EXHIBITION

ザ・フィンランドデザイン展
― 自然が宿るライフスタイル

Bunkamura ザ・ミュージアム

  • 開催期間:2021年12月7日(火)〜2022年1月30日(日)
  • クリップ数:39 件
  • 感想・評価:1 件
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-2
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-3
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-4
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-5
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-6
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-7
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-8
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-9
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-10
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-11
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-12
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-13
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-14
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-15
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-16
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-17
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-18
本展宣伝ビジュアル A(オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》、セッポ・サヴェス《アンニカ・リマラ「リンヤヴィーッタ」ドレス、ヴオッコ・ヌルメスニエミ「ガッレリア」テキスタイルデザイン》、アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》)
ルート・ブリュック《無題(青い雲)》1967 年、ヘルシンキ市立美術館蔵、Photo/Hanna Kukorelli、
アルヴァ・アアルト《キャンチレバーチェア 31(現:42 アームチェア)/パイミオサナトリウム竣工時のオリジナル製品》1931 年、木工家具・建築設備社(トゥルク)、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Rauno Träskelin
カイ・フランク《「BA キルタ」カップ&ソーサ―他》1952-1975 年、アラビア製陶所、ヘルシンキ市立博物館蔵、Photo/Yehia Eweis
撮影者不詳《プンカハルユ(フィンランド)》1940-1959 年、フィンランド国立写真美術館蔵
アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》1936 年、カルフラガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin
アイノ・アアルト《「ボルゲブリック」花瓶、ボトル》1932 年、カルフラガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin
ナニー・スティル《氷山(プリズム)》1961 年、リーヒマエンラシ社、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin
マッティ A. ピトゥカネン《アイスマン(タピオ・ヴィルッカラ)》1962 年、フィンランド国立写真美術館蔵
ドラ・ユング《子連れのアヒル》1955 年、ドラ・ユング・テキスタイル、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Jean Barbier
ビルゲル・カイピアイネン《ビーズバード(シャクシギ)》1960 年代、アラビア製陶所、スコープ蔵、Photo/宮川邦雄、
カーリナ・アホ《卵入れ》1950 年、アラビア製陶所、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Kirsi Halkola
マイヤ・イソラ《カンムリカイツブリ》1961 年、マリメッコ社、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Rauno Träskelin
セッポ・サヴェス《アンニカ・リマラ「リンヤヴィーッタ」ドレス、ヴオッコ・ヌルメスニエミ「ガッレリア」テキスタイルデザイン》1966 年、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵
オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》1968 年、ヌータヤルヴィガラス製作所、コレクション・カッコネン蔵、Photo/Rauno Träskelin
アンニカ・リマラ《「ヴェラクルス」ドレス、「クルーナ」テキスタイル》1968/1967 年、マリメッコ社、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Harry Kivilinna
《PMKコットン広告》1960 年代、タッシェル広告社、タンペレ市立歴史博物館蔵、Photo/Saana Säilynoja
カイ・フランク《木製人形(サーカスの団長、女の子)》1940 年代、フィンランド・デザイン・ミュージアム蔵、Photo/Harry Kivilinna(サーカスの団長)
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1
ザ・フィンランドデザイン展 ― 自然が宿るライフスタイル Bunkamura ザ・ミュージアム-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

フィンランドの美しい自然から生まれたデザイン

豊かな自然と美しいデザインの宝庫、フィンランド。この国で長く使い続けられているプロダクトの数々は、「大いなる自然を忘れない」という思想に裏付けられています。そのようなデザインに囲まれたフィンランドの人々は、大地からの恩恵を生活に取り入れるライフスタイルを愛してきました。

1930年代から70年代にかけて、今も広く知られるデザイナー、建築家、アーティストたちが登場し、彼らの活躍によって今日まで続くフィンランドデザインが確立されましたが、彼らのインスピレーションの源は、やはりこの国に広がる豊かな自然でした。

本展では、ヘルシンキ市立美術館(HAM)監修のもと、マリメッコやフィンレイソンのテキスタイル、カイ・フランクのガラス工芸の他、陶磁器や家具など、同時代にデザイン・制作されたプロダクトとともに、同時代の絵画などもあわせて展示。約250点の作品と約80点の関係資料で、時代を超えて愛される名品が生み出されたフィンランドデザインの歩みをご紹介します。

北欧人気の核をなすのが、そのライフスタイル。幸福度世界一※のカギを握るその本質に焦点を当て、自然が息づくデザインプロダクトの秘密を紐解きます。

※フィンランドは2018年から2021年まで世界幸福度ランキング4年連続世界一位。国連の「世界幸福度調査」による。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年12月7日(火)〜2022年1月30日(日)
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム Google Map
住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※金・土曜は21:00まで(最終入場時間 20:30)
    ※状況により会期・開館時間等が変更となる可能性があります。また、新型コロナウイルス感染症対策のため、入場制限や一部日程で入場日時予約が必要となる場合があります。来場の際にはBunkamuraHPにて最新情報をご確認ください。
休館日 1月1日(土・祝)
観覧料 一般 1,700円(前売:一般 1,500円)
大学・高校生 1,000円
中学・小学生 700円
  • ※大学・高校生、中学・小学生は当日券のみ(前売券の取扱いはありません)
    ※学生券を購入の場合は、学生証を要提示(小学生は除く)
    ※障がい者手帳の提示で本人と付添い1名は半額となります(一般 850円、大学・高校生 500円、中学・小学生 350 円)
    ※未就学児は入館無料
    ◎チケット販売情報については、Bunkamura公式サイトでご確認ください。
TEL050-5541-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland.html

Bunkamura ザ・ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

Bunkamura ザ・ミュージアム Bunkamura ザ・ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

2.0

健やかで有機的なデザイン フィンランドプロダクツを概観する

東京への巡回前、兵庫陶芸美術館に行ってきました。
そう山深い丹波焼の里に建つ大好きな美術館です。
ここ数年”フィンランド”の展覧会を目にすることが多いような気がしています。
兵庫県立美術館では「アイノとアルヴァ 二人のアアルト フィンランド-建築・デザインの神話」を終えたばかりです。
ルートブリュックの陶作品を伊丹市美術館や東洋陶磁美術館でお目にかかっている。
何故今フィンランドなのかしら。とも思うのですが。
フィンランドのデザインやプロダクツにはフィンランドの自然が大きく影響しています。
有機的でスッキリしたデザイン、日常使いともいうのでしょうか、日本の民藝にも相通ずるものがあり、そこには健やかで豊かな日々の暮らしが見えてきます。
ポスターや写真から陶芸、ガラス、家具、建築そしてマリネッコまで、フィンランドのデザインとプロダクツを概観する展覧会になっていました。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE