美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京都写真美術館Tokyo Photographic Art Museum

東京都写真美術館

東京都写真美術館についてABOUT Tokyo Photographic Art Museum

東京都写真美術館は、国内唯一の写真・映像の総合美術館として、1995年(平成7年)1月に恵比寿ガーデンプレイスに誕生。写真・映像文化に親しむことのできる美術館である。

恵比寿駅東口から向かい、恵比寿ガーデンプレイスのメインの入口から、敷地内東側(山手線の線路側)に位置して、東京都写真美術館の建物がある。

収蔵する作品数は34,008点(2017年3月末現在)に及び、その中にはすでに今日では得難くなった貴重な作品が多くあり、日本の作家のコレクションの厚みなどは、他館にないユニークなものになっている。

東京都写真美術館は、2014年(平成26年)9月から約2年をかけて大規模な改修工事が行われ、展示室やホールなどの空間イメージを一新したほか、エレベーターが増設、また、館内にはカフェやショップも併設されて、2016年(平成28年)9月に、総合開館20周年も記念して、リニューアル・オープンした。

リニューアル・オープンにあわせて、新しいシンボルマークが誕生し、愛称は「トップミュージアム」となる。英語館名をTokyo Photographic Art Museumに改訂し、頭文字の一部から「トップミュージアム」の愛称が決定された。シンボル化された「TOP MUSEUM」のマークは、写真と映像を生み出す「光」によって、「TOP」の文字をうつし出したデザインで構成。「TOP」は、ドアをひらくようにも見え、感動に出会う期待感、奥行きや空間性が表されている。

東京都写真美術館正面玄関からのエントランスホールは、天井まで続く窓の採光によって解放感あふれる空間となっている。館内の施設には、2階、3階に収蔵作品を中心に構成される展覧会および、国内外から広く作品を集めた独自の企画による多様な企画展が開催される展示室がある。

地下1階の展示室では、歴史的な映像収蔵作品や現代作家の映像作品などで構成される映像展のほか、国内外の美術館との共催展、巡回による展覧会などの各種展覧会が開催される。

1階ホールは、「写真美術館で観る映画」(実験劇場)と題し、作品の上映を行っている(座席190席、車椅子席3席)。

その他、各種保存条件に合わせ作品を保存・管理する収蔵庫があり、フィルム全般は5℃、染料を使用したカラー作品とガラス乾板などは10℃、その他の写真作品および映像作品資料は20℃と4室に分け、それぞれの作品に合った環境を整えて保存している。相対湿度は50%に保たれている。

また、国内初の本格的設備を有する写真の保存・修復に関する研究室である保存科学研究室、写真・映像関連のワークショップ、スクールプログラムなどの教育普及活動を行うスタジオ、図書室などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内  TEL 03-3280-0099
東京都写真美術館

利用案内INFORMATION

東京都写真美術館 公式サイトURL
http://topmuseum.jp/
所在地
〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内
TEL 03-3280-0099
最寄駅
JR恵比寿駅東口より徒歩約7分
東京メトロ恵比寿駅より徒歩約10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
開館時間についての追記事項
(木・金曜は20:00まで)
※入館は閉館時間の30分前まで
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
ただし月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館
年末年始および臨時休館日
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうとしゃしんびじゅつかん

東京都写真美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

東京都写真美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中写真とファッション 90年代以降の関係性を探る

会期:

本展覧会では、「写真とファッション」をテーマに、1990年代以降の写真とファッションの関係性を探ります。 これまでのファッションが発展する過程に...

写真とファッション  90年代以降の関係性を探る

これまでに東京都写真美術館で開催された展覧会

会期終了中野正貴写真展 「東京」

会期:

誰も知らない都市の断面。変貌を続ける世界都市「東京」。2020年オリンピックの舞台となるこの大都市を鋭い感性と巧みな空間把握で30 年余にわたり撮影し続ける中野正貴。誰もいない東京の姿を写した『TO...

中野正貴写真展 「東京」

会期終了生誕120年 山沢栄子 私の現代

会期:

山沢栄子は1899年大阪に生まれ、1920年代のアメリカで写真を学び、1930年代から半世紀以上にわたり、日本における女性写真家の草分けとして活躍しました。 当初はポートレートの撮影を主な仕事としてい...

生誕120年 山沢栄子 私の現代

会期終了至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16

会期:

「日本の新進作家」は、写真・映像の可能性に挑戦する創造的精神を支援し、将来性のある作家を発掘し、新しい創造活動の展開の場として2002年より開催...

至近距離の宇宙 日本の新進作家 vol.16

会期終了イメージの洞窟  意識の源を探る

会期:

わたしたちは普段、主に視覚から情報を得ていると言われています。その視覚的情報を元に、個々人が“イメージ“を作り出し、重ねながら、ものごとを考えていきます。 わたしたちの認識のベースには、複雑...

イメージの洞窟  意識の源を探る

会期終了TOPコレクション イメージを読む 写真の時間

会期:

TOPコレクションは東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会です。今年のテーマは「イメージを読む」。作品という視覚的なイメージとその読み解き方...

TOPコレクション イメージを読む 写真の時間

会期終了しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像  1970年代から現在へ

会期:

東京都写真美術館では、日本・ポーランド国交樹立100周年を記念して、東欧の文化大国ポーランドの1970年代以降の美術を、女性作家と映像表現のあり方に...

しなやかな闘い ポーランド女性作家と映像  1970年代から現在へ

会期終了嶋田 忠 野生の瞬間 華麗なる鳥の世界

会期:

東京都写真美術館では国際的に評価が高く、現在も第一線で活躍する自然写真家・嶋田忠の個展を開催します。 嶋田 忠(しまだ ただし 1949-)は、カワ...

嶋田 忠 野生の瞬間 華麗なる鳥の世界

会期終了TOPコレクション イメージを読む 場所をめぐる4つの物語

会期:

TOPコレクションは東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会です。今年のテーマは「イメージを読む」。作品という視覚的なイメージとその読み解き方...

TOPコレクション イメージを読む 場所をめぐる4つの物語

会期終了世界報道写真展2019

会期:

総計約400万人が会場に足を運ぶ世界最大級の写真展、今年も開催! 世界報道写真展とは 「世界報道写真展」は1955年にオランダのアムステルダムで、世界報道写真財団が発足したことにより、翌年から始ま...

世界報道写真展2019

会期終了宮本隆司 いまだ見えざるところ

会期:

東京都写真美術館では、現在も国内外の美術展などで発表を続ける宮本隆司(みやもと りゅうじ)の個展を開催します。 宮本隆司は、建築空間を題材にした都市の変容、崩壊の光景を独自の視点で撮影した〈...

宮本隆司 いまだ見えざるところ

会期終了大石芳野写真展 戦渦の記憶

会期:

20世紀は「戦争の世紀」ともいわれます。二度にわたる世界大戦で人類の危機とでもいうべき大量の殺戮と破壊をもたらした後も安寧を迎えることはなく、米国、旧ソ連を軸とする東西の冷戦に起因する朝鮮戦...

大石芳野写真展 戦渦の記憶

会期終了志賀理江子 ヒューマン・スプリング

会期:

東京都写真美術館では、独自のフィールドワークを元に制作する作品群で、日本国内のみならず、国際的な注目を集める写真家 志賀理江子の新作個展「ヒュ...

志賀理江子 ヒューマン・スプリング

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE