美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

龍谷大学 龍谷ミュージアムRyukoku Museum

龍谷大学 龍谷ミュージアム

龍谷ミュージアム外観正面/ベゼクリク石窟大回廊復元展示(右下)

龍谷大学 龍谷ミュージアムについてABOUT Ryukoku Museum

龍谷大学 龍谷ミュージアムは、龍谷大学の創立370周年事業の一環として2011年(平成23年)4月5日に開館した“仏教総合博物館”である。

文化財を通してインドでの仏教の誕生からアジアへの広がり、日本の仏教の展開までを視野に入れて紹介。仏教文化への理解を深めてもらうとともに、学術研究を推進し、その成果を社会に発信することを目指す。

◆ 特別展・平常展

龍谷ミュージアムでは、仏教を中心とした貴重な歴史的文化財や学術資料を収集・整理・保存するとともに、継続的な調査・研究を行い、その成果として、年数回、テーマを設けた特別展を開催して公開するしている。また、平常展においては、インドで誕生した仏教は、北方ルート及び南方ルートを経由して、中国・朝鮮半島を通って日本へ伝来した。そのルーツとなる釈尊の生涯から、各地域における仏教伝播の様相、日本における仏教の広がりや歴史を多彩な文化財や映像などで紹介。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒600-8399 京都府京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)  TEL 075-351-2500
龍谷大学 龍谷ミュージアム [MAP]

利用案内INFORMATION

龍谷大学 龍谷ミュージアム 公式サイトURL
http://museum.ryukoku.ac.jp/
所在地
〒600-8399 京都府京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
TEL 075-351-2500
最寄駅
JR・近鉄・地下鉄烏丸線「京都」駅から徒歩約12分
地下鉄烏丸線「五条」駅から徒歩約10分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
定休日についての追記事項
毎週月曜日※祝日は開館(翌日は閉館)
※その他ミュージアムの定める日 開館スケジュールはこちら
入館料・観覧料
<シリーズ展>
一 般 500円(400円)
シニア 400円(300円)
大学生 400円(300円)
高校生 300円(200円)
中学生以下 無料
身体障がい者手帳等の交付を受けている方及びその介護者1名:無料
※シニアは65歳以上の方
※( )は20名以上の団体料金

<特別展・企画展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
りゅうこくだいがく りゅうこくみゅーじあむ

龍谷大学 龍谷ミュージアムについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

龍谷大学 龍谷ミュージアム 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中特別展 「日本の素朴絵 -ゆるい、かわいい、たのしい美術-」

会期:

日本では昔から、様々な形式の作品に緩やかなタッチでおおらかに描かれた絵が残っています。 それらは「うまい・へた」の物差しでははかることのでき...

特別展 「日本の素朴絵  -ゆるい、かわいい、たのしい美術-」

龍谷大学 龍谷ミュージアムにて、今後開催予定の展覧会

これまでに龍谷大学 龍谷ミュージアムで開催された展覧会

会期終了企画展「龍谷の至宝 -時空を超えたメッセージ-」

会期:

龍谷大学は、2019年に創立380周年を迎えました。 1639年に本願寺の教育施設「学寮」として設立されて以来、本学には多くの貴重な学術資料が蓄積されて...

企画展「龍谷の至宝 -時空を超えたメッセージ-」

会期終了因幡堂 平等寺

会期:

京洛のほぼ中央、烏丸高辻に伽藍を構える因幡堂(いなばどう)平等寺は、平安時代の創建時に遡る本尊薬師如来立像(重文、1003年頃)を祀る古刹です。 この本尊薬師如来は、天竺伝来とされる霊像が因幡...

因幡堂 平等寺

会期終了シリーズ展3 仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:仏教美術のいきものがたり

会期:

シリーズ展では、インドで誕生した仏教がアジア全域に広まり日本の社会にも根づいていく約2500年の...

シリーズ展3 仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:仏教美術のいきものがたり

会期終了秋季特別展「水木しげる 魂の漫画展」

会期:

日本漫画界の鬼才・水木しげる、本名・武良茂〈むら しげる 1922~2015〉氏は、その生涯を現役で在り続けました。 鳥取県境港で幼少期を過ごした彼は...

秋季特別展「水木しげる 魂の漫画展」

会期終了シリーズ展2「仏教の思想と文化 ―インドから日本へ― 特集展示 近世京都の寺社参詣」

会期:

長らく続いた戦国の騒乱から、平穏な生活を取り戻した近世京都の町衆は、復興なった寺社への参詣が...

シリーズ展2「仏教の思想と文化 ―インドから日本へ― 特集展示 近世京都の寺社参詣」

会期終了春季特別展「お釈迦さんワールド ―ブッダになったひと―」

会期:

今から2,500年ほど前、インドで育ったひとりの若き思想家が、この世の真理を悟りました。 この青年の名前はガウタマ・シッダールタ。仏教の開祖である...

春季特別展「お釈迦さんワールド ―ブッダになったひと―」

会期終了シリーズ展 仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:まんだらのほとけと神

会期:

シリーズ展「仏教の思想と文化 ―インドから日本へ― 特集展示:マンダラのほとけと神」 インドで誕...

シリーズ展 仏教の思想と文化 -インドから日本へ- 特集展示:まんだらのほとけと神

会期終了地獄絵ワンダーランド

会期:

約2500年前、釈迦はこの世を生死輪廻が繰り返される”迷い”の世界と見ました。 日本では、平安時代に恵心僧都源信が『往生要集』を著したことを契機に、来世のイメージが形成され、地獄や六道の情景を表...

地獄絵ワンダーランド

会期終了仏教の思想と文化-インドから日本へ

会期:

インドで誕生した仏教が日本に至るまでに2500年の歩みを、大きく「アジアの仏教」と「日本の仏教」に分けて通覧します。 多様な民族の顔に表現された...

仏教の思想と文化-インドから日本へ

会期終了第25代専如門主 伝灯奉告法要記念 特別展「浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ」-守り伝える美とおしえ-

会期:

浄土真宗本願寺派・本山 本願寺では、2016年10月1日~2017年5月31日にわたり、第25代専如門主の伝灯...

第25代専如門主 伝灯奉告法要記念 特別展「浄土真宗と本願寺の名宝Ⅱ」-守り伝える美とおしえ-

会期終了特集展示 「追慕抄 九條武子」

会期:

九條武子(くじょう たけこ)は、本願寺(西本願寺)第21世 明如宗主(大谷光尊師)の次女として明治20年(1887)に生まれ、やがて男爵・九條良致と結婚しました。その間、真宗婦人会(現・仏教婦人会総連盟)の総...

特集展示 「追慕抄 九條武子」

会期終了第25代専如門主 伝灯奉告法要記念 特別展「浄土真宗と本願寺の名宝Ⅰ」-受け継がれる美とこころ-

会期:

この秋から西本願寺で勤められる伝灯奉告法要を記念して、800年の歴史を誇る浄土真宗と本願寺の展覧...

第25代専如門主 伝灯奉告法要記念 特別展「浄土真宗と本願寺の名宝Ⅰ」-受け継がれる美とこころ-

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE