東京都現代美術館MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

東京都現代美術館

エントランスホール(左)/中庭・テラス(中央):Photo: Kenta Hasegawa

東京都現代美術館についてABOUT MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO

東京都現代美術館は、江東区清澄白河の木場公園内にある、日本の戦後美術から現代美術の流れを展望できる、現代美術専門の美術館である。

上野公園内にある「東京都美術館」の前身である「東京府美術館」(1926年に開館)の3000点に及ぶ現代美術品を収蔵作品として受け継いでスタートし、1995年に開館。

現在では、第二次世界大戦後の美術の体系的な収集、および現在の美術状況を端的に示す若手作家の作品の収集などの新たな収蔵作品を合わせて、約5,400点に及んでいる。

展示は、それらの収蔵作品を活かして、現代美術の流れを展望できるコレクション展示や絵画、彫刻、ファッション、建築、デザイン等の現代美術に関する幅広い展覧会、また国際的な大規模な展覧会、アンディ・ウォーホル展(1996年)、ポンピドー・コレクション展(1997年)、荒木経惟展(1999年)、三宅一生展(2000年)、フェラーリ&マセラティ展(2002年)なども開催されてきた。

館内の延床面積は、日本最大級の広さで、企画展示室には、巨大化する傾向のある現代美術作品が展示可能なように、広大な吹き抜け空間が準備されている。

広いスペースを誇るコレクション展示室は1階と3階の2フロアがあり、会期ごとに設定されたユニークなテーマに沿って、多数の収蔵作品の中から毎回100-200点を選んで紹介している。

また、美術関連図書資料総数約27万冊を揃えた美術図書室を備え、美術に関する情報提供、教育普及を目的としたワークショップや各種講座や講演会等の美術を広める活動も行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

東京都現代美術館
〒135-0022東京都江東区三好4-1-1 TEL 050-5541-8600 (ハローダイヤル)、03-5245-4111 (代表)

利用案内INFORMATION

東京都現代美術館 公式サイトURL
https://www.mot-art-museum.jp/
所在地
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1
TEL 050-5541-8600 (ハローダイヤル)、03-5245-4111 (代表)
最寄駅
東京メトロ半蔵門線「清澄白河駅」B2出口より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線「清澄白河駅」A3出口より徒歩13分
東京メトロ東西線「木場駅」3番出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
都営地下鉄新宿線「菊川駅」A4出口より徒歩15分、または都営バスで「東京都現代美術館前」下車
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※冬季期間(11月~2月)は野外展示場は16時までの公開です
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
【休館日(2020年6月まで)】
2020/1/14、2/17-3/13
5/7、5/11、5/18、5/25
6/1、6/8
※ただし、2020年1月13日、5月4日は開館
入館料・観覧料
一般 500円(400円)
大学・専門学校生 400円(320円)
高校生・65歳以上 250円(200円)
中学生以下 無料

※企画展は展覧会ごとに異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※企画展のチケットでコレクション展も観覧できます。
※( )内は20名様以上の団体料金
※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方と、その付添いの方(2名まで)は無料
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は年齢を証明できるものの提示で無料
※家族ふれあいの日(毎月第3土曜日と続く日曜日)は、18歳未満の子を同伴する都内在住の方2名まで、入場料金が半額
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうとげんだいびじゅつかん

東京都現代美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

東京都現代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

MOTアニュアル2021 海、リビングルーム、頭蓋骨

MOTアニュアル2021 海、リビングルーム、頭蓋骨

開催中

会期:

MOTアニュアルは、若手アーティストの活動を通じて、国内の現代美術の潮流のひとつを紹介するグループ展として、1999年か...

GENKYO 横尾忠則  原郷から幻境へ、そして現況は?

GENKYO 横尾忠則  原郷から幻境へ、そして現況は?

開催中

会期:

1960年代からつねに第一線で活躍し、日本を、そして世界を魅了し続けてきた、アート界のレジェンド、横尾忠則。その横尾の...

MOTコレクション Journals 日々、記す 特別展示:マーク・マンダース「保管と展示」

MOTコレクション Journals 日々、記す 特別展示:マーク・マンダース「保管と展示」

開催中

会期:

「MOT コレクション」展では、戦後美術を中心とする東京都現代美術館の収蔵作品...

 Viva Video! 久保田成子展

Viva Video! 久保田成子展

開催予定

会期:

東京都現代美術館では、新潟に生まれ、国際的に活躍した久保田成子(1937-2015)の没後初、日本では約30年ぶりの大規模な個展を開催します。映像と彫刻を組み合わせ...

ユージーン・スタジオ 新しい海 EUGENE STUDIO After the rainbow

ユージーン・スタジオ 新しい海 EUGENE STUDIO After the rainbow

開催予定

会期:

ユージーン・スタジオは、寒川裕人(Eugene Kangawa、1989年アメリカ生まれ)による日本を拠点とするアーティストスタジオ...

東京都現代美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに東京都現代美術館で開催された展覧会

ライゾマティクス_マルティプレックス

ライゾマティクス_マルティプレックス

会期終了

会期:

2021年に設立15周年を迎えるrhizomatiks(ライゾマティクス)の個展が開催されます。ライゾマティクス(以下、ライゾマと...

マーク・ マンダース ―マーク・マンダースの不在

マーク・ マンダース ―マーク・マンダースの不在

会期終了

会期:

マンダースは、1968年オランダのフォルケル生まれ。現在はベルギーのロンセにスタジオを構えています。1986年、自伝執筆の...

石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか

会期終了

会期:

東京に生まれ、アート・ディレクター、デザイナーとして、多岐に渡る分野で新しい時代を切り開きつつ世界を舞台に活躍した...

MOTサテライト2020 ハイファイブ-こころのこえ

MOTサテライト2020 ハイファイブ-こころのこえ

会期終了

会期:

「MOTサテライト」は、美術館周辺の地域とつながり、まちの魅力を掘り起こすシリーズ企画です。2017年より「往来往来」「...

MOTアニュアル2020 透明な力たち

MOTアニュアル2020 透明な力たち

会期終了

会期:

若手作家の作品を中心に、現代美術の一側面を切り取り、問いかけや議論のはじまりを引き出すグループ展、MOT アニュアル。第16回目となる本展では、人や物を動かし...

オラファー・エリアソン

オラファー・エリアソン

会期終了

会期:

私はベルリンの太陽の光を日本に持ってきました。私の手の中にあるのは小さな発電所なのです。オラファー・エリアソンは、電力にアクセスできない地域に住む人びと...

カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展 もつれるものたち

カディスト・アート・ファウンデーションとの共同企画展 もつれるものたち

会期終了

会期:

本展覧会には、木、種、化石、道具や本など、私たちの日々の暮らしとは切り離せ...

おさなごころを、きみに

おさなごころを、きみに

会期終了

会期:

親子や幅広い年齢層がともに美術館を訪れ、誰もが持つおさなごころを体験的に問い直し、優れた芸術表現の可能性を知る「はじめの一歩」となる企画として「おさなご...

ドローイングの可能性

ドローイングの可能性

会期終了

会期:

本展は、線を核とするさまざまな表現を、現代におけるドローイングと捉え、その可能性をいくつかの文脈から再考する試みです。 デジタル化のすすむ今日、手を介した...

MOTアニュアル2019 Echo after Echo:仮の声、新しい影

MOTアニュアル2019 Echo after Echo:仮の声、新しい影

会期終了

会期:

現代の表現の一側面を切り取り、問いかけや議論の始まりを引き出すグループ展、MOT アニュアル(※)。15回目を数える本展で...

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

ミナ ペルホネン/皆川明 つづく

会期終了

会期:

ミナ ペルホネンは、デザイナーの皆川明(1967- )が設立し、ファッション・テキスタイルを中心に、且つデザインの領域にとらわれない活動をしています。 皆川がミナ...

ダムタイプ―アクション+リフレクション

ダムタイプ―アクション+リフレクション

会期終了

会期:

日本を代表するメディアアーティストグループ、ダムタイプによる個展を開催します。結成35周年にあたる2019年に開催する本...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE