映えるNIPPON
江戸~昭和 名所を描く

府中市美術館

  • 開催期間:2021年5月22日(土)〜2021年7月11日(日)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:3 件
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-1
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-2
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-3
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-4
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-5
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-6
小林清親 《駿河町雪》紙、木版 明治13(1880)年 府中市美術館蔵
歌川広重 《名所江戸百景 亀戸梅屋舗》紙、木版 安政4(1857)年 神奈川県立歴史博物館蔵
吉田初三郎 《神奈川県鳥瞰図》絹本彩色 昭和7(1932)年 神奈川県立歴史博物館蔵
川瀬巴水 《東海道風景選集 日本橋(夜明)》紙、木版 昭和15(1940)年 大田区立郷土博物館蔵
中澤弘光 《上高地大正池》キャンバス、油彩 昭和7(1932)年 小杉方菴記念日光美術館蔵
和田英作 《三保富士》キャンバス、油彩 昭和28(1953)年 小杉方菴記念日光美術館蔵
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-1
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-1
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-1
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-1
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-1
映えるNIPPON 江戸~昭和 名所を描く 府中市美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

雪をいただく富士、歴史に彩られた神社仏閣…

親しみやすさや懐かしさを感じさせるそれらの景色は、画家や写真家たちによって捉えられ、ポスターなどの複製メディアを通じて広められてきました。ときに既視感を抱かせる「名所風景」は、こうして私たちの意識に定着していったのかもしれません。

この展覧会では、日本各地の「名所風景」を捉えた幕末から昭和にかけての絵画や版画、印刷物を紹介します。時代の変化のなかで新たに登場した景物、時を超えて受け継がれた表現、だれもが心に浮かべる日本の景色。映える日本を巡る旅をお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年5月22日(土)〜2021年7月11日(日)
  • 前期:5月22日(土)~6月13日(日)
    後期:6月15日(火)~7月11日(日)
    ※一部展示替えがあります
会場 府中市美術館 Google Map
住所 東京都府中市浅間町1丁目3番地(都立府中の森公園内)
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 700円(560円)
高校・大学生 350円(280円)
小・中学生 150円(120円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※未就学児および障害者手帳等をお持ちの方は無料
    ※常設展も観覧できます
    ※府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」で無料
TEL050-5571-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.city.fuchu.tokyo.jp/art/tenrankai/kikakutenkaisai/2021_1_haeru.html

府中市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

府中市美術館 府中市美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

観光気分

有名どころを描いた浮世絵、新版画を集めた展示。
いまよりも、情緒豊かな不忍池や、越後屋気分満載の日本橋、八幡宮も大銀杏健在、日本バンザイという気分になれる素晴らしい展示でした。
会期終了間際にはじめていく美術館でしたが、入場制限などもなく、中は広く、密もなく、楽しく観賞してきました。
展示室内でスマホで時間を確認したら、係りの人に注意されましたが、時間を見てはいけない理由はないと不満に思ったのと、アクセスは不便ですので、星は一つ減らします。

5.0

素晴らしい江戸・東京

広重も清親も巴水も素晴らしい東京を描いてくれてありがとう。
どれを見ても、その時代にワープしたくなる江戸・東京だ。
雪の降りしきる増上寺前も、越後屋前も、雨の大川も、どれもその時代にいたかった気持ちになる。
久しぶりの府中だったが、とても満足。

4.0

日本再発見

週末に訪問。それほど観覧者は多くなく、ゆっくり見られますが、結構音が響きますのでしゃべり声や子どもの声が気になる方はお気をつけください。展示は江戸から明治の浮世絵、観光地の絵画と、日本の懐かしい風景へ続きます。浮世絵は有名どころのおおはしあたけの夕立、洲崎十万坪が見られました。近代の浮世絵、特に川瀬巴水のものは大変美しく、見飽きませんでした。後半の向井潤吉の民家も見応えがありました。また、常設展もかなり展示作品数が多く、特に牛島憲之の穏やかな絵がよかったです。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都府中市で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

小林清親 《駿河町雪》紙、木版 明治13(1880)年 府中市美術館蔵

歌川広重 《名所江戸百景 亀戸梅屋舗》紙、木版 安政4(1857)年 神奈川県立歴史博物館蔵

吉田初三郎 《神奈川県鳥瞰図》絹本彩色 昭和7(1932)年 神奈川県立歴史博物館蔵

川瀬巴水 《東海道風景選集 日本橋(夜明)》紙、木版 昭和15(1940)年 大田区立郷土博物館蔵

中澤弘光 《上高地大正池》キャンバス、油彩 昭和7(1932)年 小杉方菴記念日光美術館蔵

和田英作 《三保富士》キャンバス、油彩 昭和28(1953)年 小杉方菴記念日光美術館蔵

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE