています。

4.0

毎年楽しみ、日本画の今

よく展示作品を観て、創画会風、日展風、院展風とか言われる事がありますよね。置きにいっているわけではないでしょうけれど、受賞作のエミュ、もろい、審査委員の竹内浩一の世界、御舟の炎舞やら福田平八郎の色彩を連想させたり、受賞作品では「団欒」のクオリティとオリジナリティーが良かった。絹本で描かれた「菊児童」、「逆説」も魅力的でした。

  • 0
  • BY TK

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE