美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京都現代美術館MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

東京都現代美術館

エントランスホール(左)/中庭・テラス(中央):Photo: Kenta Hasegawa

東京都現代美術館についてABOUT MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

東京都現代美術館は、江東区清澄白河の木場公園内にある、日本の戦後美術から現代美術の流れを展望できる、現代美術専門の美術館である。

上野公園内にある「東京都美術館」の前身である「東京府美術館」(1926年に開館)の3000点に及ぶ現代美術品を収蔵作品として受け継いでスタートし、1995年に開館。

現在では、第二次世界大戦後の美術の体系的な収集、および現在の美術状況を端的に示す若手作家の作品の収集などの新たな収蔵作品を合わせて、約5,400点に及んでいる。

展示は、それらの収蔵作品を活かして、現代美術の流れを展望できるコレクション展示や絵画、彫刻、ファッション、建築、デザイン等の現代美術に関する幅広い展覧会、また国際的な大規模な展覧会、アンディ・ウォーホル展(1996年)、ポンピドー・コレクション展(1997年)、荒木経惟展(1999年)、三宅一生展(2000年)、フェラーリ&マセラティ展(2002年)なども開催されてきた。

館内の延床面積は、日本最大級の広さで、企画展示室には、巨大化する傾向のある現代美術作品が展示可能なように、広大な吹き抜け空間が準備されている。

広いスペースを誇るコレクション展示室は1階と3階の2フロアがあり、会期ごとに設定されたユニークなテーマに沿って、多数の収蔵作品の中から毎回100-200点を選んで紹介している。

また、美術関連図書資料総数約27万冊を揃えた美術図書室を備え、美術に関する情報提供、教育普及を目的としたワークショップや各種講座や講演会等の美術を広める活動も行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1  TEL 03-5245-4111 (代表) 、03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都現代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

東京都現代美術館 公式サイトURL
https://www.mot-art-museum.jp/
所在地
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
TEL 03-5245-4111 (代表) 、03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3出口より徒歩13分
東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※2019年7月26日~8月30日の期間中、金曜日は21:00まで開館
※夜間延長日も一部施設は休室、閉店時間が異なります。詳細は公式サイトをご確認ください。
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
祝日の場合は翌平日、年末年始、展示替え期間
入館料・観覧料
一般 500円(400円)
大学・専門学校生 400円(320円)
高校生・65歳以上 250円(200円)
中学生以下 無料

※企画展は展覧会ごとに異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※企画展のチケットでコレクション展も観覧できます。
※( )内は20名様以上の団体料金
※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は年齢を証明できるものの提示で無料
※家族ふれあいの日(毎月第3土曜日と続く日曜日)は、18歳未満の子を同伴する都内在住の方2名まで、入場料金が半額
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうとげんだいびじゅつかん

東京都現代美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

東京都現代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中あそびのじかん

会期:

今年の夏休みに東京都現代美術館ではじまる展覧会は「遊び」がテーマです。 「遊んでないで○○しなさい!」と、遊びの時間を「勉強」や「仕事」や「お手伝い」に邪魔されていませんか?このように遊びは...

あそびのじかん

開催中MOTサテライト2019 ひろがる地図

会期:

作品鑑賞とまち歩きを通して、美術館周辺の「まち=地域」の魅力を再発見する「MOTサテライト」の第4回目。 美術館で展示を見た後、まっすぐに帰るのではなく、清澄白河のまちをちょっと探検してみてく...

MOTサテライト2019 ひろがる地図

開催予定ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

会期:

ミナ ペルホネンは、デザイナーの皆川明(1967- )が設立し、ファッション・テキスタイルを中心に、且つデザインの領域にとらわれない活動をしています。 皆川がミナ ペルホネンの前身となる「ミナ」を立...

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

開催予定ダムタイプ―アクション+リフレクション

会期:

日本を代表するメディアアーティストグループ、ダムタイプによる個展を開催します。結成35周年にあたる2019年に開催する本展は、2018年にフランスのポ...

ダムタイプ―アクション+リフレクション

東京都現代美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに東京都現代美術館で開催された展覧会

会期終了リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」

会期:

本展は、1910年代から現在までの百年にわたる日本の美術について、編集的な視点で新旧の表現を捉え...

リニューアル・オープン記念展 企画展「百年の編み手たち -流動する日本の近現代美術-」

会期終了 コレクション展「MOTコレクション ただいま/はじめまして」

会期:

東京都現代美術館では、現在、約5200点の作品を収蔵しています。その範囲は、戦後美術を中心に、近代から現代に至る幅広いジャンルに及んでいます。 ...

 コレクション展「MOTコレクション ただいま/はじめまして」

会期終了MOTコレクション コレクション・オンゴーイング

会期:

東京都現代美術館の常設展示「MOTコレクション」では、約4,800点の収蔵品のなかから、毎回およそ100点を選び、多角的な視点により戦後・現代美術を紹介...

MOTコレクション コレクション・オンゴーイング

会期終了スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

会期:

「トイ・ストーリー」や「ファインディング・ニモ」、「インサイド・ヘッド」そして最新作「アーロと少年」など、数々の人気作品を世界に送り出すピク...

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

会期終了MOTアニュアル2016 キセイノセイキ

会期:

「MOTアニュアル」は、日本の若手作家による新しい現代美術の動向を紹介するために、東京都現代美術館が1999年より継続的に開催しているグループ展のシ...

MOTアニュアル2016 キセイノセイキ

会期終了MOTコレクション

会期:

東京都現代美術館の常設展示「MOTコレクション」では、約4,800点の収蔵品を核として、様々なテーマを設定し、戦後・現代美術の魅力を多角的に紹介しています。 今期の「MOTコレクション」は、戦後日本の...

MOTコレクション

会期終了東京アートミーティングⅥ "TOKYO"-見えない都市を見せる

会期:

東京オリンピック・パラリンピックを2020年に控え、東京は文化都市としてどのような姿を見せているのでしょうか? デジタル化、商業化された文化の外...

東京アートミーティングⅥ "TOKYO"-見えない都市を見せる

会期終了オノ・ヨーコ|私の窓から

会期:

60年にわたり多彩な分野で異なるものを繋ぎ、新たな回路を作ってきたオノ・ヨーコ(1933年-)。本展は、これまで主に戦後アメリカ美術のなかで語られてきたオノの活動を、するものです。作家活動を開始...

オノ・ヨーコ|私の窓から

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE