美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ブダペスト
ーヨーロッパとハンガリーの美術400年

国立新美術館

  • 開催期間:2019年12月4日(水)〜2020年3月16日(月)
  • クリップ数:50 件
  • 感想・評価:8 件
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-1
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-2
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-3
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-4
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-5
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-6
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-7
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-8
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-9
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-10
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-11
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-12
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-13
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-1
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-2
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-3
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-4
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-5
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-6
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-7
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-8
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-9
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-10
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-11
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-12
ブダペストーヨーロッパとハンガリーの美術400年 国立新美術館-13

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本とハンガリーの外交関係開設150周年を記念し、ハンガリー最大の美術館であるブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展を開催します。両館の所蔵品がまとまった形で来日するのは、じつに25年ぶりとなります。

本展では、ルネサンスから20世紀初頭まで、約400年にわたるヨーロッパとハンガリーの絵画、素描、彫刻の名品130点が一堂に会します。

クラーナハ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルノワール、モネなど巨匠たちの作品に加えて、日本では目にする機会の少ない19・20世紀ハンガリーの作家たちの名作も、多数出品されます。

「ドナウの真珠」と称えられるハンガリーの首都、ブダペストから一挙来日する珠玉の作品群を、ぜひご堪能ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年12月4日(水)〜2020年3月16日(月)
会場国立新美術館 企画展示室1EGoogle Map
住所 東京都港区六本木7-22-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※毎週金・土曜日は20:00まで
    (最終入場時間 19:30)
休館日 火曜日 
2019年12月24日(火)~2020年1月7日(火)
2月12日(水)
※ただし、2月11日(火・祝)は開館
観覧料 一般 1,700円(1,500円)
大学生 1,100円(900円)
高校生 700円(500円)
  • ※( )内は前売/20名以上の団体料金
    ※中学生以下は入場無料
    ※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料
    ※2020年1月11日(土)~13日(月・祝)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)
    ※前売券は2019年12月3日(火)まで、国立新美術館では10月16日(水)~12月2日(月)まで販売
    ※団体券は国立新美術館でのみ販売(団体料金の適用は20名以上)
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://budapest.exhn.jp/

国立新美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立新美術館 国立新美術館

感想・評価REVIEWS

観覧料以上に価値ある展覧会でした。

4

作品 :(5段階評価中4)★★★★☆
序盤はハンガリー国内作家以外の作品。クラーナハ(父)から始まり、ティツィアーノ、ヴェロネーゼ、ティントレット、ステーン、エル・グレコ、ゴヤの他モネやルノワールなど、どれも名品揃い。後半からは馴染みのないハンガリー作家ですが、こちらも想像以上に素晴らしい作品ばかり。アデルスティーン・ノーマンの≪ノルウェーのフィヨルド≫は思わず戻って二度見するほど美しかったです。またジュール・ジョゼフ・ルフェーヴルの≪オンディーヌ≫の神々しくも艶やしい姿は群を抜いてました。全作品数130もあり観覧料1,700円は正直安いです。食わず嫌い的な方は、だまされたと思って行ってみてください。きっと満足する展覧会になりますよ。
グッズ:(5段階評価中2)★★☆☆☆
グッズ数は物足りなさを感じました(ほかの展覧会に比べて高い印象あり)。特にポストカードは少なめの20種類。クラーナハもなかった気がします。カタログは本当は欲しかったのですが、中がごちゃっとした感じだったのが残念。
混雑度:(5段階評価中5)★★★★★
休日なのにこれだけしかいないの?っていうぐらい鑑賞者が少なく、全フロア快適に鑑賞できました。

BY fukafukasheep

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

新たな発見

4

月曜日に訪問。そこそこ入館者はいますが余裕を持った展示なのでストレスはあまり感じませんでした。ハンガリーの作家はあまり知らなかったのですが、多くの作品を見ることが出来て面白かったです。ルネサンスから20世紀まで年代順に展示され、展示の総数も多く見応えがあります。宗教画や肖像画が多く目立ちました。豪華な食べ物のある静物の絵は丁度お昼時であり、食欲がそそられました。気に入ったのはドレの白いショールをまとった若い女性です。非常に顔立ちが美しく、不釣り合いな細い腰や手が印象的で見入ってしまいました。絵の様式も多く有り、じっくり楽しめました。

BY setagayaart23

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

日本人好きする作品が多く、意外によかった!! ボリュームもあり見ごたえ十分。

4

ハンガリーは大好きなのですが、絵画であまり注目していませんでした。今回の出品館「ブダペスト国立西洋美術館」と「ハンガリー・ナショナル・ギャラリー」も、確かに見てはいるのですが。
グレコ、ゴヤ、モネ、など人気どころも勿論ですが、今回メインの「紫のドレスの婦人」シニェイ・メルシェ・パール、なかなか面白かったです。フランチェスコ・ヴァンニ「聖家族」やベルナルド・ストロッツィ「受胎告知」など、良かったですね。特にが印象的だったのは、ムンカーチ・ミハーイ「フランツ・リストの肖像」で、本当に老境のリストの性格・人となりに、画家への信頼までも描き出されている様した。ピアニスト金子三勇士さんの奏でる「ハンガリー狂詩曲16番」を聴きながらこの肖像を見られるなんて感動です。今回の展覧会は、作品の素晴らしさもさることながら、国立新美術館さんの見せ方の方に、より心が動かされました。会場内の壁の色やら、音声ガイドから流れる音楽などです。おかげでショップで金子さんのCDを買ってしまうことになりました。図録も内容がとても良かったので欲しかったのですが、如何せんぶ厚く、あとの予定に差障るので、あきらめました。会期が長いのでまだ買えると思っています。
タイトルからはあまり人の集まりにくい企画展かもしれない様でしたが、しっかり人気でした。後半になればもっと混むと思います。今のウチにどうぞ。

BY ぷーりっちゅ

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

ハンガリーのモナリザ

5

ハンガリーのモナリザといわれている作品をはじめ美しい油彩の作品が数多く展示されていてじっくり鑑賞していると時間が経つのを忘れてしまいます。ブダペストの歴史もわかり大変興味深い展覧会でした。

BY toukatsuokayama1029

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

ハンガリーの宝

4

本展の最初からクラーナハが登場し、ティツィアーノといきなりガツンと目玉な作品が惜しみなく展示されていて、とても充実した展示となっています。個人的にはマルコー・カーロイの猟師たちがとても良かったです。

BY ファイ

参考になりました!3
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

平均点高め

5

数ある美術館コレクション展の中でも、こちらは意外性も込みで粒ぞろい。
しかも、「ヒバリ」や「気球」のような変わったアングルもおもしろい。
日本人好みな作品が多く、存分に楽しめました。

BY revol9

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

いままで知らなった作品がたくさん来ています

5

ブダペストといって、すぐにイメージがあまりつかなかったのですが、ハンガリーの作家さんたちの作品が数多くみられて、新鮮でした。
ヨーロッパ絵画の王道の作品とともにハンガリーの作品も集めている2つの美術館(ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリー)を一気に無ることができてとてもお得な感じです。

BY sasaneko0211

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

クラシカル!

5

ブダペスト展、良かったです。

西洋美術史の流れを俯瞰する側面とハンガリー美術を紹介する側面を持った展覧会です。
カラヴァッジョは欧州各地に多大な影響を及ぼしたんですね。
初見のハンガリー絵画も面白かったです。
フランツ・リストの肖像画に惹かれました。

やはり展覧会名がいまひとつアレなので空いています。
落ち着いた品のあるクラシカルな内装で快適な鑑賞空間ですね。

堅実な西洋美術を楽しみたい方にはとてもオススメです。

BY 黒豆

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE