美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

奈良県立美術館Nara Prefectural Museum of Art

奈良県立美術館

奈良県立美術館についてABOUT Nara Prefectural Museum of Art

奈良県立美術館は、1973年3月、風俗史研究家・日本画家の吉川観方(よしかわ かんぽう)氏が収集した江戸時代の日本画、浮世絵、各種工芸品などの寄贈を機に開館した。

その後、由良コレクション、大橋コレクションなどがまとまって寄贈され、また、富本憲吉(とみもと けんきち)の近代陶芸のほか、奈良にゆかりの深い作家などの作品も随時収集し、現在の所蔵品は鎌倉時代から現代に至るまでの絵画、工芸、彫刻、書跡、風俗資料など4,100点を超える。

これまで、1989年からエルミタージュ美術館など諸外国の美術館と国際交流美術展を開催する一方、奈良にゆかりのある展覧会も開催している。また、館蔵品を中心とした展覧会において、ボランティアによる展示作品の解説や各種イベントなども行う。

主な収蔵品に、

絵画では、伝雪舟「秋冬山水図」、曾我蕭白「美人図」(18世紀)、竹内栖鳳「保津川」(1888年)、久米桂一郎「 清水秋景図(山径晩暉)」(1893年)、普門暁「鹿、青春、光り、交叉」(1920年)、浜田葆光「水辺の鹿」(1932年)、上村松園「 春宵」(1936年)、須田剋太「新緑の東大寺」(1968年)、絹谷幸二「チェスキーニ氏の肖像」(1986年)、平山郁夫「長安の残輝」(1987年)。

版画、浮世絵に、東洲斎写楽「松本米三郎のしのぶ」(1794年)、歌川広重「 名所江戸百景・亀戸梅屋舗」(1857年)「魚づくし・いなだとふぐ」、西川祐信「美人若衆見立高砂図」(江戸時代 18世紀)。

書跡に、豊臣秀吉「 豊臣秀吉朱印状 柘植左京亮宛」(1590年)。陶芸に、富本憲吉「白磁八角壺」(1932年)「磁器色絵円に花模様大角飾筥」(1941年)「磁器赤地金銀彩羊歯模様蓋付飾壺」(1953年)

などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒630-8213 奈良県奈良市登大路町10-6  TEL 0742-23-3968
奈良県立美術館

利用案内INFORMATION

奈良県立美術館 公式サイトURL
http://www.pref.nara.jp/11842.htm
所在地
〒630-8213 奈良県奈良市登大路町10-6
TEL 0742-23-3968
最寄駅
近鉄奈良駅 1番出口から徒歩5分
JR奈良駅から奈良交通バス 県庁前 下車 すぐ
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日の場合はその翌平日
・年末年始(12月28日から1月4日まで)
・展示替え期間中
入館料・観覧料
<企画展(館蔵品展)>
一般 400円(300円)
大高生 250円(200円)
中小生 150円(100円)
※( )は20名以上の団体料金です。

<特別展>
特別展の時はその都度料金を定めます。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※次の方は無料でご観覧いただけます。
・外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付き添いの観光ボランティアガイドの方     
・身体障がい者手帳、療育手帳および精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1名
・65歳以上の方
※毎週土曜日は小・中・高校およびこれに準ずる学校の児童・生徒は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ならけんりつびじゅつかん

奈良県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

奈良県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中特別展 みやびの色と意匠 公家服飾から見る日本美

会期:

本展はご招待チケットプレゼント中!
人が身につける衣服は、着用者の身分や立場を示すとともに、美意識が現れる代...

特別展 みやびの色と意匠 公家服飾から見る日本美

奈良県立美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに奈良県立美術館で開催された展覧会

会期終了特別展「熱い絵画 大橋コレクションに見る戦後日本美術の力」

会期:

近代以前から美術においてパトロン(支援者)とコレクター(収集家)の役割は欠かせません。 奈良県立美術館も、吉川観方...

特別展「熱い絵画 大橋コレクションに見る戦後日本美術の力」

会期終了特別展 生誕90年 田中一光 未来を照らすデザイン

会期:

グラフィックデザイナー・田中一光は、1930年に奈良に生まれ、2020年に生誕90年を迎えます。 本展は、奈良に生まれ、日本...

特別展  生誕90年 田中一光 未来を照らすデザイン

会期終了生誕125年・没後40年 吉川観方―日本文化へのまなざし

会期:

吉川観方(よしかわ かんぽう 1894-1979年)といえば、今日、絵画や染織などの美術工芸品を収集したことで知られています...

生誕125年・没後40年 吉川観方―日本文化へのまなざし

会期終了企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか

会期:

奈良県が生んだ日本近代陶芸の巨匠・富本憲吉(1886-1963)。 郷土を代表する芸術家として、奈良県立美術館では開館以来...

企画展 富本憲吉入門 ―彼はなぜ日本近代陶芸の巨匠なのか

会期終了ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅

会期:

ヨルク・シュマイサー(Jörg Schmeisser, 1942-2012)は世界を舞台に活躍した銅版画家です。 ドイツに生まれハンブルグに...

ヨルク・シュマイサー 終わりなき旅

会期終了企画展 姿の美、衣装の美… 肉筆浮世絵

会期:

浮世絵は、現世肯定、現世亭受の価値観を背景として江戸時代前期に誕生しました。 浮世絵に先行する室町後期から江戸前期...

企画展 姿の美、衣装の美… 肉筆浮世絵

会期終了明治150年記念企画展 美の新風 ―奈良と洋画―

会期:

「洋画」とは、日本古来の画材や技法を用いた「日本画」に対し、ヨーロッパで生まれた油彩画や水彩画などを指し、明治時代...

明治150年記念企画展 美の新風 ―奈良と洋画―

会期終了奈良の刀剣 -匠の美と伝統-

会期:

現在、「日本刀」と呼称される刀剣類は、古くは「かたな」「けん」と呼ばれていました。 その原型は古代に遡りますが、平安時代中期頃には、現在の反りのある片刃...

奈良の刀剣 -匠の美と伝統-

会期終了伝統工芸企画展 赤膚焼・奈良一刀彫・奈良漆器・・・悠久の美と技

会期:

古都、奈良の伝統工芸「赤膚焼」「奈良一刀彫」「奈良漆器」にスポットを当てた企画展。 近世や近代の匠による名作から、...

伝統工芸企画展 赤膚焼・奈良一刀彫・奈良漆器・・・悠久の美と技

会期終了特別展「ニッポンの写実 そっくりの魔力」

会期:

何かにそっくりなものを目にしたとき、私たちは「すごい!これ、本物?」と、素朴なおどろきをおぼえます。目に見えるもの...

特別展「ニッポンの写実 そっくりの魔力」

会期終了特別展「没後40年 幻の画家 不染鉄展」

会期:

日本画家・不染鉄(ふせん・てつ 1891-1976)の没後40年を記念して、21年ぶりとなる回顧展「没後40年 幻の画家 不染鉄...

特別展「没後40年 幻の画家 不染鉄展」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE