美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

国立歴史民俗博物館The National Museum of Japanese History

国立歴史民俗博物館

Photo:左から 外観/上野広小路・日本橋付近/第1展示室 羅城門復元模型(上段)/第4展示室「おそれと祈り」コーナー 展示風景(下段)

国立歴史民俗博物館についてABOUT The National Museum of Japanese History

「歴博」の愛称で親しまれている国立歴史民俗博物館は、1983年(昭和58年)3月に開館。
日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する歴史民俗博物館として、千葉県佐倉市にある佐倉城址の一角、約13万平方メートルの敷地に建てられ、延べ床面積約3万5千平方メートルの壮大な規模を有する。

原始・古代から現代に至るまでの歴史と日本人の民俗世界をテーマに、実物資料に加えて精密な複製品や学問的に裏付けられた復元模型などを積極的に取り入れ日本の歴史と文化についてだれもが容易に理解を深められるよう展示されている。

国立歴史民俗博物館は、大学における学術研究の発展や資料の一般公開といった教育活動の推進に資するための大学共同利用機関として、1981年(昭和56年)4月14日に設置されたものであり、日本の歴史資料、考古資料及び民俗資料の収集、保管及び公衆への供覧並びに歴史学、考古学及び民俗学に関する調査研究を行うことを目的としている。

また、日本の歴史の流れの中で、各時代の学問上有益である興味ある問題についての課題研究を基礎とした展示を行うと共に、日本の歴史や文化について講演会等の普及活動や、各種の解説書や資料目録、調査報告書等の刊行を行う。

収蔵品には、国宝「額田寺伽藍並条里図(麻布)」「宋版漢書(慶元刊本)」、重要文化財「紙本著色洛中洛外図曲屏風(歴博甲本)」「木造地蔵菩薩立像 建武元年(1334年)康成作在銘」などをはじめ、歴史・考古・民俗など様々な分野にわたる資料が、約24万点収蔵されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
国立歴史民俗博物館 [MAP]

利用案内INFORMATION

国立歴史民俗博物館 公式サイトURL
https://www.rekihaku.ac.jp/
所在地
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
総武本線 佐倉駅から バス約15分 北口1番乗場から ちばグリーンバス田町車庫行き乗車「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車

京成佐倉駅から徒歩約15分(駅からの徒歩路 PDF)またはバス約5分 南口1番乗場から ちばグリーンバス田町車庫行き乗車「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※10月~2月は、9:30~16:30まで
(最終入館時間 16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日にあたるときは開館し、翌日休館
年末年始(12月27日から1月4日まで)
入館料・観覧料
一般 600円(350円)
大学生 250円(200円)
高校生以下 無料
※( )内は20人以上の団体料金
※学校団体の場合、引率の先生は無料
※企画展示開催中は特別料金(総合展示もあわせて観覧できます)
入館料・観覧料についての追記事項
※毎週土曜日は、高校生は入館無料。ただし、特別料金が設定される企画展示は直り券(総合展示との差額分)の購入が必要な場合があります
※身体障害者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です
※くらしの植物苑についてはこちらをご覧ください
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

国立歴史民俗博物館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

国立歴史民俗博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

国立歴史民俗博物館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに国立歴史民俗博物館で開催された展覧会

会期終了特集展示 年号と朝廷

会期:

現在の我々の生活の色々な局面に顔を出す「年号」。書類を記入しながら、今年が平成何年だったかを確認し直したこともあるでしょう。 本展では、私たちの生活や考え方に影響を与え続けている年号がどの...

特集展示 年号と朝廷

会期終了企画展示「URUSHI ふしぎ物語-人と漆の 12000 年史-」

会期:

本展は、最新の研究で明らかになった縄文時代から現代まで12000年にもわたる日本列島における漆文化を総合的に紹介する初めての展覧会です。 国宝・重...

企画展示「URUSHI ふしぎ物語-人と漆の 12000 年史-」

会期終了特集展示「楽器と漆」

会期:

古来、楽器の制作にあたっては、しばしば漆工技術が用いられてきました。 それは、第一に、漆の接着剤やコーティング剤としての実用的な側面が、音を奏でる道具としての楽器の制作に不可欠であったこと...

特集展示「楽器と漆」

会期終了見世物大博覧会 現代編

会期:

見世物を知らない世代も多いでしょう。盛り場や祭りの喧騒の傍らで、不思議なモノたちが描かれた絵看板が並び、怪しげな口上に人々が足を止める風景は過去のものとなりました。しかし、近世から近代、そ...

見世物大博覧会 現代編

会期終了デジタルで楽しむ歴史資料

会期:

本企画展は、パソコンやスマートフォンをはじめとするデジタル技術を利用して、さまざまな形で歴史資料を楽しんでもらおう、という催しです。 国立歴史民俗博物館(歴博)が所有する数多の歴史資料は、...

デジタルで楽しむ歴史資料

会期終了見世物大博覧会

会期:

江戸時代から明治にかけて大いに流行し、大正、昭和を経て現代に至るまで命脈を保ってきた多種多様な見世物の様相を、主に国立歴史民俗博物館と個人が所蔵する絵看板・錦絵・一枚摺などの展示を通して紹...

見世物大博覧会

会期終了国際展示「台湾と日本―震災史とともにたどる近現代―」

会期:

国立歴史民俗博物館と国立台湾歴史博物館では2014年7月に学術研究交流協定が締結されました。協定事業の1つとして、国際企画展示「歴史のなかの震災」...

国際展示「台湾と日本―震災史とともにたどる近現代―」

会期終了第4展示室特集展示「柳田國男と考古学 -柳田考古遺物コレクションからわかること-」

会期:

昭和初期、柳田國男は、私たち日本人の生活の歴史的変遷を独特の方法で明らかにする民俗学を確立し...

第4展示室特集展示「柳田國男と考古学 -柳田考古遺物コレクションからわかること-」

会期終了第3展示室 特集展示 「杜若と菖蒲・花菖蒲 -意匠と文化-」

会期:

佐倉市主催の平成28年度あやめサミット連絡協議会関係首長会議の開催にあわせて、国立歴史民俗博物館においても関連展示が開催されます。 杜若(かき...

第3展示室 特集展示 「杜若と菖蒲・花菖蒲 -意匠と文化-」

会期終了夷酋列像―蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界―

会期:

フランスのブザンソン美術考古博物館に所蔵される蠣崎波響筆《夷酋列像(いしゅうれつぞう)》と、国内に複数現存する模写や粉本を一堂に集め、その実...

夷酋列像―蝦夷地イメージをめぐる人・物・世界―

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE