EXHIBITION

近代日本絵画の名作展
―ひろしま美術館コレクション―

福岡県立美術館

  • 開催期間:2021年10月29日(金)〜2021年12月26日(日)
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-1
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-2
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-3
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-4
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-5
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-6
黒田清輝《洋燈と二児童》明治24年(1891)、ひろしま美術館蔵
安井曾太郎《画室》大正15年(1926)、ひろしま美術館蔵
横山大観《春光る(樹海)》昭和21年(1946)、ひろしま美術館蔵
岡田三郎助《水辺の裸婦》昭和10年(1935)、ひろしま美術館蔵
岸田劉生《支那服を着た妹照子像》大正10年(1921)、ひろしま美術館蔵
浅井忠《農夫帰路》明治20年(1887)、ひろしま美術館蔵
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-1
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-1
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-1
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-1
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-1
近代日本絵画の名作展―ひろしま美術館コレクション― 福岡県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

明治期に到来した西洋美術は、日本美術に大きな衝撃を与えました。日本人画家たちは西洋文化に学びつつも、新たな表現を作り出そうと格闘するなかで、近代日本美術史を形成しました。

本展は、ひろしま美術館が所蔵する近代絵画の名作約70点により美術史の流れを学び、深く味わう展覧会です。

◆ 出品作家:黒田清輝、岡田三郎助、岸田劉生、佐伯祐三、安井曾太郎、梅原龍三郎、竹内栖鳳、横山大観、平山郁夫ほか

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年10月29日(金)〜2021年12月26日(日)
会場 福岡県立美術館 Google Map
展示室3階展示室
住所 福岡県福岡市中央区天神5-2-1
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • ※美術図書室は、9:00~17:30
休館日 月曜日 
※祝休日の場合は翌平日
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
高大生 800円(600円)
小中生 500円(300円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金及び前売料金
    ※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者1名、及び特定疾患医療受給者証・特定医療費(指定難病)受給者証の交付を受けている方は無料
TEL092-715-3551
URLhttp://fukuoka-kenbi.jp/

福岡県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

福岡県立美術館 福岡県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
福岡県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE