府中市美術館 FUCHU ART MUSEUM

府中市美術館府中市美術館

府中市美術館についてABOUT FUCHU ART MUSEUM

緑豊かな都立府中の森公園の中にある府中市美術館は、「生活と美術=美と結びついた暮らしを見直す美術館」をテーマに、2000年10月に開館。

1階には、美術図書室、市民ギャラリー、ミュージアムショップやカフェなどがあり、2階の展示空間では、コレクションを紹介する所蔵品展や、バリエーションに富んだ様々な企画展が開催されている。また、ワークショップ、美術館講座、ミュージアムコンサート、毎月の所蔵品ギャラリートークなども開催されている。

府中市美術館のコレクションは、江戸後期から現代にいたる絵画を中心に1,000点を超える。その中から常時60点程を選んで展示されている。

府中市美術館内の一角には、牛島憲之記念館がある。熊本県熊本市生まれの洋画家 牛島憲之(うしじま のりゆき 1900-1997)の遺族より、約100点の寄贈を受け、牛島憲之の作品を常設展示している。「初期から晩年まで」「風景」などのテーマをたて、年に3回程作品の展示替えを行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

府中市美術館
〒183-0001 東京都 府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)  TEL 050-5571-8600(ハローダイヤル)

利用案内INFORMATION

府中市美術館 公式サイトURL
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/
所在地
〒183-0001 東京都 府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
TEL 050-5571-8600(ハローダイヤル)
最寄駅
京王線の府中駅から「ちゅうバス」(多磨町行き)府中市美術館下車すぐ

または、下記各最寄り駅から、京王バス府中駅行き
JR中央線武蔵小金井駅南口
JR中央線国分寺駅南口
JR武蔵野線北府中駅

その他、アクセス方法詳細はこちらから
開館時間
開館時間 10:00〜17:00 (最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合はその翌日
※国民の祝日の翌日など(その日が土曜日、日曜日及び祝日にあたる場合などは開館。詳しくは、カレンダーをご確認ください)
※年末年始 、展示替えの期間など
入館料・観覧料
【常設展観覧料】
一般 200円(150円)
高校生・大学生 100円(80円)
小学生・中学生 50円(30円)

【企画展観覧料】
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内は20名以上団体料金
※未就学児及び障害者手帳等をお持ちの方の観覧料は無料
※府中市在住、在学の小・中学生は「学びのパスポート」の提示により、いずれの展覧会も無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふちゅうしびじゅつかん

府中市美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

府中市美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

諏訪敦「眼窩裏の火事」

諏訪敦「眼窩裏の火事」

開催予定

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
緻密で再現性の高い画風で知られる諏訪敦は、しばしば写実絵画のトップランナーと目されて...

府中市美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに府中市美術館で開催された展覧会

長谷川利行展 七色の東京

長谷川利行展 七色の東京

会期終了

会期:

関東大震災から太平洋戦争の直前まで、昭和初期の東京を歩き回り、怒濤のように描きまくった画家がいました。 近代化が進む荒川・隅田...

絵画の現在

絵画の現在

会期終了

会期:

府中市美術館は2000年秋の開館以来、展覧会や公開制作プログラムを通して、現代の絵画を積極的に紹介してきました。その成果の継承・発...

正宗得三郎

正宗得三郎

会期終了

会期:

「音楽のように色彩(気韻)で、生き生き(生動)と絵を描きたい!」 正宗得三郎(まさむね とくさぶろう)は、昭和37年(1962年)79...

フィンランド独立100周年記念「フィンランド・デザイン」展

フィンランド独立100周年記念「フィンランド・デザイン」展

会期終了

会期:

「森と湖の国」、フィンランド。豊かな自然に囲まれる反面、夏は白夜、冬は極寒という厳...

ぱれたん動物園

ぱれたん動物園

会期終了

会期:

絵の国の妖精「ぱれたん」と「むら田」の案内で、作品を鑑賞したり、お絵描きや工作などを楽しめる展覧会です。 2006年以来、8回目と...

浅野竹二の木版世界

浅野竹二の木版世界

会期終了

会期:

「生きるとは、楽しむことである。それには自由でなければならない。」と浅野竹二の版画の世界が我々に語りかけてきます。 京都生まれ...

歌川国芳 21世紀の絵画力

歌川国芳 21世紀の絵画力

会期終了

会期:

2017年の「春の江戸絵画まつり」では、江戸後期の浮世絵師、歌川国芳を取り上げます。ここ数年の国芳の人気ぶりは、同時代の葛飾北斎や...

ガラス絵 幻惑の200年史

ガラス絵 幻惑の200年史

会期終了

会期:

透明なガラス板に絵を描き、反対の面からガラスを通して鑑賞する、ガラス絵。古くは中世ヨーロッパの宗教画に始まり、中国を経て、日本...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE