Viva Video! 久保田成子展

国立国際美術館

  • 開催期間:2021年6月29日(火)〜2021年9月23日(木・祝)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:4 件
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-2
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-3
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-4
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-5
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-6
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-7
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-8
《スケート選手》1991-92年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博
《韓国の墓》1993年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博
《デュシャンピアナ:自転車の車輪1、2、3》と《三つの山》の展示風景(原美術館、1992年)
撮影:内田芳孝 Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota
《メタ・マルセル:窓(花)》(部分)1983年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota
《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》1975‒1976 /1983年 富山県美術館蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博
《河》1981年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota
《三つの山》1979年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota
《ナイアガラの滝》1985/2021年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1
Viva Video! 久保田成子展 国立国際美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

新潟に生まれ、ニューヨークを拠点に活躍したヴィデオ・アートのパイオニア、久保田成子(くぼたしげこ 1937-2015)の没後初、日本では約30年ぶりの個展を開催します。

1960年代前半の東京で「グループ音楽」や「ハイレッド・センター」といった同世代の前衛芸術家たちの仕事に触発された久保田は、さらなる可能性を切り開くべく渡米します。ニューヨークでは、前衛芸術家集団「フルクサス」に参加するなど表現の幅を広げました。

1970年代初頭にはパートナーであるヴィデオ・アーティストのナムジュン・パイク(1932-2006)を通じてヴィデオカメラを手に入れ、映像作品を手がけるようになります。これを機に、映像と彫刻を組み合わせた「ヴィデオ彫刻」の制作を始め、このジャンルの先駆的な存在として国際的に評価されました。

本展では、代表作の「デュシャンピアナ」シリーズをはじめ、ヴィデオ彫刻、映像作品、それらのためのスケッチやアーカイヴ資料などにより、久保田の仕事を展覧します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年6月29日(火)〜2021年9月23日(木・祝)
会場 国立国際美術館 Google Map
住所 大阪府大阪市北区中之島4-2-55
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※金・土曜は21:00まで(最終入場時間 20:30)
休館日 月曜日 
8月10日(火)
※ただし、8月9日(月・休)、9月20日(月・祝)は開館
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
大学生 700円(600円)
  • ※( )内は20名以上の団体および割引料金
    ※高校生以下・18歳未満無料(要証明)・心身に障がいのある方とその付添者1名無料(要証明)
    ※夜間開館中(金曜・土曜の17:00~21:00)は割引料金で観覧できます
    ※本展と「鷹野隆大 毎日写真1999-2021」(同時開催)の観覧券を国立国際美術館窓口で同時購入の場合に限り、両展とも各割引料金で観覧できます(一般のみ)
TEL06-6447-4680 (代)
URLhttps://www.nmao.go.jp/

国立国際美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立国際美術館 国立国際美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

アバンギャルドなヴィデオ・アート

会場全体を通して、作品群が醸し出すアバンギャルドな空間を楽しみました。
代表的なヴィデオ彫刻作品では、特に《河》、《ナイアガラの滝》は惹きつけるものがあり、《スケート選手》はユニークで完成度の高いものでした。いずれも独創的な表現で、高い評価を受け続けているのも頷けます。
また、作品外では、知人宛に、アメリカと日本のどちらを拠点にするか迷いを断ち切れない、という心情を送った手紙が印象に残りました。
全盛期に海外で活躍されていた作家の作品を、このように国内で目にすることができるのは喜ばしいことと思います。

5.0

現代アートを感じる夏

恥ずかしながら久保田成子のことを展覧会の開催まで全く知らなかったのですが、これは行って良かったと思える展覧会でした。
メインはヴィデオ彫刻というとても面白い分野であり、テレビを様々なものと融合させて新しいなにかを作り上げており、見ていて飽きのこない面白い展示でした。

4.0

生命的な映像体験

映像を用いた作品の中でもヴィデオというメディアを鑑賞することは、もはや生命体か何かを鑑賞している感覚にも似ていた。「ヴィデオ彫刻」で知られる久保田成子の作品はヴィデオという要素に加え、造形的要素を併用することによって、ただ一方的に映像をまなざすというあり方に、より体験的要素を生み出している。会場入口に入ってすぐ、ヴィデオの音声に混じって、流水音のようなものが聞こえてくるが、それだけで平面的な映像体験を脱する予感が漂ってくる。
「ヴィデオ彫刻」は、展覧会などで映像を見ることが疲れるという人にとって、良好な解決策となっていると思う。(本展にももちろんテレビ画面と向き合うような展示が存在するのだが、)ヴィデオの新しい表現として久保田が実践したこの作品形態は、「彫刻」とはいうものの、動きをともない、先に耳にしたように水という自然物をも用いることによって光と音に揺らぎを生じさせることもある。このような久保田の作品は、スクリーンの平面映像を眺め慣れた私たちにとって、新鮮な生命感を感じさせる。もはや保存も重大事となった古いメディアを用いた作品ということもあって、ヴィデオはより肉的な、つまり死を感じさせるという意味で、生命的な映像体験を可能にしてくれているようにも感じる。
画像だけでは伝わらないのはもちろんのこと、ヴィデオの特質を生かしながら、空間全体の性質を活かしながら鑑賞することは、この種の作品展示の場合そう容易ではないかもしれないので、ぜひこの機会に体感してみてはいかがだろうか。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

3.0

国際美らしい、国際美ならではの展覧会です。

国際美はこういう展示でなくては。NYを拠点に活躍したヴィデオアートの先駆者。
映像展示には当時の再生装置も必要となるなど、ヴィデオ彫刻の展示など展示が大変だっただろうなぁと。
久保田成子をみて思い浮かべたのは石岡映子、やはり同時代に生きた女性。
自分の道を突き進み、生涯のパートナーも。
展示は定期的に動かされているので、その時を狙って出かけられるのがいいのではないでしょうか。


久々の国際美だったのか?驚きました目の前に現れた黒い直方体の建物。大阪中之島美術館です。来年2月オープンですね。
中之島は文化の街に

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
大阪府で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

《スケート選手》1991-92年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博

《韓国の墓》1993年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博

《デュシャンピアナ:自転車の車輪1、2、3》と《三つの山》の展示風景(原美術館、1992年)
撮影:内田芳孝 Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota

《メタ・マルセル:窓(花)》(部分)1983年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota

《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》1975‒1976 /1983年 富山県美術館蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博

《河》1981年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota

《三つの山》1979年 Photo by Peter Moore
Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation; © Estate of Shigeko Kubota

《ナイアガラの滝》1985/2021年 久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵
(新潟県立近代美術館での展示風景、2021年)撮影:吉原悠博

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE