美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

ポーラ美術館POLA MUSEUM OF ART

ポーラ美術館

ポーラ美術館についてABOUT POLA MUSEUM OF ART

ポーラ美術館は、「箱根の自然と美術の共生」のコンセプトのもと、緑豊かな富士箱根伊豆国立公園内の神奈川県足柄下郡箱根町仙石原に、2002年9月に開館した。

ポーラ美術館が収蔵するコレクションは、ポーラ創業家2代目であった鈴木常司(1930-2000)が戦後、40数年をかけて収集した作品群である。西洋絵画・日本の洋画・近現代の日本画・版画・彫刻・東洋陶磁・日本の近現代陶磁・ガラス工芸・化粧道具など多岐にわたり、総数は約1万点におよぶ。

ポーラ美術館の核となる西洋近代絵画のコレクションは、モネやルノワールなど、印象派のコレクションの質が特に高く、日本最大級といえる約100点を収蔵する。この印象派のコレクションを中心に、その先達である新古典主義のアングル、ロマン主義の画家ドラクロワ、また、印象派の後の世代の画家たち、1920年代のパリに集まった外国人画家たちのグループ「エコール・ド・パリ」の画家たち、抽象絵画の創始者カンディンスキー、シュルレアリスムの画家たちまで、モダン・アートの流れをたどる構成になっている。

ポーラ美術館でひときわ充実しているコレクションは、印象派を牽引したモネ19点、「生きる歓び」を描き続けたルノワール17点(うち自筆資料1点)、今日の絵画に決定的な影響を与えたピカソ19点である。これは、同館のコレクションを築いた鈴木常司が、美術史の流れにも大きな興味を持ち、美術史上重要な画家を多く収集したことによる。そのため、日本最多のコレクションを多く有し、モネ、ルノワール、ピカソのほか、ドガ9点、ゴッホ3点、レオナール・フジタ176点、マティス8点等を収蔵している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285  TEL 0460-84-2111
ポーラ美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

ポーラ美術館 公式サイトURL
http://www.polamuseum.or.jp/
所在地
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
TEL 0460-84-2111
最寄駅
箱根登山鉄道 強羅駅から施設めぐりバス「温生花園」行 約13分

小田急 箱根湯本駅から箱根登山バス(直通)約40分
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
年中無休 
定休日についての追記事項
※展示替えのため臨時休館あり
入館料・観覧料
大人 1,800円(1,500円)
65歳以上 1,600円(1,500円)
大学・高校生 1,300円(1,100円)
中学・小学生 700円(500円/土曜日無料)
※(  )内は、団体15名以上
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)1,000円
割引クーポン
http://www.polamuseum.or.jp/info/ticket/
美術館名 よみがな
ぽーらびじゅつかん

ポーラ美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ

開催期間:

19世紀末から20世紀初頭にかけてフランスで活動した芸術家オディロン・ルドン(1840―1916)は、印象派の画家たちとほぼ同じ世代に生ま...

ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ

ルドンの生み出した芸術の今日的な意義
ただいま開催中

モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい

開催期間:

明治期から昭和初頭にかけて、日本ではファッションや美意識の一大変革が起こりました。 開国後の急速な欧化政策により、江戸時代から...

モダン美人誕生-岡田三郎助と近代のよそおい

日本初の美人コンテストにも携わた岡田
これから開催予定

これまでにポーラ美術館で開催された展覧会

飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture

開催期間:

飯沼珠実(いいぬまたまみ)は、建築やその周囲の空間を写真をとおしてとらえ、プリントやアーティストブックにその様相を表現してきま...

飯沼珠実―建築の瞬間/momentary architecture

「建築」の息づく空間と時間をとらえる
会期終了

エミール・ガレ―自然の蒐集

開催期間:

ガラス工芸の分野におけるアール・ヌーヴォーの旗手として知られるガレは、文学や哲学、修辞学、音楽、植物学、鉱物学、そして生物学と...

エミール・ガレ―自然の蒐集

ガレを魅了した自然の源泉、森と海
会期終了

ポーラ美術館開館15周年記念展 100点の名画でめぐる100年の旅

開催期間:

ポーラ美術館のコレクションは、ポーラ創業家2代目・鈴木常司が40数年かけて収集したもので、西洋絵画、日本の絵画、ガラス工芸、東洋...

ポーラ美術館開館15周年記念展 100点の名画でめぐる100年の旅

ポーラ美術館所蔵の名画を贅沢に堪能!
会期終了

ポーラ美術館開館15周年記念展「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」

開催期間:

ポーラ美術館は、開館15周年を記念して、20世紀を代表する芸術家パブロ・ピカソ(1881‐19...

ポーラ美術館開館15周年記念展「ピカソとシャガール 愛と平和の讃歌」

二人の創造の軌跡と、平和への想い
会期終了

ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線

開催期間:

かつて壁や防塁に囲まれていた城砦都市パリ。20世紀初頭には、都市の周縁に移民や貧困者が住み着き、パリの街が拡張されてゆきました。...

ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線

20世紀初頭に誕生した近代都市の美学
会期終了

Modern Beauty - フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代

開催期間:

19世紀の中頃、フランスにおいてモードは、産業革命による紡績機や織物機の改良、縫製技...

Modern Beauty - フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代

100年前の女性たちの「美」へのこだわり
会期終了

自然と都市 印象派からエコール・ド・パリまで

開催期間:

自然と都市の風景は、時代とともに変化していく美意識を反映して、絵画のなかでさまざまに描かれてきました。 近代化が進んだ19世紀後...

自然と都市 印象派からエコール・ド・パリまで

巨匠たちの絵画に見る自然と都市の関わり
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE