美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

渋谷区立松濤美術館THE SHOTO MUSEUM OF ART

渋谷区立松濤美術館

渋谷区立松濤美術館についてABOUT THE SHOTO MUSEUM OF ART

渋谷区立松濤美術館(しぶやくりつしょうとうびじゅつかん)は、基本設計を白井晟一研究所に委託し、1980(昭和55)年5月に竣工し、東京都渋谷区松濤2丁目の住宅街に、1981年10月1日に開館した区立美術館である。 

企画展を中心に、渋谷区に関連する公募展、絵画展のほか、音楽会や美術教室なども開催する。外壁には、自然、素朴な割肌、色合の韓国産の花崗岩(紅雲石)を用い、屋根はブロンズ製のグリルと化粧垂木、銅板葺きからなる。建物は、石造りの印象的な外観を持ち、噴水を設けた吹き抜けや、趣き深い展示室・回廊が、美しく調和している。

2階には、区民が集まって歓談しながら美術を鑑賞したり、勉強しあう静かな場所をつくりたいという思いから、作品鑑賞をしながらゆったりくつろげるスペース「サロン・ミューゼ」を設ける。こちらでは、特別展とは異なった角度から渋谷区在住作家展など様々な内容の小企画を開催することもある。

主な所蔵作家に、石田喜一郎、海老原喜之助、伊藤隆康、飯田満佐子、大辻清司、恩地孝四郎、掛札功、野島康三、福原信三、村田勝四郎、村林忠、安井仲治、山口啓介、山崎静村など。

◆ 建築家 白井晟一(しらい せいいち)
1905(明38)年、京都市生まれ。
1928(昭3)年、京都高等工芸学校卒業後、渡独しカール・ヤスパースに師事、ハイデルベルク大学美学専攻卒業。
1933(昭8)年、ベルリン大学にも学んだのち、帰国。
1951(昭26)年、建築家として本格的な活動を開始。
1963(昭38)年以降1975(昭和50)年までに、親和銀行本・支店(東京、長崎、佐世保)を手がけ建築学会賞などを受賞。
1980(昭55)年には、日本芸術院賞を受賞する。同年、渋谷区立松濤美術館を設計。
1981(昭56)年、静岡市立芹沢銈介美術館(石水館)の設計を手掛ける。
1983(昭58)年、78歳で逝去。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14  TEL 03-3465-9421
渋谷区立松濤美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

渋谷区立松濤美術館 公式サイトURL
http://www.shoto-museum.jp/
所在地
〒150-0046 東京都渋谷区松濤2-14-14
TEL 03-3465-9421
最寄駅
山手線/東急東横線/地下鉄銀座線・半蔵門線・副都心線「渋谷駅」下車徒歩15分

京王井の頭線「神泉駅」下車徒歩5分

ハチ公バス 松濤美術館入口徒歩2分(渋谷駅~幡ヶ谷、丘を越えてルート/上原・富ヶ谷ルート)

東急バス「東大前下車」(渋谷駅~幡ヶ谷折返し所)徒歩2分/「東急百貨店本店前下車」(初台駅~渋谷駅)または (阿佐ヶ谷駅~渋谷駅)徒歩5分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※毎週金曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
定休日
定休日についての追記事項
※展覧会毎に異なりますが、原則として、毎週月曜日(国民の祝日又は休日に当たる場合は開館)
※国民の祝日又は休日の翌日(土・日曜日に当たる場合は開館)
※展示替期間、年末年始(12月29日~1月3日)
※展覧会の準備中はおよそ2週間程度閉館します。
詳しくは開館日カレンダーをご覧下さい。
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
※毎週金曜日は渋谷区民は無料(在住を証明できる書類をお持ちください)
入館料・観覧料についての追記事項
※毎週土・日曜日、祝・休日、夏休み期間は小中学生は無料
※障がい者および付添い1名までは無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
しぶやくりつしょうとうびじゅつかん

渋谷区立松濤美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

開催期間:

大正8(1919)年に大倉孫兵衛、和親父子によって創設された大倉陶園は、日本を代表する洋食器メーカーとして、今日まで世界に誇る製品...

華めく洋食器 大倉陶園100年の歴史と文化

日本の洋食器文化における大倉陶園の役割
開催終了まであと11日

渋谷区立松濤美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに渋谷区立松濤美術館で開催された展覧会

女・おんな・オンナ~浮世絵にみる女のくらし Life of Japanese Women in Ukiyo-e

開催期間:

浮世絵に描かれた女性というと、まず「美人画」を思い浮かべるのではないでしょうか。 ...

女・おんな・オンナ~浮世絵にみる女のくらし Life of Japanese Women in Ukiyo-e

江戸時代に生きた女性たちのくらしの様相
会期終了

サロン展「南 薫造展」「山口草四朗展」

開催期間:

「南 薫造展」 広島県内海町(現・安浦町)に生まれた南 薫造(みなみくんぞう 1883/明治16-1950/昭和25)は、1902年に東京美術学校(現・...

サロン展「南 薫造展」「山口草四朗展」

洋画家 南 薫造と山口草四朗の回顧展
会期終了

終わりのむこうへ : 廃墟の美術史

開催期間:

栄華や文明の痕跡を残しながら崩れ落ちようとする建造物や遺跡。「廃墟」は西洋美術のなかで、風景画の一角にくりかえし描かれていまし...

終わりのむこうへ : 廃墟の美術史

廃墟・遺跡・都市をテーマとした作品
会期終了

林原美術館所蔵 大名家の能装束と能面

開催期間:

室町時代に大成した能は、江戸時代に幕府の儀式として演じられるようになり、さらに武家のたしなみとして、演能や稽古に励む大名も多く...

林原美術館所蔵 大名家の能装束と能面

繊細で優美、彩り豊かな能装束の世界
会期終了

涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展

開催期間:

吉増剛造(よしますごうぞう 1939~)は、1960年代から現在にいたるまで、日本の現代詩をリードし続けてきました。 その活動は、詩を...

涯テノ詩聲 詩人 吉増剛造展

日本の現代詩をリードし続ける吉増剛造
会期終了

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展

開催期間:

かつて、ヨーロッパの王侯貴族たちの間で、富と権力の象徴として流行したレース。 熟練した職人たちが長い時間をかけて手作業で生み出...

ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展

きわめて優美で繊細な美の世界
会期終了

チャペック兄弟と子どもの世界 ~20世紀はじめ、チェコのマルチアーティスト

開催期間:

20世紀初頭から活躍した、中欧チェコの芸術家、兄ヨゼフ・チャペック(1887-1945)と弟カ...

チャペック兄弟と子どもの世界 ~20世紀はじめ、チェコのマルチアーティスト

子どもの心を持ち続けた兄弟の作品
会期終了

サロン展 「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」

開催期間:

渋谷区ゆかりの作家またはコレクターなどの協力を得て、特別陳列を開催します。今年度は「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」展を開催します。...

サロン展 「斎藤茂吉-歌と書と絵の心」

斎藤茂吉の唱えた「写生」の世界
会期終了

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックの香水瓶 -アール・デコ、香りと装いの美-

開催期間:

香水文化が高度に発達した19世紀のフランス。 目には見えないものだった「香り」の世界...

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックの香水瓶 -アール・デコ、香りと装いの美-

アール・デコの寵児、ラリックの美の世界
会期終了

三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館

開催期間:

三沢厚彦(みさわあつひこ 1961~)は、現代日本を代表する彫刻家のひとりです。鑿(のみ)や刀を使用する木彫という伝統的な技法によっ...

三沢厚彦 アニマルハウス 謎の館

三沢も会期中に館にて制作や展示予定
会期終了

畠中光享コレクション インドに咲く染と織の華

開催期間:

1498年のバスコ・ダ・ガマのインド航路発見以後、頻繁な交易を通じて世界に輸出されたインド染織品は、世界の人々を魅了しました。 日...

畠中光享コレクション インドに咲く染と織の華

世界の人々を魅了したインド染織品
会期終了

クエイ兄弟 The Quay Brothers ―ファントム・ミュージアム― PHANTŒM MUSÆUMS

開催期間:

『ストリート・オブ・クロコダイル』(1986年)など、不思議で幻想的、陰鬱、でもどこか...

クエイ兄弟 The Quay Brothers ―ファントム・ミュージアム― PHANTŒM MUSÆUMS

双子がつくる魔術的ヴィジョン
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE