美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

埼玉県立近代美術館The Museum of Modern Art, Saitama

埼玉県立近代美術館

Photo:松本和幸

埼玉県立近代美術館についてABOUT The Museum of Modern Art, Saitama

埼玉県立近代美術館(MOMAS)は、埼玉県さいたま市にある緑豊かな北浦和公園に1982年に開館した。建築家・黒川紀章の設計による最初の美術館である。

モネ、シャガール、ピカソなどの海外の巨匠から日本の現代作家、埼玉ゆかりの作家まで優れた美術作品を幅広くコレクションして展示するとともに、ユニークで密度の高い企画展を開催している。

また、教育普及事業にも力を入れており、美術館の作品などをもとに、子どもを中心に大人まで様々な年代が楽しめるプログラムを実施している。

開館当初から近代以降の優れたデザインの椅子を収集し、館内に常時数十種類を展示しているため、「椅子の美術館」としても知られている。これらの椅子はただ鑑賞するだけでなく、自由に座ってそのデザインを楽しむこともできる。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1  TEL 048-824-0111
埼玉県立近代美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

埼玉県立近代美術館 公式サイトURL
http://www.pref.spec.ed.jp/momas/
所在地
〒330-0061 埼玉県さいたま市浦和区常盤9-30-1
TEL 048-824-0111
最寄駅
JR京浜東北線北浦和駅西口より徒歩3分(北浦和公園内)

国際興業バス、西武バスとも北浦和駅西口前下車徒歩3分
開館時間
開館時間 10:00〜17:30(最終入館時間 17:00)
開館時間についての追記事項
※資料閲覧室(3階)は、13:00~17:30
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日または県民の日の場合は開館
※年末年始、メンテナンス日
入館料・観覧料
<入館料>
無料

<MOMASコレクション>
一般 200円(120円)
大高生 100円(60円)
※( )内は20名以上の団体料金

<企画展>
企画展ごとに定めます。
開催展覧会情報をご確認ください。

※中学生以下と障害者手帳をご提示の方(付き添い1名を含む)はいずれも無料です。
入館料・観覧料についての追記事項
※企画展観覧券をお持ちの方は、あわせてMOMASコレクションも観覧できます
※MOMASコレクションの年間観覧券を受付にて販売中【一般1,200円、大高生600円】
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
さいたまけんりつきんだいびじゅつかん

埼玉県立近代美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

埼玉県立近代美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中DECODE/出来事と記録-ポスト工業化社会の美術

会期:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
1960年代末から70年代にかけての美術状況を、記録写真や資料との関係から...

DECODE/出来事と記録-ポスト工業化社会の美術

埼玉県立近代美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに埼玉県立近代美術館で開催された展覧会

会期終了May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク

会期:

ヘアスタイリングとメイクアップの両方を指す「ヘアメイク」は、美容やファッションの領域だけでなく、映像や舞台、パフォーミングアーツなど、今日の...

May I Start? 計良宏文の越境するヘアメイク

会期終了ブラジル先住民の椅子

会期:

南米大陸、ブラジル北部のアマゾン河やシングー川流域で暮らす先住民の人びと。 彼らの作る一木造(いちぼくづくり)の椅子は、動物のかたちや機能的なフォルムに独特な幾何学模様が施されており、ユニ...

ブラジル先住民の椅子

会期終了2019 MOMASコレクション 第4期

会期:

「MOMASコレクション」は、埼玉県立近代美術館の収蔵作品を中心とした展示プログラムです。従来の常設展の枠をこえた新しい試みに取り組み、特別プログラムを交えた展示を行っています。 今回開催する2...

2019 MOMASコレクション 第4期

会期終了インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史

会期:

建築の歴史を振り返ると、完成に至らなかった素晴らしい構想や、あえて提案に留めた刺激的なアイディアが数多く存在しています。 未来に向けて夢想し...

インポッシブル・アーキテクチャー もうひとつの建築史

会期終了辰野登恵子 オン・ペーパーズ A Retrospective 1969-2012

会期:

1950年に長野県岡谷市に生まれ、東京藝術大学に学んだ辰野登恵子(たつのとえこ)は、1970年代にドット(点)やグリッド(格子)、ストライプなどの規則的...

辰野登恵子 オン・ペーパーズ A Retrospective 1969-2012

会期終了阿部展也 ―あくなき越境者

会期:

新潟県に生まれ、独学で画家を志した阿部展也(あべのぶや 1913-1971)は、瀧口修造との共作による詩画集『妖精の距離』(1937年)で、若くして注目を集めました。 また、雑誌『フォトタイムス』に実験的な...

阿部展也  ―あくなき越境者

会期終了浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる‐埼玉の巻‐

会期:

『YAWARA!』、『パイナップル ARMY』(原作:工藤かずや)、『MASTER キートン』(脚本:勝鹿北星/長崎尚志)、『Happy!』、『MONSTER』、『20 世紀少年』、...

浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる‐埼玉の巻‐

会期終了モダンアート再訪-ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

会期:

19世紀後半から20世紀後半にいたる約100年間の美術は、「モダンアート(近代美術)」と呼ばれていま...

モダンアート再訪-ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展

会期終了版画の景色 現代版画センターの軌跡

会期:

多くの人々が手にすることのできる「版画」というメディアの特性を生かし、その普及とコレクターの育成を目ざして誕生した「現代版画センター」(1974-8...

版画の景色 現代版画センターの軌跡

会期終了開館35周年記念展 ディエゴ・リベラの時代 メキシコの夢とともに

会期:

ディエゴ・リベラ(1886-1957)は、20世紀のメキシコを代表する美術家です。 メキシコ革命後の1920年代、リベラはその思想を民衆に伝えるために公共空間...

開館35周年記念展 ディエゴ・リベラの時代 メキシコの夢とともに

会期終了駒井哲郎 夢の散策者

会期:

東京の日本橋に生まれ、少年の頃から西洋の銅版画に魅了された駒井哲郎(1920-1976)。1950年代初めに清新な作風で一世を風靡し、戦後日本における銅版画の先駆者として、技法と表現の可能性を探求し続けま...

駒井哲郎 夢の散策者

会期終了遠藤利克展 -聖性の考古学

会期:

遠藤利克(1950-)は現代の日本を代表する彫刻家です。 1960年代から70年代にかけて芸術の原理をラディカルに問い直したミニマリズムや「もの派」の洗礼を受けながらも、それらの地平を越えることを課...

遠藤利克展 -聖性の考古学

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE