東京都庭園美術館Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

東京都庭園美術館

Photo:左から 東京都庭園美術館 本館 正面外観/東京都庭園美術館 本館 大広間(上段左)/東京都庭園美術館 本館 大食堂(上段右)/東京都庭園美術館 本館 二階広間(下段左)/東京都庭園美術館 本館 北側ベランダ(北の間)(下段右)

東京都庭園美術館についてABOUT Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

旧朝香宮邸(きゅうあさかのみやてい)は、朝香宮鳩彦王(あさかのみややすひこおう 1887年~1981年)の住まいとして1933年に建てられ、1947年の皇籍離脱まで暮らした邸宅である。

1983年には、東京都庭園美術館として開館し、2015年には、アール・デコ様式の精華を取り入れた昭和初期の歴史的建造物として、国の重要文化財に指定された。エレガントな装飾と、重厚感ある本物の素材と落ち着きある色彩による美しく知的な佇まいの中に、ユーモアやぬくもりを感じさせる、調和のとれたアール・デコの空間が完成している。

2011年11月より、本館及び新館の改修工事を行い、2014年11月にリニューアルオープンした。庭園美術館という名の通り、本館と新館は広大な庭園に囲まれており、日本庭園や西洋庭園が、四季折々に変化する美しい花色を見せている。

この度のリニューアルで、世界的な現代美術家・杉本博司氏をアドバイザーに迎えて、新たに、ホワイト・キューブの展示空間が備わった新館が誕生した。端正なアール・デコ建築の本館から、三保谷硝子製の美しいガラス壁のあるアプローチを抜けると、そこには開放的で清々しいアトリウム空間が広がっている。歴史的建造物である本館のアール・デコ建築から新しい異空間へと見事に連続する美しい調和を見せている。

朝香宮鳩彦王(やすひこおう)は、1906年(明治39年)に明治天皇から「朝香宮(あさかのみや)」の宮号を賜る。陸軍士官学校、陸軍大学校を経て、1922年(大正11年)にフランスに留学した朝香宮鳩彦王は、翌年パリ郊外で自動車事故に遭って重傷を負う。その看病のため渡仏した宮妃と共に、1925年(大正14年)まで長期滞在することとなった。

1910年代から30年代にかけて、アール・デコの全盛期であった当時のフランスにおいて、朝香宮夫妻は、現代装飾美術・産業美術国際博覧会(1925年に開催、通称アール・デコ博覧会)を見学し、アール・デコとよばれる装飾様式に感銘を受けた。

帰国後、自邸の建設にあたり、当時を代表するフランス人装飾美術家アンリ・ラパンに、玄関、大客室、大食堂、書斎などの主要部分の内装を依頼し、ガラス工芸家のルネ・ラリックもこれに参加した。また、西洋の近代建築を熱心に研究した宮内省内匠寮の技師、権藤要吉が建築設計を担当し、日仏のデザイナー、技師、職人の総力が結集されて、芸術作品ともいえるアール・デコ様式による見事な建築物が完成した。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

東京都庭園美術館
〒108-0071東京都港区白金台5-21-9 TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)

利用案内INFORMATION

東京都庭園美術館 公式サイトURL
https://www.teien-art-museum.ne.jp
所在地
〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
JR山手線「目黒駅」東口より徒歩7分
東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分
都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分 ※白金台駅のエレベーターは2番出口にございます。
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
定休日についての追記事項
・毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
・年末年始
・展覧会準備期間は、庭園のみ入場可
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
<庭園入場料>
一般 200円(160円)
大学生(専修・各種専門学校含む) 160円(120円)
中・高校生・65歳以上 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料
※親子ふれあいデー(毎月第3土曜日と続く日曜日<家族ふれあいの日>)は、18歳未満の子を同伴する都内在住の方2名まで、庭園の入場料金が半額になります
※展覧会のチケットをお持ちの方は、庭園にも入場できます
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうとていえんびじゅつかん

東京都庭園美術館についての感想・評価REVIEWS

5.0

アール・デコ様式の内装を持つ宮廷建築美術館

1933年に建築された本館(旧朝香宮邸)や庭園は宮廷時代の面影を残し、来館者をその時代へとタイムスリップさせるかのような作りで、作品を鑑賞しながらも建物の細部にまで目がいってしまう美術館です。お庭や館内を散策するだけで、企画展の余韻に浸りながら、非日常を味わうことができました。

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

東京都庭園美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

ルネ・ラリック リミックス ー時代のインスピレーションをもとめて

ルネ・ラリック リミックス ー時代のインスピレーションをもとめて

開催中

会期:

19世紀末から20世紀半ばにかけて、ジュエリー作家/ガラス工芸家という肩書を超えて、生涯を通して芸術家としての独自の道...

キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート

キューガーデン 英国王室が愛した花々 シャーロット王妃とボタニカルアート

開催予定

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
精緻なる科学的視点と美しさを併せ持...

東京都庭園美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに東京都庭園美術館で開催された展覧会

建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩

建物公開2021 艶めくアール・デコの色彩

会期終了

会期:

本展は、1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の建築としての魅力を伝えるため、年に一度開催している...

20世紀のポスター[図像と文字の風景] ―ビジュアルコミュニケーションは可能か?

20世紀のポスター[図像と文字の風景] ―ビジュアルコミュニケーションは可能か?

会期終了

会期:

1910~20年代のヨーロッパで生じ、芸術・デザインに革新をもたらした“構成主義”...

生命の庭―8人の現代作家が見つけた小宇宙

生命の庭―8人の現代作家が見つけた小宇宙

会期終了

会期:

私たちは、太古の昔にひとつの生命体として誕生して以来、刻々と変化する地球の過酷な環境に柔軟に適応することで進化を遂...

建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代

建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代

会期終了

会期:

朝香宮邸が生まれた時代、モダンライフは始まった――― 本展は、1933年に竣工した...

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

会期終了

会期:

ガラスを素材としたエレガントな作品の数々で、アール・デコの時代を切り開いた...

アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」

アジアのイメージ 日本美術の「東洋憧憬」

会期終了

会期:

およそ1910~60年頃にかけてのことですが、日本の知識人、美術愛好家、美術作家たちがアジアの古典美術に憧れた時期があり...

1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと

1933年の室内装飾 朝香宮邸をめぐる建築素材と人びと

会期終了

会期:

本展は、1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)の建築としての魅力を紹介する、年に1度の建物公開展です。 ...

キスリング展 エコール・ド・パリの夢

キスリング展 エコール・ド・パリの夢

会期終了

会期:

エコール・ド・パリを代表する画家、キスリング(Kisling 1891-1953)。 ポーランドのクラクフで生まれたキスリングは、...

岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟

岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟

会期終了

会期:

1950年代に彗星のごとく登場した岡上淑子(おかのうえ としこ)は、日本におけるシュルレアリスム運動を先導した瀧口修造...

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

会期終了

会期:

両大戦間期のフランスに花開いたアール・デコ。この時期に盛んとなった非ヨーロッパ圏の文化・美術との出会いは、アール・...

ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力

ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力

会期終了

会期:

南米大陸、ブラジル北部のアマゾン河やシングー川流域で暮らす先住民の人びと。 彼らの作る一木造りの椅子は、動物のフォ...

建物公開 旧朝香宮邸物語

建物公開 旧朝香宮邸物語

会期終了

会期:

旧朝香宮邸(現東京都庭園美術館本館・重要文化財)は、朝香宮ご夫妻のパリ滞在と、1925年に同地で開催されたアール・デコ博覧会への訪問がきっかけとなって誕生し...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE