ロイ・チャップマン・アンドリュースの中央アジア探検100周年記念
特別展 化石ハンター展
~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~

国立科学博物館

  • 開催期間:2022年7月16日(土)〜2022年10月10日(月・祝)
  • クリップ数:20 件
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」 国立科学博物館-1
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」 国立科学博物館-2
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」 国立科学博物館-3
チベットケサイ 全身骨格復元標本
アンドリューサルクス 頭骨 国立科学博物館蔵
チベットケサイ 生体復元モデル
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」 国立科学博物館-1
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」 国立科学博物館-1
特別展「化石ハンター展 ~ゴビ砂漠の恐竜とヒマラヤの超大型獣~」 国立科学博物館-1

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら ↓

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

化石ハンターとして世界的に有名なロイ・チャップマン・アンドリュースが、1922年に大規模な調査隊を編成してゴビ砂漠へ探検を開始してからちょうど100年。アンドリュースが発掘した恐竜や哺乳類の数々の貴重な化石は古生物学上の大発見とされ、その功績は後世の化石ハンターたちに多大な影響を及ぼしてきました。

本展では、恐竜・哺乳類化石をたどりながら、アンドリュースや彼の偉業を追いかけた名だたる化石ハンターたちの探検を紹介します。

また、アンドリュースに大きな影響を受けた古生物学者たちの研究により明らかになった氷河時代における哺乳類の進化に関する「アウト・オブ・チベット」説を紹介。その説を導き出す証拠となった“チベットケサイ”の全身骨格復元標本を世界初公開します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年7月16日(土)〜2022年10月10日(月・祝)
会場 国立科学博物館 Google Map
住所 東京都台東区上野公園 7-20
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 9月5日(月)、12日(月)、20日(火)、26日(月)
観覧料 一般・大学生 2,000円
小中高生 600円
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://kaseki.exhn.jp/

国立科学博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立科学博物館 国立科学博物館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、5組10名様にご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトの【感想・評価】のほか【鑑賞レポート】や【アートブログ】へのご投稿をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都台東区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

チベットケサイ 全身骨格復元標本

アンドリューサルクス 頭骨 国立科学博物館蔵

チベットケサイ 生体復元モデル

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE