美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

名古屋市美術館Nagoya City Art Museum

名古屋市美術館

名古屋市美術館についてABOUT Nagoya City Art Museum

名古屋市美術館は、市の中心に欅などの樹林に囲まれた緑豊かな白川公園の中に1988年(昭和63年)4月に開館した美術館である。

地元出身の建築家 黒川紀章によって建てられた名古屋市美術館は、随所に日本の伝統的手法と色彩が盛り込まれており、内部のドア枠、窓には、西欧の建築様式や江戸の天文図等が引用され、梅鉢の紋や茶室の模擬などが取り入れられ、同様に屋外にも木曽川の風景、名古屋城の石垣など、物語性をつくりだすための記号が配置されている。西欧と日本の文化、あるいは歴史と未来の共生がこの建築の主要なテーマとなっている。

コレクションは、三岸節子・前田青邨・川合玉堂・熊谷守一・山本悍右ら郷土作家の作品の他
シャガール、キースリング、スーティン、パスキン、モディイアーニ、ユトリロらのエコール・ド・パリ(稲沢市生まれの荻須高徳が関わった縁から)、ディエゴ・リベラ 、ホセ・クレメンテ・オロスコなどメキシコ・ルネサンス(瀬戸市ゆかりの北川民次がメキシコで活躍した縁、メキシコシティと名古屋市の姉妹都市締結の縁から)

現代美術(愛知出身の荒川修作、河原温、桑山忠明らコンセプチュアルアート、ミニマルアートで世界的に活躍する作家、および同時代の日本内外の作家 赤瀬川原平、河口龍夫、瀧口修造、ジェームズ・タレル 、フランク・ステラ 、 李禹煥ら)

日本画(川合玉堂、 福田平八郎、前田青邨、 横山大観ら)を中心に収蔵している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄二丁目17番25号(芸術と科学の杜・白川公園内)  TEL 052-212-0001
名古屋市美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

名古屋市美術館 公式サイトURL
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/
所在地
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄二丁目17番25号(芸術と科学の杜・白川公園内)
TEL 052-212-0001
最寄駅
地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車、5番出口から南へ徒歩8分
地下鉄鶴舞線「大須観音」下車、2番出口から北へ徒歩7分
地下鉄名城線「矢場町」下車、4番出口から西へ徒歩10分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
※11月23日(金)を除く
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館
※その他展示替え期間など
入館料・観覧料
<常設展>
一般 300円(250円)
高校・大学生 200円(150円)
名古屋市在住65歳以上の方 100円(80円)
中学生以下 無料
※( )内団体30名様以上

<定期観覧券(一年分)>
一般 1200円
高校・大学生 800円
名古屋市在住65歳以上の方 400円
※特別展の観覧料に関する事項は、各展毎 に定めます。

<芸術と科学の杜 共通観覧券(市美術館常設展と市科学館展示室の共通観覧券)>
一般 500円
※特別展はその都度定めます。
※共通観覧券で特別展やプラネタリウムを観覧することはできません。
入館料・観覧料についての追記事項
<体の不自由な方、高齢の方へのご案内>
※名古屋市内在住の65歳以上の方は、常設展入場料が100円。市外65歳以上の方は一般料金300円。
※身体等に障害のある方、および付き添いの方には割引制度があります。手帳をご持参のうえ窓口等でお問い合わせください。
※視覚に障害のある方などを対象とした常設展ギャラリートークを行っています。事前に団体見学係までお問い合わせください。点字解説や立体コピーなどの資料はありません。
※身体等に障害のある方は、業務用駐車場を利用できます。事前または当日に申し付けください。
※身体障害者補助犬法が定める盲導犬、介助犬、聴導犬を伴ってご入場いただけます。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
なごやしびじゅつかん

名古屋市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

ザ・ベスト・セレクション

開催期間:

1988(昭和63)年4月22日に開館した名古屋市美術館は、今年開館30周年を迎えます。 所蔵品の総数は開館10周年の平成10年度末までに2,1...

ザ・ベスト・セレクション

モディリアーニ、シャガール、草間彌生
ただいま開催中

これまでに名古屋市美術館で開催された展覧会

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

開催期間:

スイスの大実業家エミール=ゲオルグ・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画蒐集に情熱を注いだ、傑出したコレクターとして知...

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

門外不出だったモネの傑作「睡蓮」が来日
会期終了

モネ それからの100年

開催期間:

つまり、モネは印象派ではなく、 あらゆる現代美術の生みの親ではないのか? (アンドレ・マッソン 1975年のインタビュー) モネが現...

モネ それからの100年

モネ、現代美術の出発点としての位置付け
会期終了

真島直子 地ごく楽

開催期間:

名古屋市に生まれた真島直子(1944-)は、絵画作品とオブジェやインスタレーションによる立体作品の制作を行っており、「地ごく楽」と題...

真島直子 地ごく楽

鉛筆画の白黒作品とオブジェなど多色作品
会期終了

シャガール展 三次元の世界

開催期間:

シャガールが初めて陶器を手がけたのは1949年、戦火を逃れて亡命していたアメリカからフランスに戻った翌年のことでした。 この頃から...

シャガール展 三次元の世界

初めてのシャガールと馴染みのシャガール
会期終了

ランス美術館展

開催期間:

パリから北東へ約140キロ、特急電車でわずか45分の距離にある街、それがランスです。 街の中心にあるノートルダム大聖堂は、歴代のフ...

ランス美術館展

ランス美術館から選び抜かれた名画約70点
会期終了

異郷のモダニズム-満洲写真全史-

開催期間:

1905(明治38)年の〈ポーツマス条約〉により、東清鉄道の南部支線と炭礦の採掘権を獲得した日本は、翌1906(明治39)年、〈南満洲鉄道株式...

異郷のモダニズム-満洲写真全史-

日本のモダニズムが到達した豊饒な表現
会期終了

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国

開催期間:

アドルフ・ヴェルフリ(Adolf Wölfli 1864-1930)は、もっとも有名なアウトサイダー・アート/アール・ブリュットの芸術家のひとりです...

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国

最高級のクオリティの作品を一堂に会す
会期終了

永青文庫 日本画の名品

開催期間:

永青文庫は、旧熊本藩主・細川家に伝わる歴史資料や美術工芸品を管理する公益財団法人で、東京都文京区の旧細川侯爵家の事務所を美術館...

永青文庫 日本画の名品

名古屋で初!永青文庫の名品を一堂に紹介
会期終了

アルバレス・ブラボ写真展 -メキシコ、静かなる光と時

開催期間:

20世紀写真史に大きな足跡を残したメキシコの巨匠マヌエル・アルバレス・ブラボ(1902-2002)。 メキシコ革命を経て、壁画運動や前衛...

アルバレス・ブラボ写真展 -メキシコ、静かなる光と時

静けさと詩情をたたえた70年の軌跡
会期終了

東京藝術大学コレクション 麗しきおもかげ 日本近代美術の女性像

開催期間:

長き歴史を有する東京藝術大学には、日本の近代美術の貴重な作品がコレクションされてい...

東京藝術大学コレクション 麗しきおもかげ 日本近代美術の女性像

日本近代美術における女性像の変遷
会期終了

「ポジション2016 アートとクラフトの蜜月」展

開催期間:

この地方で活躍する作家の作品を紹介するポジション展。5回目の開催となる今回は、「アートとクラフト」を採り上げます。 アートとク...

「ポジション2016 アートとクラフトの蜜月」展

アートとクラフトの融合、豊かな可能性
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE