美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

岩手県立美術館IWATE MUSEUM OF ART

岩手県立美術館

岩手県立美術館についてABOUT IWATE MUSEUM OF ART

岩手県立美術館は、岩手県盛岡市に2001年に開館。萬鐵五郎(よろず てつごろう)、松本竣介、舟越保武ら、郷土の美術家たちの作品群を中心としたコレクションを持つ。

岩手県がこれまで収集してきたこれらのコレクションの常設展示だけでなく、国内外の様々なテーマによる企画展を開催。また、講演会やワークショップ、コンサートといった美術館に親しむための多彩なイベントも行う。

岩手県立美術館のロゴシンボルマークは、グラフィックデザイナー 福田 繁雄(ふくだ しげお 1932年-2009年 東京都出身。母の郷里二戸市に疎開し、岩手県立福岡高等学校を経て東京芸術大学図案科卒業後、広告デザインの世界で活躍)によるもの。

岩手・IWATEの「I」、美術館・MUSEUMの「M」、ARTの「A」。「IMA」を素材とし、文字を越えた形のバランスを強調し、シンボルとしての逞ましさを象徴。Iの色彩は、日本古代色の緋色で、漆の強い力の色であり、東北の情熱の色を表している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3  TEL 019-658-1711
岩手県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

岩手県立美術館 公式サイトURL
http://www.ima.or.jp/
所在地
〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
TEL 019-658-1711
最寄駅
盛岡駅 東口より 岩手県交通バス
『盛南ループ200』乗車 「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール 10番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール 5番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から 徒歩20分 タクシーで5分
開館時間
開館時間 09:30〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館
※年末年始 (12月29日から翌年1月2日まで)
入館料・観覧料
<常設展>
一般 410円(330円)
学生 310円(250円)
高校生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

<企画展>
※その都度変わります。企画展ページを参照ください。
※企画展の観覧券で常設展もご覧になれます。
入館料・観覧料についての追記事項
※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方およびその付き添いの方1名は無料です。
※団体観覧許可・観覧料免除の電子申請はこちらから
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
いわてけんりつびじゅつかん

岩手県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

岩手県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催予定ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

会期:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」など、日本のアニメ史に残る優れた...

ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

これまでに岩手県立美術館で開催された展覧会

会期終了エリック・カール展 The Art of Eric Carle

会期:

ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれてからおよそ50年。アメリカを代表する絵本作家エリック・カール(1929-)は、小さなあおむしとともに...

エリック・カール展 The Art of Eric Carle

会期終了花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

会期:

終戦まもない1948年、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』の主人公のモチーフとなった大橋鎭子(おおはし・しずこ)とともに、生活家庭雑誌『美しい暮し...

花森安治の仕事 デザインする手、編集長の眼

会期終了巨匠が愛した美の世界 川端康成・東山魁夷コレクション展

会期:

ノーベル賞作家の川端康成と戦後日本を代表する画家の東山魁夷。 二人の巨匠が愛した美術品の数々をご紹介するとともに、平成28年末に発見された川端...

巨匠が愛した美の世界 川端康成・東山魁夷コレクション展

会期終了没後90年 萬鐵五郎展

会期:

個性派と呼ばれる芸術家を多数輩出した大正時代において、ひときわ特異な才能を輝かせた画家として知られる萬鐵五郎(よろず・てつごろう、1885-1927)。画家の没後90年を記念して開催する本展は、岩手県立...

没後90年 萬鐵五郎展

会期終了アートフェスタいわて2016 -岩手芸術祭受賞作品・推薦作家 展 + 岩手県美術選奨受賞者作品展-

会期:

この展覧会は、2016年秋に開催された第69回岩手芸術祭美術展の受賞(芸術祭賞、優秀賞、奨励賞)作品...

アートフェスタいわて2016 -岩手芸術祭受賞作品・推薦作家 展 + 岩手県美術選奨受賞者作品展-

会期終了生誕130周年記念 五味清吉展

会期:

1886年盛岡市に生まれた五味清吉(ごみ せいきち)は、1906年に上京して2年後に東京美術学校西洋画科に入学、明るい戸外の光に照らされた外光表現を学びました。 文展や帝展などの官展を主な発表の場とし...

生誕130周年記念 五味清吉展

会期終了BIB50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展 ―絵本の50年 これまでとこれから―

会期:

昨年に創設50周年を迎えた「ブラティスラヴァ世界絵本原画展」(通称BIB)はスロヴァキア共和国の首都...

BIB50周年 ブラティスラヴァ世界絵本原画展 ―絵本の50年 これまでとこれから―

会期終了2016年のIMA ―岩手の現代美術家たち―

会期:

岩手県立美術館では、これまでいくつかの展覧会を通じて、岩手の現在のアートシーンを紹介してきました。 なかでも、2011年に開催した「'70、'80年代...

2016年のIMA ―岩手の現代美術家たち―

会期終了企画展「映画誕生120年記念 野口久光 シネマ・グラフィックス展」

会期:

戦前、戦後の映画の黄金時代、日本にヨーロッパ映画を中心に配給していた東和商事(のちの東宝東和)に所属し、デザインの第一人者として、約30年間、1...

企画展「映画誕生120年記念 野口久光 シネマ・グラフィックス展」

会期終了ジョルジョ・モランディ ―終わりなき変奏―

会期:

20世紀イタリアを代表する画家、ジョルジョ・モランディ(1890-1964)。数々の新興芸術運動が花開いた激動の時代にあって、その生涯のほとんどを故郷ボロ...

ジョルジョ・モランディ ―終わりなき変奏―

会期終了<常設展 第4期展示> 特集:ひとのかたち

会期:

今年度の常設展第4期展では、「ひとのかたち」と題して特集展示を行います。 ひとのかたちは、古今東西における造形の主題として普遍的であり、汲めど...

<常設展  第4期展示> 特集:ひとのかたち

会期終了荒井良二 スキマの国の美術館

会期:

大人気の絵本作家、イラストレーターの荒井良二さん(1956年山形県生まれ、東京都在住)の展覧会が開催です。 豊かな色彩と大胆な構図、時に優しく時に荒いタッチの絵は、子どもが夢中になって描いたよ...

荒井良二 スキマの国の美術館

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE