名古屋市美術館 Nagoya City Art Museum

名古屋市美術館

名古屋市美術館についてABOUT Nagoya City Art Museum

名古屋市美術館は、市の中心に欅などの樹林に囲まれた緑豊かな白川公園の中に1988年(昭和63年)4月に開館した美術館である。

地元出身の建築家 黒川紀章によって建てられた名古屋市美術館は、随所に日本の伝統的手法と色彩が盛り込まれており、内部のドア枠、窓には、西欧の建築様式や江戸の天文図等が引用され、梅鉢の紋や茶室の模擬などが取り入れられ、同様に屋外にも木曽川の風景、名古屋城の石垣など、物語性をつくりだすための記号が配置されている。

西欧と日本の文化、あるいは歴史と未来の共生がこの建築の主要なテーマとなっている。

コレクションは、

三岸節子・前田青邨・川合玉堂・熊谷守一・山本悍右ら郷土作家の作品の他、シャガール、キスリング、スーティン、パスキン、モディリアーニ、ユトリロらのエコール・ド・パリ(稲沢市生まれの荻須高徳が関わった縁から)、

ディエゴ・リベラ 、ホセ・クレメンテ・オロスコなどメキシコ・ルネサンス(瀬戸市ゆかりの北川民次がメキシコで活躍した縁、メキシコシティと名古屋市の姉妹都市締結の縁から)、

現代美術(愛知出身の荒川修作、河原温、桑山忠明らコンセプチュアルアート、ミニマルアートで世界的に活躍する作家、および同時代の日本内外の作家 赤瀬川原平、河口龍夫、ジェームズ・タレル 、フランク・ステラ 、 李禹煥ら)

を中心に収蔵している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

名古屋市美術館
〒460-0008愛知県 名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)  TEL 052-212-0001

利用案内INFORMATION

名古屋市美術館 公式サイトURL
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/
所在地
〒460-0008 愛知県 名古屋市中区栄2-17-25 (芸術と科学の杜・白川公園内)
TEL 052-212-0001
最寄駅
地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00 (最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
※祝日を除く
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館
※その他展示替え期間など
入館料・観覧料
<常設展>
一般 300円(250円)
高校・大学生 200円(150円)
名古屋市在住65歳以上の方 100円(80円)
中学生以下 無料
※( )内団体30名様以上

<定期観覧券(一年分)>
一般 1200円
高校・大学生 800円
名古屋市在住65歳以上の方 400円
※特別展の観覧料に関する事項は、各展毎 に定めます。

<芸術と科学の杜 共通観覧券(市美術館常設展と市科学館展示室の共通観覧券)>
一般 500円
※特別展はその都度定めます。
※共通観覧券で特別展やプラネタリウムを観覧することはできません。
入館料・観覧料についての追記事項
<体の不自由な方、高齢の方へのご案内>
※名古屋市内在住の65歳以上の方は、常設展入場料が100円。市外65歳以上の方は一般料金300円。
※身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をご持参のうえ窓口等でお問い合わせください。
※視覚に障害のある方などを対象とした常設展ギャラリートークを行っています。事前に団体見学係までお問い合わせください。点字解説や立体コピーなどの資料はありません。
※身体等に障害のある方は、業務用駐車場を利用できます。事前または当日に申し付けください。
※身体障害者補助犬法が定める盲導犬、介助犬、聴導犬を伴ってご入場いただけます。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
なごやしびじゅつかん

名古屋市美術館についての感想・評価REVIEWS

4.0

ライトアップされた美術館

緑に囲まれた、公園の中にある美術館、建築家、黒川紀章のデザイン!
曲線美も美しく、昼と夜とでは、印象が変わります。
1階と2階が企画展で、地下では、常設展示をみることができ、2階には、ライブラリーがあり、何気なく配置された休憩用の椅子も、有名なデザイナー作品だったりと、アートにどっぷりひたれます。
企画展の会期中、数回にわたり、展示作品の説明会等が講堂で催されることがあるので、スケジュール要チェック!
あと
金曜日の夜は、開館時間が20時迄に延長され、ゆったり楽しみたい方には、オススメ!

3.0

暗めの宗教画展

展示の大半がカラヴァッジョの関係者やフォロワーの作品で、本人の作品は10点のみとイマイチ物足りない感が残りました。
館内はただでさえ暗い色調の絵揃いなのに、照明の照り返しがきつくて作品が見づらかったです。
多分離れて見れば問題ないのですが日曜に行ったので混雑のため無理でした。
空いている日を狙ったほうが良さそうです。

THANKS!をクリックしたユーザー
tonoさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

名古屋市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ―線の魔術

会期: 2020年4月25日(土)〜6月28日(日) ⇒ 開催中止

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。「線の魔術」...

名古屋市美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに名古屋市美術館で開催された展覧会

フランソワ・ポンポン展

フランソワ・ポンポン展

会期終了

会期:

19世紀末から20世紀初頭にかけて活躍した彫刻家、フランソワ・ポンポンの日本で初めての回顧展を開催します。 ロダンをはじめとする有...

生誕160年記念 グランマ・モーゼス展―素敵な100年人生

生誕160年記念 グランマ・モーゼス展―素敵な100年人生

会期終了

会期:

グランマ・モーゼスは、無名の農婦から、70代で本格的に絵を描き始め、80歳の時ニューヨ...

アートとめぐる はるの旅

アートとめぐる はるの旅

会期終了

会期:

本展では、「旅」をテーマに当館コレクションから選りすぐりの作品を展示します。知らない土地を旅する気分で、アートを楽しんでいただ...

没後90年記念 岸田劉生展

没後90年記念 岸田劉生展

会期終了

会期:

日本の近代美術の歴史において最も独創的な絵画の道を歩んだ孤高の存在である画家・岸田劉生(1891-1929)の没後90年を記念する展覧会...

カラヴァッジョ展

カラヴァッジョ展

会期終了

会期:

16世紀末、ローマに現れた天才画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ。圧倒的な描写力、強烈な明暗、観る者を引き込む生々...

印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション

印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション

会期終了

会期:

日本における西洋美術のコレクションは今から百年ほど前、第一次世界大戦が終了した1910...

辰野登恵子 ON PAPERS

辰野登恵子 ON PAPERS

会期終了

会期:

辰野登恵子(たつのとえこ)は1950年に長野県岡谷市に生まれ、東京藝術大学に学んだ後、1970年代にドット(点)やグリッド(格子)、ス...

ザ・ベスト・セレクション

ザ・ベスト・セレクション

会期終了

会期:

1988(昭和63)年4月22日に開館した名古屋市美術館は、今年開館30周年を迎えます。 所蔵品の総数は開館10周年の平成10年度末までに2,1...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE