美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

清水三年坂美術館Kiyomizu Sannenzaka Museum

清水三年坂美術館

清水三年坂美術館についてABOUT Kiyomizu Sannenzaka Museum

清水三年坂美術館は、京都市東山区清水寺門前産寧坂に、2000年に開館した私立美術館で、幕末・明治の金工、七宝、蒔絵、薩摩焼を常設展示する日本で初めての美術館である。

現在館長を務める村田理如(むらた まさゆき / 父は村田製作所創業者 故 村田昭 むらたあきら)は、1980年代終わり頃のニューヨークで、出張の帰りにたまたま入ったアンティークモールのショーウィンドウで見た、繊細で美しいつくりの「印籠」に目を奪われたことをきっかけに、ニューヨークやロンドンに行く度に幕末・明治の美術品を購入するようになった。またサザビーズやクリスティーズといったオークション会社のカタログを取り寄せては落札しているうち、収集品が大量に貯まっていった。

しかし、購入した美術品を眺める時間もない多忙な日々の中で、次第に、毎日好きな美術品を眺めていたい、海外のオークション会場に出向いて直接作品を見て落札したい、と考えるようになり、平成11年に勤めていた会社を辞め、美術館設立の準備を開始した。

戦もほとんどない平和な時代が長く続いた江戸時代、将軍家や大名家はお抱えの蒔絵師や金工師達に調度品や武具などを作らせていたが、印籠や刀装金具などは、もはや実用品ではなく、お洒落を演出する為の小道具になっていき、装飾技術は高度に発達していった。

一方で、大名家をしのぐほどの財力を持った商人達は、競って町の蒔絵師や金工師達に贅を尽くした印籠や刀装金具などを作らせるようになり、それらは、将軍家や大名家のものを上回る程、粋で洒落たものも多かった。

やがて鎖国が解かれ武家社会が崩壊すると明治政府は、お抱えの蒔絵師や金工師達たちの失業対策と殖産興業政策により、輸出用の作品を作らせたが、それらの多くは外貨獲得の為に外人の好みに合わせて作らせた作品で、芸術的には必ずしも評価の高いものではなかった。

しかし、国内需要を意識して作られた帝室技芸員の人達をはじめとする一流の作家達の作品は、非常に洗練された芸術性の高いものであった。それらの作品には欧米文化の影響も受け、江戸時代のものとは異なった新しい感覚の作品も多く見られ、その後は日本人の嗜好が欧米文化に傾斜してゆき、蒔絵や金工に対する国内需要が減少し、衰退の一途をたどりながら今に至る。

清水三年坂美術館では宮内省(現在の宮内庁)はじめ、国内の数寄者向けに作られた一級の作品、および貿易用に作られたものではあるが、美術品としての価値が高いものを選び、展示している。

技法別に分類すると、蒔絵、金工、七宝、焼き物、彫刻などであり、用途別では硯箱、料紙箱、文台、香炉、香箱、小箱、花瓶、印籠、根付、煙草入れ、煙管、煙管筒、矢立、茶碗、刀装金具、帯留め、櫛、かんざし等がある。時代としては明治を中心に幕末・大正あたりまでを含めて収集・展示をしている。どの分野をとっても今や再現不可能な細密で繊細で高度な技術で作られたものばかりである。

二階は特別展示室になっており、3ヶ月毎に企画展示を行う。

一階は常設展示室になっており、明治時代にその技術と芸術性において頂点を迎えた、蒔絵、七宝、金工、京薩摩のなかでも、特に細密華麗で優れた名品を厳選して展示している。多くは、海外に流出していたもので、当時、皇室より制作の奨励を受けていた帝室技芸員の手によるものである。

◆蒔絵
白山 松哉、川之辺 一朝、赤塚 自得、観松斎 など

◆七宝
並河 靖之、林 小伝治、濤川 惣助、平塚 茂兵衛 など

◆金工
加納 夏雄、海野 勝珉、正阿弥 勝義、鹿島 一谷 など

◆京薩摩
錦光山、藪明山、精巧山、司山 など

◆彫刻
高村光雲、石川光明、安藤緑山らの木彫・牙彫作品

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒605-0862 京都府京都市東山区清水寺門前産寧坂北入三丁目337-1  TEL 075-532-4270
清水三年坂美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

清水三年坂美術館 公式サイトURL
http://www.sannenzaka-museum.co.jp/index.html
所在地
〒605-0862 京都府京都市東山区清水寺門前産寧坂北入三丁目337-1
TEL 075-532-4270
最寄駅
<JR京都駅、近鉄京都駅より> 市バス206号系統、市バス100号系統「清水道」下車
<京阪祇園四条駅より> 徒歩約20分/市バス207号系統、京阪バス「清水道」下車
<京阪清水五条駅より> 徒歩約20分/市バス80号系統「清水道」下車
<阪急河原町駅より> 徒歩約25分/市バス207号系統「清水道」下車
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 火曜日 
定休日についての追記事項
※月・火曜日ともに祝日は開館
展示替期間ほか、都合により臨時休館する場合があります。
入館料・観覧料
大人 800円(640円)
大・高・中学 500円(400円)
小学生 300円(240円)
幼児 無料
※( )内は団体20名以上
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳をお持ちの方と付き添い者1名は、50%割引
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きよみずさんねんざかびじゅつかん

清水三年坂美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

清水三年坂美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中装剣金工の名匠 後藤一乗

会期:

後藤一乗(ごとういちじょう 1791~1876)は幕末から明治初めに活躍した装剣金工です。後藤家は代々将軍家の御用を務めた装剣金工の名門で、一乗は数えで15歳の時にその分家の当主となりました。 一乗は...

装剣金工の名匠 後藤一乗

開催中清水三年坂美術館 <常設展>

幕末・明治時代にその技術と芸術性において頂点を迎えた、蒔絵、七宝、金工、京薩摩のなかでも、特に細密華麗で優れた名品を厳選して常設展示をしております。その多くは、当時、皇室より制作の奨励を受...

清水三年坂美術館 <常設展>

清水三年坂美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに清水三年坂美術館で開催された展覧会

会期終了刺繡(ぬい)と天鵞絨(ビロード)

会期:

「刺繡絵画」「天鵞絨友禅」などと呼ばれた明治の染織繡をご存知でしょうか。 絵筆の代わりに絹糸や金糸を用いて、写実的でありながら独自の存在感を放つ花鳥、風景、動物などをあらわした刺繡。天鵞絨...

刺繡(ぬい)と天鵞絨(ビロード)

会期終了「明治の七宝」展

会期:

尾張の梶常吉(かじ つねきち 1803−1883)によって考案されたと伝えられる近代の七宝は、明治時代、尾張と京都を中心に目覚ましい発展をとげました。 当時盛んに行われた万国博覧会にも多数出品され、世...

「明治の七宝」展

会期終了「彫嵌細工の世界」展

会期:

彫嵌(ちょうがん)とは、木や象牙などの素地に、図柄にあわせて彫り刻んだ貝や牙角、鼈甲(べっこう)、金属などを嵌(は)め込んで装飾する技法をいいます。古くは正倉院の御物の中にその源流を見るこ...

「彫嵌細工の世界」展

会期終了よそおいの細密工芸

会期:

江戸から明治にかけての時代は、金工、漆芸、彫刻などの手工芸の分野において、技法的にも芸術的にも頂点に達していた時代と言えます。江戸の太平の世の中で、身を飾り装うことを楽しむ人々が増えると、...

よそおいの細密工芸

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE