美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

福岡県立美術館Fukuoka Prefectural Museum of Art

福岡県立美術館

福岡県立美術館についてABOUT Fukuoka Prefectural Museum of Art

福岡県立美術館は、福岡市天神に位置する須崎公園内の現在の地に、図書館と美術ギャラリーの併設施設として昭和39年(1964年)11月3日にオープンした「福岡県文化会館」を前身とし、昭和60年(1985年)11月3日に全面改装を経て、「福岡県立美術館」として、再オープンした美術館である。

佐藤武夫の建築による旧「福岡県文化会館」時代には、ツタンカーメン展や泰西名画展、ピカソ展などが開催された。
また、戦後美術の動向に一石を投じた前衛美術家集団「九州派」の過激な活動の舞台ともなった。加えて、自主企画展では福岡県ゆかりの作家たちを数々紹介し、高い評価を得るなど、文化芸術振興に役割を果たしてきた。

全面改装した福岡県立美術館でもその業績を受け継ぎ、発展を進めている。さらに開館記念展となった「現代美術の展望 変貌するイマジネーション」に象徴されるように、いま生まれつつあるアートシーンにも目を向け、積極的に紹介している。

収蔵品には、青木繁、坂本繁二郎、髙島野十郎、児島善三郎、川辺御楯などの福岡県にゆかりのある作家の作品を中心に、福岡藩御用絵師であった尾形家の絵画資料、久留米絣や九州古陶磁など幅広くコレクションしている。

ほかにも長い歴史を誇る公募展「福岡県美術展覧会(県展)」や県内各所での移動美術館展の開催、独自のプログラムによる学校団体鑑賞の受け入れ、ギャラリートークやレクチャーの実施、美術館ニュースレターの発行などを行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神5-2-1  TEL 092-715-3551
福岡県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

福岡県立美術館 公式サイトURL
http://fukuoka-kenbi.jp/
所在地
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神5-2-1
TEL 092-715-3551
最寄駅
<博多から西鉄バス>
◎「博多駅前A」から44・300・301・302・303・305・307番に乗車「天神北」下車 徒歩5分
◎「博多駅シティ銀行前F」から46番に乗車「市民会館前」下車 徒歩2分

<天神から西鉄バス>
◎「天神ソラリアステージ前2A」から80・90番に乗車「市民会館前」下車 徒歩2分

<電車>
◎西鉄大牟田線 福岡駅下車 徒歩15分
◎地下鉄 市営地下鉄天神駅下車 徒歩10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※美術図書室は、9:00~17:30
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝祭日の場合はその翌日
※年末年始
※その他臨時に休館する場合があります
入館料・観覧料
※展覧会により異なります
開催展覧会情報をご確認ください

入館料・観覧料についての追記事項
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者は、常設展観覧料が無料
※毎週土曜日、高校生以下の方は常設展観覧料が無料
※65歳以上の方は、常設展観覧料が無料
※館内に身障者トイレ、車椅子、ベビーカー、ベビーシート、授乳室があります
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふくおかけんりつびじゅつかん

福岡県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

福岡県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中 コレクション展Ⅲ 山口睦男と福岡の美術家たち

会期:

山口睦男(1942~2012)は片山写真館において片山攝三に師事、後にその経営を受け継ぐ一方で、師の勧めもあって主に福岡在住の美術家等の肖像撮影にも...

 コレクション展Ⅲ 山口睦男と福岡の美術家たち

福岡県立美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに福岡県立美術館で開催された展覧会

会期終了あなたの暮らしのための工芸

会期:

福岡県立美術館が収集してきた工芸作品を「暮らし」の目線から見直し、また絵画や彫刻を工芸的な視点から眺めてみるとどんな展覧会が広がるでしょう。 プロダクトデザインを手がける坂下和長さん CRITIB...

あなたの暮らしのための工芸

会期終了没後40年 髙島野十郎展

会期:

髙島野十郎(1890-1975)は「孤高の画家」あるいは「蠟燭の画家」として知られる洋画家です。 生前にはほとんどその存在が知られることはありませんでしたが、当館での展覧会をきっかけに、近年ますます...

没後40年 髙島野十郎展

会期終了型と花と 釜我敏子の型絵染

会期:

雄大な風景、荘厳な朝焼け、楚々と咲く野の可憐な花。自然を前にしてその美しさにため息をもらすとき、私たちは人知の及ばない神秘の現れに心動かされていると同時に、その同じ空間のなかに私たち自身が...

型と花と 釜我敏子の型絵染

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE