美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

国立国際美術館National Museum of Art, Osaka

国立国際美術館

国立国際美術館についてABOUT National Museum of Art, Osaka

国立国際美術館は、大阪市北区中之島にあり、国内外の戦後の現代美術を中心とした作品の収集・展示を行う国立美術館である。

1970年の日本万国博覧会開催の際、建築家 川崎清によって建てられた「万国博美術館」の建物は、取り壊されずにあらたな美術館として活用する計画が持ち上がった。1975年には、日本万国博記念協会から旧万国博美術館の建物を無償で譲り受け、1977年、国立国際美術館が開館するに至った。

その後、竣工以来30余年が経った2004年、大阪・中之島西部地区に、完全地下型の美術館として新築、移転した。新しい美術館の建物は、竹の生命力と現代美術の発展・成長をイメージした個性的な外観デザインを有している。アルゼンチン出身のアメリカ合衆国の建築家 シーザー・ペリがデザイン設計を手掛けた。

現代美術にかかわる展覧会を中軸に据えて多彩な展覧会を開催するとともに、戦後の国内外の現代美術をジャンルを問わず優れた作品を収集していくことを方針としている。

主な収蔵作家に、横尾忠則、草間彌生、杉本博司、柳原義達、河原温、田中一光、森村泰昌、菅木志雄、藤田嗣治、高松次郎、舟越桂、舟越保武、堂本尚郎、千住博、ヤノベケンジ、李禹煥、ヘンリー・ムア、マックス・エルンスト、カンディンスキー、パブロ・ピカソ、ポール・セザンヌなど。

2011年4月より、館長に山梨俊夫氏が就任。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55  TEL 06-6447-4680 (代)
国立国際美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

国立国際美術館 公式サイトURL
http://www.nmao.go.jp/
所在地
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL 06-6447-4680 (代)
最寄駅
京阪中之島線 渡辺橋駅2番出口より南西へ徒歩約5分
地下鉄四つ橋線 肥後橋駅3番出口より西へ徒歩約10分
JR大阪環状線 福島駅/東西線 新福島駅2番出口より南へ徒歩約10分
市バス JR大阪駅前より53号・75号系統で「田蓑橋」下車、南西へ徒歩約3分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※金曜日は10:00~19:00 (入場は18:30まで)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日に休館
9月18日(火)、10月9日(火)、
2019年4月30日(火)は開館
※年末年始 12月28日(金)~2019年1月4日(金)
※展示替え期間 10月15日(月)~11月2日(金)、
2019年1月21日(月)~2月8日(金)
※その他臨時休館あり
入館料・観覧料
<コレクション展>
一般 430円 (220円)
大学生 130円 (70円)
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内は20名以上の団体料金
※高校生以下ならびに18歳未満、65歳以上、心身に障害のある方とその付添者1名は無料。要証明書提示
※コレクション展以外の観覧料は、展覧会によって異なります。開催展覧会情報をご確認ください
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつこくさいびじゅつかん

国立国際美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

開催期間:

1980年代は、日本の現代美術にとって大きな転換期となる10年でした。 それまでの難解で観念的とされた美術に代わり、若い世代の作家た...

ニュー・ウェイブ 現代美術の80年代

美術からアートへと変化した時代の様相
ただいま開催中

これまでに国立国際美術館で開催された展覧会

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

開催期間:

珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、17世紀から20世紀の風景画65点が来日します。 神話の物...

プーシキン美術館展──旅するフランス風景画

初来日となるモネの《草上の昼食》他65点
会期終了

視覚芸術百態:19のテーマによる196の作品

開催期間:

あらゆる領域において情報が氾濫し、グローバル化と多様化が進む今日では、美術館における収蔵品の展示方法も、時代別・地域別という正...

視覚芸術百態:19のテーマによる196の作品

新収蔵品約50点も!
会期終了

開館40周年記念展 トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために

開催期間:

1977年に開館した国立国際美術館の開館40周年を記念する特別展が開催されます。 30組以上の国内外のアーティストにより、時間、歴史、...

開館40周年記念展 トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために

今後の美術館の可能性を探る
会期終了

福岡道雄 つくらない彫刻家

開催期間:

ひとり、大阪の地で「反」芸術を貫いた彫刻家・福岡道雄。その全貌にせまる、美術館では初めての大規模個展を開催します。60余年にわた...

福岡道雄 つくらない彫刻家

「制作」という根本概念を問い直してみる
会期終了

態度が形になるとき ―安齊重男による日本の70年代美術―

開催期間:

1970年1月、安齊重男は同世代の作家たちが生み出す一過性の作品を35ミリカメラで本格的に記録を取り始めた。画廊に木材、鉄板、綿、砂...

態度が形になるとき ―安齊重男による日本の70年代美術―

日本の現代美術の変革期、70年代美術
会期終了

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超…

開催期間:

副題に「16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―」とある通り、ブリューゲルのみなら...

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて―

ブリューゲルの最高傑作。24年ぶり来日!
会期終了

ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない

開催期間:

ライアン・ガンダーは、1976年イギリスに生まれ、母国とオランダで美術を学び、2000年代初頭から世界各地で個展を開催するとともにドク...

ライアン・ガンダー ―この翼は飛ぶためのものではない

ガンダー企画による所蔵作品展も同時開催
会期終了

クラーナハ展―500年後の誘惑

開催期間:

ルカス・クラーナハ(父、1472-1553年)は、ヴィッテンベルクの宮廷画家として名を馳せた、ドイツ・ルネサンスを代表する芸術家です。...

クラーナハ展―500年後の誘惑

つねに革新者を演じつづけた画家
会期終了

おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展

開催期間:

1927年にブリュッセルで生まれ、いまなお第一線で活動するピエール・アレシンスキーは、1948年に新しい美術を求める作家グループ「コブ...

おとろえぬ情熱、走る筆。 ピエール・アレシンスキー展

抽象と具象の狭間、独自の画風で勝負する
会期終了

日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

開催期間:

アカデミア美術館は、ヴェネツィアの美術アカデミーが管理していた諸作品を基として、14...

日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち

ヴェネツィアルネサンス絵画の展開を一望
会期終了

特別展「始皇帝と大兵馬俑」

開催期間:

前221年、秦の国王・嬴政(えいせい)は、戦国の乱世を勝ち抜いて天下統一を果たし、始皇帝を名乗りました。始皇帝は生前から自身の陵...

特別展「始皇帝と大兵馬俑」

知られざる秦王朝と始皇帝の実像に迫る
会期終了

森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき

開催期間:

日本の現代美術を代表する美術家・森村泰昌の地元・大阪の美術館では初となる大規模個展の開催です。全編60分を超える、森村としては初...

森村泰昌:自画像の美術史―「私」と「わたし」が出会うとき

代表作と未発表作あわせ134点の大規模個展
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE