フィリップ・パレーノ:この場所、あの空

ポーラ美術館

  • 開催期間:2024年6月8日(土)~2024年12月1日(日)
  • クリップ数:22 件
  • 感想・評価:3 件
フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 ポーラ美術館-1
フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 ポーラ美術館-2
フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 ポーラ美術館-3
《私の部屋は金魚鉢》2018年 展示風景:グロピウス・バウ、ベルリン、2018年
Courtesy of the artist; Pilar Corrias, London; Gladstone Gallery, New York and Brussels; Esther Schipper, Berlin/Paris/Seoul
Photo © Andrea Rossetti
《エコー2》2022年 展示風景:ブルス・ドゥ・コメルス-ピノー・コレクション、パリ、2022年
© Tadao Ando Architect & Associates, Niney et Marca Architectes, agence Pierre-Antoine Gatier
Courtesy of the artist and Bourse de Commerce – Pinault Collection
Photo © Andrea Rossetti
展示風景:パーク・アヴェニュー・アーモリー、ニューヨーク、2015年
Courtesy of the artist and Esther Schipper, Berlin/Paris/Seoul
Photo © Andrea Rossetti
フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 ポーラ美術館-1
フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 ポーラ美術館-1
フィリップ・パレーノ:この場所、あの空 ポーラ美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

現代のフランス美術を代表するフィリップ・パレーノは、今日最も注目されるアーティストの一人です。映像、音、彫刻、オブジェ、テキストやドローイングなど作品は多岐にわたりますが、その意識は常に、現実/フィクション/仮想の境界へと向けられています。また、芸術や「作者性」の概念にも疑問を投げかけ、数多くのアーティスト、建築家、音楽家と共同で作品を生みだしてきました。

パレーノはAIをはじめとする先進的な科学技術を作品に採り入れながらも、ピアノやランプ、ブラインドやバルーンといった見慣れたオブジェを操り、ダイナミズムと沈黙、ユーモアと批評性が交錯する詩的な状況を生みだします。展覧会そのものをメディアとして捉えるパレーノが構築する空間は、まるでシンボルの迷宮のようです。何者かの気配、声、光、暗闇、隠されたメッセージ――ドラマティックな構成に導かれ、大規模な舞台装置のような会場に足を踏み入れる私たちは、まるで演者のように、新鮮な驚きとともに混乱をともなう体験の中へと身を投じることになるでしょう。

国内最大規模の個展となるポーラ美術館での展覧会では、作家の代表作である映像作品《マリリン》(2012年)をはじめ、1990年代の初期作品から初公開のインスタレーションまで、作家の幅広い実践を多面的に紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年6月8日(土)~2024年12月1日(日)
会場 ポーラ美術館 Google Map
展示室展示室1、2、5および屋外
住所 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
時間 9:00~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 会期中無休 
※展示替えのため臨時休館あり
観覧料 大人・シニア(65歳以上) 2,200円(1,900円)
高校生・大学 1,700円(1,400円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は団体15名以上
    ※障害者手帳をお持ちの方
    大人/高校生・大学生とも 1,100円
    中学生以下 無料
    介助者1名まで 1,100円
TEL0460-84-2111
URLhttp://www.polamuseum.or.jp/

ポーラ美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

ポーラ美術館 ポーラ美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

会場を泳ぐ魚と天井を埋める「ふきだし」、そしてマリリン・モンローの筆跡を箱根で鑑賞する

フィリップ・パレーノの個展は2019年にワタリウム美術館で見て以来、久しぶり。ちなみにワタリウムで見たときは「これを見るために1000円払ったと思うとかえってすがすがしい感じがしなくもない」と思ったらしい。つまり、よくわからなかった。今回はどうだろうか?と思いながら、アクセスが猛烈によくなった箱根のポーラ美術館へ。とりあえず、反省も込めて、移動中に各メディアに掲載されたレビュー記事をチェックしてから行きました。

まずは《私の部屋は金魚鉢》(2024)。魚の形をした、ヘリウムガスの入ったバルーンが展示室内を漂ってます。バルーンには触っていいので、適当に泳がすことが出来る。ときどき、監視員の方が走り出して、部屋の外に逃亡しようとする魚を連れ戻したりしている。魚の目が妙に大きくて、鮮やかなのが気になる。

次は《マリリン》という映像作品のはずが、部屋は妙に明るく、スクリーンに丸いオレンジ色の光が当たっていた。よく見ると、スクリーンの向かい側に大きな窓があって、その先の建物の外にオレンジ色の丸い反射板を備えた装置が設置されている。その装置がオレンジ色の光を部屋の中に投射しているのでした。これも作品の一つで《ヘリオトロープ》(2023 / 2024)というもの。そして、自動ピアノが何かを演奏していた。しばらくすると、室内が暗くなり、カーテンが自動で閉まり、映像作品《マリリン》が始まる。マリリン・モンローが一時期住んでいたニューヨークの高級ホテルのスイート・ルームを舞台にした作品で、マリリン・モンローは登場しないが、その雰囲気だけが伝わってくる映像。特に万年筆で手書きのシーンがあって、おそらくはマリリン・モンローの筆跡を再現しているのだろうけど、どうやって再現しているかは、作品を最後まで見るとわかるようになっている。このほか、コウイカを主人公にした美しく神秘的な映像作品とか、天井をひたすら埋め尽くす吹き出し型のバルーンとか、諸々楽しめました。

とまあ、いろいろと仕掛けがあって、作品解説を読みながらその仕掛けの意味を探りながら拝見しました。作品解説は各作品のキャプションのところにある、QRコード経由で読むことになります。こうなると、観光客風の方々がちょっとのぞいて、ナンじゃこりゃという感じで、すぐに去って行くのがもったいないなあ、という感じです。まあ、しょうが… Read More

THANKS!をクリックしたユーザー
黒豆さん、morinousagisanさん

1.0

現代アート展はずれ回

内容全然ありません
ポーラ美術館そのものは素晴らしいので行ったことがない人は行った方がいいです
森を散策

3.0

美しさと雰囲気と

鳴り物入り、の現代アート展。だったけど、一番よかったのは、大型のポスターかな。代表作の動画も、美しいし、しかけもあるけど、せまってこない。言語の問題もあるかとは思う。雰囲気は、かなり、現代アート。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《私の部屋は金魚鉢》2018年 展示風景:グロピウス・バウ、ベルリン、2018年
Courtesy of the artist; Pilar Corrias, London; Gladstone Gallery, New York and Brussels; Esther Schipper, Berlin/Paris/Seoul
Photo © Andrea Rossetti

《エコー2》2022年 展示風景:ブルス・ドゥ・コメルス-ピノー・コレクション、パリ、2022年
© Tadao Ando Architect & Associates, Niney et Marca Architectes, agence Pierre-Antoine Gatier
Courtesy of the artist and Bourse de Commerce – Pinault Collection
Photo © Andrea Rossetti

展示風景:パーク・アヴェニュー・アーモリー、ニューヨーク、2015年
Courtesy of the artist and Esther Schipper, Berlin/Paris/Seoul
Photo © Andrea Rossetti

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE