美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京都庭園美術館Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

東京都庭園美術館

Photo:左から 東京都庭園美術館 本館 正面外観/東京都庭園美術館 本館 大広間(上段左)/東京都庭園美術館 本館 大食堂(上段右)/東京都庭園美術館 本館 二階広間Read More(下段左)/東京都庭園美術館 本館 北側ベランダ(北の間)(下段右)Close

東京都庭園美術館についてABOUT Tokyo Metropolitan Teien Art Museum

旧朝香宮邸(きゅうあさかのみやてい)は、朝香宮鳩彦王(あさかのみややすひこおう 1887年~1981年)が1933年に創建し、1947年の皇籍離脱まで暮らした邸宅である。

1983年には、東京都庭園美術館として開館し、2015年には、アール・デコ様式の精華を取り入れた昭和初期の歴史的建造物として、国の重要文化財に指定された。エレガントな装飾と、重厚感ある本物の素材と落ち着きある色彩による美しく知的な佇まいの中に、ユーモアやぬくもりを感じさせる、調和のとれたアール・デコの空間が完成している。

2011年11月より、本館及び新館の改修工事を行い、2014年11月にリニューアルオープンした。庭園美術館という名の通り、本館と新館は広大な庭園に囲まれており、日本庭園や西洋庭園が、四季折々に変化する美しい花色を見せている。(庭園は改修工事が継続中のため、一部のみ公開中)

この度のリニューアルで、世界的な現代美術家・杉本博司氏をアドバイザーに迎えて、新たに、ホワイト・キューブの展示空間が備わった新館が誕生した。端正なアール・デコ建築の本館から、三保谷硝子製の美しいガラス壁のあるアプローチを抜けると、そこには開放的で清々しいアトリウム空間が広がっている。歴史的建造物である本館のアール・デコ建築から新しい異空間へと見事に連続する美しい調和を見せている。

朝香宮邸を創建した鳩彦王(やすひこおう)は、1906年(明治39年)に明治天皇から「朝香宮(あさかのみや)」の宮号を賜る。陸軍士官学校、陸軍大学校を経て、1922年(大正11年)にフランスに留学した朝香宮鳩彦王は、翌年パリ郊外で自動車事故に遭って重傷を負う。その看病のため渡仏した宮妃と共に、1925年(大正14年)まで長期滞在することとなった。

1910年代から30年代にかけて、アール・デコの全盛期であった当時のフランスにおいて、朝香宮夫妻は、現代装飾美術・産業美術国際博覧会(1925年に開催、通称アール・デコ博覧会)を見学し、アール・デコとよばれる装飾様式に感銘を受けた。

帰国後、自邸の建設にあたり、当時を代表するフランス人装飾美術家アンリ・ラパンに、玄関、大客室、大食堂、書斎などの主要部分の内装を依頼し、ガラス工芸家のルネ・ラリックもこれに参加した。また、西洋の近代建築を熱心に研究した宮内省内匠寮の技師、権藤要吉が建築設計を担当し、日仏のデザイナー、技師、職人の総力が結集されて、芸術作品ともいえるアール・デコ様式による見事な建築物が完成した。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京都庭園美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

東京都庭園美術館 公式サイトURL
http://www.teien-art-museum.ne.jp/
所在地
〒108-0071 東京都港区白金台5-21-9
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
JR山手線「目黒駅」東口より徒歩7分
東急目黒線「目黒駅」正面口より徒歩7分
都営三田線・東京メトロ南北線「白金台駅」1番出口より徒歩6分 ※白金台駅のエレベーターは2番出口にございます。
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
定休日についての追記事項
・毎月第2・第4水曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
・年末年始
・展覧会準備期間は、庭園のみ入場可
・庭園は現在芝庭部分のみ公開
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
<庭園入場料>
一般 200円(160円)
大学生(専修・各種専門学校含む) 160円(120円)
中・高校生・65歳以上 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者一名は無料
※第3水曜日(シルバーデー)は65歳以上の方は無料
※親子ふれあいデー(毎月第3土曜日と続く日曜日<家族ふれあいの日>)は、18歳未満の子を同伴する都内在住の方2名まで、庭園の入場料金が半額になります
※展覧会のチケットをお持ちの方は、庭園にも入場できます
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうとていえんびじゅつかん

東京都庭園美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

開催期間:

両大戦間期のフランスに花開いたアール・デコ。この時期に盛んとなった非ヨーロッパ圏の文化・美術との出会いは、アール・デコの美意識...

エキゾティック×モダン アール・デコと異境への眼差し

非ヨーロッパ圏の文化・美術との出会い
ただいま開催中

これまでに東京都庭園美術館で開催された展覧会

ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力

開催期間:

南米大陸、ブラジル北部のアマゾン河やシングー川流域で暮らす先住民の人びと。 彼らの作る一木造りの椅子は、動物のフォルムや機能的...

ブラジル先住民の椅子 野生動物と想像力

ブラジル独自の現代的表現と造形美
会期終了

建物公開 旧朝香宮邸物語

開催期間:

旧朝香宮邸(現東京都庭園美術館本館・重要文化財)は、朝香宮ご夫妻のパリ滞在と、1925年に同地で開催されたアール・デコ博覧会への訪...

建物公開 旧朝香宮邸物語

建物を往来した人々の歴史と記憶が宿る
会期終了

鹿島茂コレクション フランス絵本の世界

開催期間:

フランス文学者の鹿島茂氏が30年以上に渡り収集を続け、これまで秘蔵されてきたフランスの子どものための絵本コレクションを初公開しま...

鹿島茂コレクション フランス絵本の世界

秘蔵されてきた絵本コレクションを初公開
会期終了

装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法

開催期間:

装飾は人類と共に常に存在してきました。弔いの儀式や呪術的なタトゥーなどに始まり、ときに形骸化しながらも、時代とともにまた新しい...

装飾は流転する「今」と向きあう7つの方法

Decoration never dies, anyway
会期終了

並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性

開催期間:

明治時代、輸出用美術工芸として人気を博した七宝。並河靖之(なみかわ・やすゆき、1845-1927)は、その中でも繊細な有線七宝により頂...

並河靖之七宝展 明治七宝の誘惑―透明な黒の感性

再び注目の明治工芸、七宝の魅力
会期終了

クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち

開催期間:

フランスの現代美術家クリスチャン・ボルタンスキー(1944年-)は、映像作品やパフォーマンス性の高い作品を制作していた初期から現在...

クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち

世界を知覚するための新しい眼差し
会期終了

こどもとファッション 小さい人たちへの眼差し

開催期間:

「こどもらしさ」は、こどもが作ったわけじゃない こどもがどんな服を着ているのかは、それを与える大人たちが「こども」という存在を...

こどもとファッション 小さい人たちへの眼差し

着る人着せる人の心を読み解く
会期終了

日伊国交樹立150周年記念 メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画

開催期間:

ルネサンス文化発祥の地、フィレンツェ。そのフィレンツェに300年に渡って君臨したメディ...

日伊国交樹立150周年記念 メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画

色彩と煌めきのルネサンス
会期終了

ガレの庭  花々と声なきものたちの言葉

開催期間:

「植物学に対する私の愛をわかっていただければ、私の作品についてもっと多くを理解していただけることでしょう」 ―美術評論家エミー...

ガレの庭  花々と声なきものたちの言葉

哲学的な世界観が込められた芸術作品
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE