美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京都写真美術館Tokyo Photographic Art Museum

東京都写真美術館

東京都写真美術館についてABOUT Tokyo Photographic Art Museum

東京都写真美術館は、国内唯一の写真・映像の総合美術館として、1995年(平成7年)1月に恵比寿ガーデンプレイスに誕生。写真・映像文化に親しむことのできる美術館である。

恵比寿駅東口から向かい、恵比寿ガーデンプレイスのメインの入口から、敷地内東側(山手線の線路側)に位置して、東京都写真美術館の建物がある。

収蔵する作品数は34,008点(2017年3月末現在)に及び、その中にはすでに今日では得難くなった貴重な作品が多くあり、日本の作家のコレクションの厚みなどは、他館にないユニークなものになっている。

東京都写真美術館は、2014年(平成26年)9月から約2年をかけて大規模な改修工事が行われ、展示室やホールなどの空間イメージを一新したほか、エレベーターが増設、また、館内にはカフェやショップも併設されて、2016年(平成28年)9月に、総合開館20周年も記念して、リニューアル・オープンした。

リニューアル・オープンにあわせて、新しいシンボルマークが誕生し、愛称は「トップミュージアム」となる。英語館名をTokyo Photographic Art Museumに改訂し、頭文字の一部から「トップミュージアム」の愛称が決定された。シンボル化された「TOP MUSEUM」のマークは、写真と映像を生み出す「光」によって、「TOP」の文字をうつし出したデザインで構成。「TOP」は、ドアをひらくようにも見え、感動に出会う期待感、奥行きや空間性が表されている。

東京都写真美術館正面玄関からのエントランスホールは、天井まで続く窓の採光によって解放感あふれる空間となっている。館内の施設には、2階、3階に収蔵作品を中心に構成される展覧会および、国内外から広く作品を集めた独自の企画による多様な企画展が開催される展示室がある。

地下1階の展示室では、歴史的な映像収蔵作品や現代作家の映像作品などで構成される映像展のほか、国内外の美術館との共催展、巡回による展覧会などの各種展覧会が開催される。

1階ホールは、「写真美術館で観る映画」(実験劇場)と題し、作品の上映を行っている(座席190席、車椅子席3席)。

その他、各種保存条件に合わせ作品を保存・管理する収蔵庫があり、フィルム全般は5℃、染料を使用したカラー作品とガラス乾板などは10℃、その他の写真作品および映像作品資料は20℃と4室に分け、それぞれの作品に合った環境を整えて保存している。相対湿度は50%に保たれている。

また、国内初の本格的設備を有する写真の保存・修復に関する研究室である保存科学研究室、写真・映像関連のワークショップ、スクールプログラムなどの教育普及活動を行うスタジオ、図書室などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内  TEL 03-3280-0099
東京都写真美術館

利用案内INFORMATION

東京都写真美術館 公式サイトURL
http://topmuseum.jp/
所在地
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL 03-3280-0099
最寄駅
JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
東京メトロ恵比寿駅より徒歩約10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
木・金は20:00まで(最終入場時間 19:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館
年末年始および臨時休館日
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうとしゃしんびじゅつかん

東京都写真美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

建築 × 写真 ここのみに在る光

開催期間:

現存する最も古い写真は1827年頃にジョセフ・ニセフォール・ニエプスによって撮影された、窓から見える「たてもの」の一角でした。 写...

建築 × 写真 ここのみに在る光

写真家が建築を撮る時に感じた光を追体験
ただいま開催中

小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家vol.15

開催期間:

東京都写真美術館は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘し、新しい創造活動の場となるよう、さ...

小さいながらもたしかなこと 日本の新進作家vol.15

作品に込められた「たしかなこと」
ただいま開催中

これまでに東京都写真美術館で開催された展覧会

愛について アジアン・コンテンポラリー

開催期間:

発展と変容の著しいアジア。現代写真・美術の世界においても、アジアに向けられる視線はますます熱くなっています。 本展は家族、セク...

愛について アジアン・コンテンポラリー

眼差しの奥底にあるもの、「愛について」
会期終了

マジック・ランタン 光と影の映像史

開催期間:

近年注目を集める、プロジェクション・マッピングやパブリック・ヴューイングなど、人々がひとつの映像を一緒に見るという行為は、いつ...

マジック・ランタン 光と影の映像史

映写機やプロジェクターの原型
会期終了

杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年

開催期間:

杉浦邦恵は1963年、20歳の時に単身渡米し、シカゴ・アート・インスティテュートで写真と出会います。 留学当初、写真を専攻する学生は...

杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年

杉浦の表現の先駆性と独自の世界観
会期終了

TOPコレクション たのしむ、まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャーズ

開催期間:

TOPコレクションは、東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会です。今年のテーマは「...

TOPコレクション たのしむ、まなぶ イントゥ・ザ・ピクチャーズ

「美術館」という場における学びを楽しむ
会期終了

世界報道写真展2018

開催期間:

「世界報道写真展」は1955年にオランダのアムステルダムで、世界報道写真財団が発足したことにより、翌年から始まったドキュメンタリー...

世界報道写真展2018

世界の「いま」を克明に伝える写真の数々
会期終了

内藤正敏 異界出現

開催期間:

本展は異色の写真家・内藤正敏の50年を超える軌跡をたどり紹介します。 作家は60年代の初期作品において、化学反応で生まれる現象を接...

内藤正敏 異界出現

幻のように浮かび上がる「異界」を発見
会期終了

写真発祥地の原風景 長崎

開催期間:

東京都写真美術館では、古い写真に関する新たなシリーズである「写真発祥地の原風景」を開幕します。 このシリーズでは、日本の写真発...

写真発祥地の原風景 長崎

日本の写真発祥地の3都市にフォーカス
会期終了

『光画』と新興写真 モダニズムの日本

開催期間:

本展は 1930年前後に日本の写真史において盛んとなっていた新興写真に注目した展覧会です。 新興写真とは、ドイツの新即物主義(ノイエ...

『光画』と新興写真 モダニズムの日本

写真でしかできない表現をめざした動向
会期終了

無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol.14

開催期間:

「日本の新進作家」展は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘するため、新しい創造活動の展開の...

無垢と経験の写真 日本の新進作家 vol.14

作家達の無垢の表現が展開
会期終了

アジェのインスピレーション ひきつがれる精神

開催期間:

本展覧会はフランスの写真家、ウジェーヌ・アジェ(1857-1927)が後世の写真表現にどのような影響を与えたかについて考えます。東京都写...

アジェのインスピレーション ひきつがれる精神

近代写真の先駆者、ウジェーヌ・アジェ
会期終了

生誕100年 ユージン・スミス写真展

開催期間:

ユージン・スミス(1918-1978)は、写真史上、もっとも偉大なドキュメンタリー写真家のひとりです。 グラフ雑誌『ライフ』を中心に「...

生誕100年 ユージン・スミス写真展

ジャーナリズムの原点を見つめ直す
会期終了

総合開館20周年記念「TOPコレクション シンクロニシティ 平成をスクロールする 秋期」展

開催期間:

TOPコレクションは、毎年一つの共通テーマで、三期にわたって東京都写真美術館のコレクシ...

総合開館20周年記念「TOPコレクション シンクロニシティ 平成をスクロールする 秋期」展

平成時代の「現実」の捉え方とは
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE