美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

福岡県立美術館Fukuoka Prefectural Museum of Art

福岡県立美術館

福岡県立美術館についてABOUT Fukuoka Prefectural Museum of Art

福岡県立美術館は、福岡市天神に位置する須崎公園内の現在の地に、図書館と美術ギャラリーの併設施設として昭和39年(1964年)11月3日にオープンした「福岡県文化会館」を前身とし、昭和60年(1985年)11月3日に全面改装を経て、「福岡県立美術館」として、再オープンした美術館である。

佐藤武夫の建築による旧「福岡県文化会館」時代には、ツタンカーメン展や泰西名画展、ピカソ展などが開催された。
また、戦後美術の動向に一石を投じた前衛美術家集団「九州派」の過激な活動の舞台ともなった。加えて、自主企画展では福岡県ゆかりの作家たちを数々紹介し、高い評価を得るなど、文化芸術振興に役割を果たしてきた。

全面改装した福岡県立美術館でもその業績を受け継ぎ、発展を進めている。さらに開館記念展となった「現代美術の展望 変貌するイマジネーション」に象徴されるように、いま生まれつつあるアートシーンにも目を向け、積極的に紹介している。

収蔵品には、青木繁、坂本繁二郎、髙島野十郎、児島善三郎、川辺御楯などの福岡県にゆかりのある作家の作品を中心に、福岡藩御用絵師であった尾形家の絵画資料、久留米絣や九州古陶磁など幅広くコレクションしている。

ほかにも長い歴史を誇る公募展「福岡県美術展覧会(県展)」や県内各所での移動美術館展の開催、独自のプログラムによる学校団体鑑賞の受け入れ、ギャラリートークやレクチャーの実施、美術館ニュースレターの発行などを行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神5-2-1  TEL 092-715-3551
福岡県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

福岡県立美術館 公式サイトURL
http://fukuoka-kenbi.jp/
所在地
〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神5-2-1
TEL 092-715-3551
最寄駅
<博多から西鉄バス>
◎「博多駅前A」から44・300・301・302・303・305・307番に乗車「天神北」下車 徒歩5分
◎「博多駅シティ銀行前F」から46番に乗車「市民会館前」下車 徒歩2分

<天神から西鉄バス>
◎「天神ソラリアステージ前2A」から80・90番に乗車「市民会館前」下車 徒歩2分

<電車>
◎西鉄大牟田線 福岡駅下車 徒歩15分
◎地下鉄 市営地下鉄天神駅下車 徒歩10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※美術図書室は、9:00~17:30
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝祭日の場合はその翌日
※年末年始
※その他臨時に休館する場合があります
入館料・観覧料
※展覧会により異なります
開催展覧会情報をご確認ください

入館料・観覧料についての追記事項
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者は、常設展観覧料が無料
※毎週土曜日、高校生以下の方は常設展観覧料が無料
※65歳以上の方は、常設展観覧料が無料
※館内に身障者トイレ、車椅子、ベビーカー、ベビーシート、授乳室があります
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ふくおかけんりつびじゅつかん

福岡県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

福岡県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中 コレクション展Ⅲ 山口睦男と福岡の美術家たち

会期:

山口睦男(1942~2012)は片山写真館において片山攝三に師事、後にその経営を受け継ぐ一方で、師の勧めもあって主に福岡在住の美術家等の肖像撮影にも...

 コレクション展Ⅲ 山口睦男と福岡の美術家たち

福岡県立美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに福岡県立美術館で開催された展覧会

会期終了没後50年 中村研一展

会期:

昭和期の官展アカデミズムを牽引したことで知られる洋画家の中村研一(1895-1967)の没後50年の節目に、作家ゆかりの地にある宗像市、新居浜市美術館と連携し、「没後50年 中村研一展」を開催します。 本...

没後50年 中村研一展

会期終了コレクション展Ⅲ 特集 美術館は動物園!

会期:

動物は古来、絵画や工芸品の重要なモチーフの一つです。 福岡県立美術館の古美術コレクションである尾形家絵画資料や久我コレクション(九州古陶磁)...

コレクション展Ⅲ 特集 美術館は動物園!

会期終了追悼水木しげる ゲゲゲの人生展

会期:

2015年11月30日、93歳で「あの世」へと旅立った水木しげる。「ゲゲゲの鬼太郎」「悪魔くん」「河童の三平」など、数多くのヒット作を生み出した漫画家としてだけでなく、作品を通じて妖怪文化を広めた妖...

追悼水木しげる ゲゲゲの人生展

会期終了コレクション展Ⅱ 特集:風景をとらえる

会期:

作家が風景に出会う時はどんな時でしょうか。そこにそそぐ光や風。それによってゆらめく草木や影、ざわめく音、湿気、温度…世の中ではとらえきれないく...

コレクション展Ⅱ 特集:風景をとらえる

会期終了コレクション展Ⅰ 生誕120年 中村琢二 瑞々しき画布の輝き

会期:

自然の中で絵を描くことの素朴な喜びを、瑞々しい筆致で表現した洋画家・中村琢二(1897-1988)の作品を中心に特集いたします。 琢二は、現在の福岡県宗...

コレクション展Ⅰ 生誕120年 中村琢二 瑞々しき画布の輝き

会期終了ディズニープリンセスとアナと雪の女王展

会期:

ディズニーのプリンセス作品は、1937年に公開の世界初の長編アニメーション映画「白雪姫」から始まりました。 プリンセスたちは、物語の主人公として...

ディズニープリンセスとアナと雪の女王展

会期終了郷土の美術をみる・しる・まなぶ2017 写真家 片山攝三 肖像写真の軌跡

会期:

写真家 片山攝三(かたやませつぞう 1914‐2005)は、福岡の地で写真館を営むかたわら、日本各地へ赴...

郷土の美術をみる・しる・まなぶ2017 写真家 片山攝三 肖像写真の軌跡

会期終了コレクション展Ⅱ 特集「山喜多二郎太と高木秋子」

会期:

山喜多二郎太(やまきた じろうた)は、日展や光風会展に重厚で奔放な油彩画を発表し、同時に水墨画も得意とした異色の洋画家です。 その山喜多に、若...

コレクション展Ⅱ 特集「山喜多二郎太と高木秋子」

会期終了ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展

会期:

世界中の人々から愛され続ける「ピーターラビット」。その作者、ビアトリクス・ポターの生誕150周年を記念し、日本初の大規模な原画展を開催いたします...

ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展

会期終了九大百年 美術をめぐる物語

会期:

東京、京都、東北に次ぐ4番目の帝国大学として明治44年(1911)に福岡の地に開学した九州帝国大学は、明治36年(1903)開学の福岡医科大学をその前身とし、工科・医科の二分科大学として誕生したのちには、大...

九大百年 美術をめぐる物語

会期終了コレクション展Ⅰ 特集 児島善三郎と独立美術協会

会期:

博多が生んだ洋画家 児島善三郎(こじま ぜんざぶろう 1893-1962)を特集した展覧会です。 児島は、福岡市中島町(現・博多区中洲中島町)に生まれ、昭和...

コレクション展Ⅰ 特集 児島善三郎と独立美術協会

会期終了色彩の奇跡 印象派展

会期:

変革の時代を生きた画家たちの芸術への探求を、ドイツ屈指のコレクションを誇るヴァルラフ=リヒャルツ美術館&コルブー財団(ドイツ、ケルン)が所蔵する日本初公開作品11点を含む67点の珠玉の名画によ...

色彩の奇跡 印象派展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE