建物公開2022 アール・デコの貴重書

東京都庭園美術館

  • 開催期間:2022年4月23日(土)〜2022年6月12日(日)
  • クリップ数:38 件
  • 感想・評価:1 件
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-2
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-3
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-4
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-5
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-6
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-7
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-8
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-9
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-10
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-11
東京都庭園美術館本館 大客室壁画
『20世紀近代装飾芸術百科事典』1927年、東京都庭園美術館蔵
『近代装飾芸術年鑑』1924年、東京都庭園美術館蔵
『アンサンブル・モビリエ』1925年、東京都庭園美術館蔵
東京都庭園美術館本館 大食堂
東京都庭園美術館 外観南面
『イリュストラシオン』 1933年5月、東京都庭園美術館蔵
東京都庭園美術館本館 第一階段
東京都庭園美術館本館 殿下居間柱頭
東京都庭園美術館本館 書庫
東京都庭園美術館本館 ベランダ
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1
建物公開2022 アール・デコの貴重書 東京都庭園美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1933年に竣工した旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の建築としての魅力を存分に楽しむため、今年度も建物公開展を開催します。年に一度、これまで毎回テーマを設けて様々な角度から建物公開展に取り組んできました。今回は、1920-30年代のアール・デコ期の貴重書に着目します。

1920年代の滞欧中、朝香宮夫妻は当時全盛期だったアール・デコの様式美に魅せられ、帰国しました。そしてこの白金の地に自邸を建設するに当たり、主要な部屋の内装設計をフランスの室内装飾家アンリ・ラパンに依頼し、ルネ・ラリックをはじめとしたデザイナーが参加するなど、フランス直輸入のアール・デコ様式を取り入れた邸宅が誕生しました。現在は美術館として活用していますが、内部の改造を僅かにとどめ、竣工時の様態を色濃く今に伝えます。

そうした背景から、東京都庭園美術館ではフランスの装飾美術に関する書籍や雑誌、1925年のアール・デコ博覧会に関連した文献資料等を所蔵しています。本展では、同館が所蔵するアール・デコ期の貴重書を中心に、本館と新館それぞれに展示します。華やかなショーウインドウの写真集、博覧会やインテリアの特集雑誌、色鮮やかに表現された絵本など、当時の貴重書を通して装飾性豊かなアール・デコの世界へと案内します。

また、本館では窓のカーテンを開け放ち自然の光を感じる空間で、家具や調度を用いた邸宅空間が再現展示されます。宮邸時代の雰囲気に想いを馳せながら、ぜひ建築や室内意匠にもご注目ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年4月23日(土)〜2022年6月12日(日)
会場 東京都庭園美術館 Google Map
住所 東京都港区白金台5-21-9
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,000円(800円)
大学生(専修・各種専門学校含む) 800円(640円)
中学生・高校生 500円(400円)
65歳以上 500円(400円)
  • ※日時指定の事前予約制
    ※( )内は団体料金。団体は20名以上
    ※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者2名は無料(手帳を要提示)
    ※教育活動として教師が引率する都内の小・中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)
TELハローダイヤル 050-5541-8600
URLhttps://www.teien-art-museum.ne.jp

東京都庭園美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京都庭園美術館 東京都庭園美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

美しい館から広い庭をもっと見たい!

今回の建物公開はカーテンを開けて外光を入れるとのことで楽しみにしていました。以前から気になっていた中庭が見られました。プールみたいな池が有った!
大食堂からは美しい庭が眺められます。
二階の書庫からは玄関前が望めます。
第一浴室も明るいのでタイルや蛇口が綺麗に見られました。
大広間は薄物のカーテンで明るくなっているので装飾が見易く壁紙の柄もくっきり見られます。この広間からの眺めも見てみたかった。
妃殿下居間のバルコニーや三階のウィンターガーデンは今回も未公開。
何回来てもこの優雅な館は飽きません。
テーマのアール・デコの貴重書はこの館に関係する物が多数。
分厚い受領証や壁紙の見本帳、絵本が本館に。
新館はアンリ・ルパン等建築に携わったデザイナー達を中心にデザイン画が多数。
中でも店舗のショーウィンドーやファサード、インテリアのプレートが壁一面に有り、どれも素敵。パリの街並みのなんと美しいこと!
後、新緑が見頃の日本庭園内茶室では季節の道具誂えが見られます。
車の騒音が残念ですが。
ついでに新館のカフェでは展覧会に合わせたケーキが有ります。テラス席がお勧め。
ほとんど写真撮影可。

THANKS!をクリックしたユーザー
hisashi2216さん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

東京都庭園美術館本館 大客室壁画

『20世紀近代装飾芸術百科事典』1927年、東京都庭園美術館蔵

『近代装飾芸術年鑑』1924年、東京都庭園美術館蔵

『アンサンブル・モビリエ』1925年、東京都庭園美術館蔵

東京都庭園美術館本館 大食堂

東京都庭園美術館 外観南面

『イリュストラシオン』 1933年5月、東京都庭園美術館蔵

東京都庭園美術館本館 第一階段

東京都庭園美術館本館 殿下居間柱頭

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE