美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

フジフイルム スクエアFUJIFILM SQUARE

フジフイルム スクエア

フジフイルム スクエアについてABOUT FUJIFILM SQUARE

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)は、東京ミッドタウン(最寄駅 六本木)に2007年に開設した、富士フイルムが運営するショールームスペースである。

写真展・写真やカメラの歴史を学べる「写真歴史博物館」、写真ギャラリーである「富士フイルムフォトサロン」、「ミニギャラリー」、写真フィルムの主成分であるコラーゲンを長年の研究し、ノウハウを生かした化粧品を体験できる「ヘルスケアショップ」などからなる。

写真歴史博物館では、通年で様々な企画展を開催しており、およそ170年を超える写真の歴史について貴重なアンティークカメラコレクションや写真の数々の収蔵品の他、歴史的に価値のある写真の展示を開催している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3  TEL 03-6271-3350
フジフイルム スクエア

利用案内INFORMATION

フジフイルム スクエア 公式サイトURL
http://fujifilmsquare.jp/
所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3
TEL 03-6271-3350
最寄駅
東京メトロ日比谷線「六本木駅」4a出口より徒歩5分、または地下通路にて直結
都営大江戸線「六本木駅」8番出口と直結
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3番出口より徒歩5分
※入口は1Fになります。
開館時間
開館時間 10:00〜19:00(最終入館時間 18:50)
定休日
年中無休 
定休日についての追記事項
※年末年始を除く

写真展・イベントスケジュールをご確認ください。
入館料・観覧料
無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふじふいるむ すくえあ

フジフイルム スクエアについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

フジフイルム スクエア 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展「日本の美を追い求めた写真家・岩宮武二 京の…

会期:

鳥取県米子市に生まれた岩宮武二(いわみやたけじ)は、戦後、大阪に居を構え、生涯を通じて大阪を...

フジフイルム スクエア 写真歴史博物館 企画写真展「日本の美を追い求めた写真家・岩宮武二 京のいろとかたち」

開催予定FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画写真展「100年前にカワセミを撮った男・下村兼史 -日本最初…

会期:

およそ100年前、日本で初めて野鳥の撮影に成功した男がいました。その名は下村兼史。下村は日本にお...

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画写真展「100年前にカワセミを撮った男・下村兼史 -日本最初の野鳥生態写真家-」

これまでにフジフイルム スクエアで開催された展覧会

会期終了写真歴史博物館 企画写真展 写真の錬金術 二人の表現者 「覚醒する写真たち」 今 道子 + 佐藤時啓

会期:

フランスで発明された写真術が日本に渡来したのは1848年のこと。以来、日本では独自の写真文化が形...

写真歴史博物館 企画写真展 写真の錬金術 二人の表現者 「覚醒する写真たち」 今 道子 + 佐藤時啓

会期終了FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画写真展「明治に生きた“写真大尽” 鹿島清兵衛 物語」

会期:

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア) 写真歴史博物館では、2019年6月1日(土)から8月31日(...

FUJIFILM SQUARE 写真歴史博物館 企画写真展「明治に生きた“写真大尽” 鹿島清兵衛 物語」

会期終了FUJIFILM SQUARE 企画写真展 11人の写真家の物語。新たな時代、令和へ「平成・東京・スナップLOVE」

会期:

31年間続いた平成が終わり、2019年5月、令和が幕を開けます。21世紀へと世紀の転換期を経験した平成...

FUJIFILM SQUARE 企画写真展 11人の写真家の物語。新たな時代、令和へ「平成・東京・スナップLOVE」

会期終了困難を生きる人びとのまなざしに向き合う【写真家たちの新しい物語】渋谷 敦志写真展「まなざしが…

会期:

富士フイルムフォトサロン 東京では、若手写真家らが写真展を行う意義や楽しみを見出せし、写真文化...

困難を生きる人びとのまなざしに向き合う【写真家たちの新しい物語】渋谷 敦志写真展「まなざしが出会う場所へ -渇望するアフリカ-」

会期終了写真歴史博物館 企画写真展「色彩の聖域 エルンスト・ハース ザ・クリエイション」

会期:

エルンスト・ハースは、1950年代にカラー写真の表現を切り拓き「色彩の魔術師」と呼ばれた写真家で...

写真歴史博物館 企画写真展「色彩の聖域 エルンスト・ハース ザ・クリエイション」

会期終了色彩の写真家(たびびと) 前田真三 出合いの瞬間をもとめて

会期:

前田真三は、1970年代に日本の風景写真の流れを決定づけた写真家です。洗練された造形感覚で自然をとらえ、日本の風景に新たな美を見出した独特の作風...

色彩の写真家(たびびと) 前田真三 出合いの瞬間をもとめて

会期終了写真表現の源流は、ここにある。「アメリカ近代写真の至宝 ギルバート・コレクション展」

会期:

現代の写真表現は、1900年代にアルフレッド・スティーグリッツが提唱した「ストレート・フォトグラ...

写真表現の源流は、ここにある。「アメリカ近代写真の至宝 ギルバート・コレクション展」

会期終了写真歴史博物館 企画写真展「言葉を超えた写真家 富山治夫 『現代語感』」

会期:

日本の進路を決める転換期となった1960年代。週刊誌の創刊ブームが起こり、ジャーナリズムが全盛を...

写真歴史博物館 企画写真展「言葉を超えた写真家 富山治夫 『現代語感』」

会期終了昭和が生んだ写真・怪物 時代を語る林忠彦の仕事

会期:

作家・太宰治や坂口安吾の肖像写真で知られる写真家・林忠彦は、戦後間もない銀座から再出発し、カストリ※雑誌ブームの時流に乗って、一躍、人気写真家...

昭和が生んだ写真・怪物 時代を語る林忠彦の仕事

会期終了「138億光年 大いなる宇宙の旅」 ~NASA60周年 天体写真ベストセレクション~

会期:

1958年に設立されたNASA(米国航空宇宙局)。アポロ計画、スペースシャトル計画、国際宇宙ステーシ...

「138億光年 大いなる宇宙の旅」 ~NASA60周年 天体写真ベストセレクション~

会期終了民俗写真の巨匠 芳賀日出男 伝えるべきもの、守るべきもの

会期:

約60年以上にわたって日本のみならず世界各地のさまざまな祭礼を撮り続けてきた芳賀日出男は、民俗に対する独自の哲学に裏打ちされたその写真によって...

民俗写真の巨匠 芳賀日出男 伝えるべきもの、守るべきもの

会期終了FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展 「二十世紀の巨匠 美と崇高の風景写真家 アンセル・アダ…

会期:

FUJIFILM SQUARE(フジフイルム スクエア)は、今年3月30日に迎えた開館10周年を機に、「写真の過去...

FUJIFILM SQUARE 開館10周年記念写真展 「二十世紀の巨匠 美と崇高の風景写真家 アンセル・アダムス」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE