美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

森美術館The Mori Art Museum

森美術館

森美術館についてABOUT The Mori Art Museum

森美術館は、地上約250m、東京都港区六本木六丁目の六本木ヒルズ森タワー53階、都心を見おろす現代美術館である。

森美術館の設計は、国際的に著名な建築家 リチャード・グラックマン(Richard Gluckman)である。森タワー 高層部の内部に、入れ子の様にギャラリー空間を宙吊りにする特殊なデザインに挑戦し、先例のないスペースを設計した。ホイットニー美術館(ニューヨーク)、グッケンハイム美術館(ベルリン)、オーキーフ美術館(サンタフェ)、アンディウォーホル美術館(ピッツバーグ)、DIA 美術財団(ニューヨーク)、そしてピカソ美術館(マラガ)など優れた美術館の設計や改築ほか多数のギャラリーの建築を担当。

リチャード・グラックマンの建築設計事務所は、アメリカ建築家協会インテリア賞を含め、数多くの賞を受賞している。

森美術館は、森ビル株式会社 代表取締役社長(当時)の故・森稔によって創設され、2003年10月に開館した。開館当時の初代館長は、ストックホルム近代美術館館長等を務めたイギリス国籍のデヴィッド・エリオット(David Elliott)が務め、外国籍の館長として、日本国内初の就任となった。

現在の館長は、2006年に就任した南條史生(開館当時副館長)である。第47回ヴェネツィア・ビエンナーレ日本館コミッショナー(1997年)、台北ビエンナーレコミッショナー(1998年)、ターナー賞審査委員(1998年)、横浜トリエンナーレ2001(第1回)アーティスティック・ディレクター(2001年)、AICA(国際美術評論家連盟)副会長、 CIMAM(国際美術館会議)理事などを務めている。

森美術館では、現代美術を中心に、建築やファッション等、多彩なラインナップで構成された企画展示を行う。欧米からアジアやアフリカに至るまで、世界各地で発信されたあらゆる作品が展示の対象となっている。とくに日本とアジアの美術に目を向けつつ、新たな動向を世界の美術の文脈の中に位置づけること、また、アジアにおける現代美術の重要な拠点となることをミッションの一つとしている。

六本木ヒルズ森タワー52F展望台と同じフロアに、森アーツセンターギャラリーも設置され、世界の名だたる美術館の貴重なコレクションの企画展から、漫画・アニメ作品、映画、ファッション、デザインまで、多Read More彩な展覧会が開催されている。
Close

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒106-6155 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
森美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

森美術館 公式サイトURL
http://www.mori.art.museum/jp/
所在地
〒106-6155 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 53F
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ日比谷線 六本木駅 1C出口 徒歩0分(コンコースにて直結)
都営地下鉄大江戸線 六本木駅 3出口 徒歩4分
都営地下鉄大江戸線 麻布十番駅 7出口 徒歩5分
東京メトロ南北線 麻布十番駅 4出口 徒歩8分
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 5出口 徒歩10分
※上記は、六本木ヒルズまでの所要時間
開館時間
開館時間 10:00〜22:00(最終入館時間 21:30)
開館時間についての追記事項
※ 火曜日は、10:00~17:00(最終入館時間は閉館の30分前まで)
※ 展覧会により変更する場合がございます。展覧会一覧から、各展覧会の開館時間をご確認いただけます。
※ 常設展示はございません。企画展の開催会期以外は閉館している場合があります。展覧会会期は、展覧会一覧をご確認願います。
定休日
会期中無休 
定休日についての追記事項
展示会期中は無休
入館料・観覧料
企画展によって異なります。各展覧会情報でご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館・博物館名 よみがな
もりびじゅつかん

森美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

森美術館N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅

開催期間:

インド人アーティスト、N・S・ハルシャの初の大規模個展となる「N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅」を開催します。 N・S・ハルシャ...

 N・S・ハルシャ展:チャーミングな旅

ハルシャ、20年の軌跡を追う初の大回顧展
ただいま開催中

森美術館サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

開催期間:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
人口約6億人。経済発展目覚ましい東南アジア地域の現代ア...

 サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで

国内過去最大規模の東南アジア現代美術展
これから開催予定

森美術館レアンドロ・エルリッヒ展

開催期間:

レアンドロ・エルリッヒは、アルゼンチン出身の国際的に活躍する現代美術作家です。建築的なインスタレーションの空間に鑑賞者が入り、...

 レアンドロ・エルリッヒ展

視点を変えると全く異なる世界が見える
これから開催予定

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE