Human and Animal
土に吹き込まれた命

岩手県立美術館

  • 開催期間:2022年5月28日(土)〜2022年7月3日(日)
  • クリップ数:4 件
  • 感想・評価:2 件
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-1
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-2
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-3
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-4
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-5
奈良美智《森の子》2020年、作家蔵
©Yoshitomo Nara Photo : Keizo Kioku
ステファニー・クエール《Narrow Abyss Juvenile》《Narrow Abyss Mother》
2018年、個人蔵 Photo : Masaki Ogawa
ベス・カヴェナー《シャドーパートナー》
2018年、Jason Jacques Gallery and the Artist
キム・シモンソン《金色の水たまりにジャンプする少女》
2012, 2020年、作家蔵 Photo : Kim Simonsson
スーザン・ホールズ《ラビット》
左 2019年、右 2020年、作家蔵 Photo : Kensei Sugimoto
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-1
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-1
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-1
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-1
Human and Animal 土に吹き込まれた命 岩手県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

多様な素材や手法を用いて美術作品が制作される現代、絵画や彫刻、デザイン、工芸といった領域の境界線は曖昧さを増しています。「陶芸」と表わされる分野で長らく親しまれてきた「土」という素材も、国内外で改めて造形の素材と捉えなおされており、素材としての土に、従来の領域に留まらない、さまざまな可能性が見いだされています。

本展では古くからモチーフとして取り組まれてきた人間(Human)、または動物(Animal)をテーマに、ベス・カヴェナー(アメリカ)、キム・シモンソン(フィンランド)、スーザン・ホールズ(イギリス)、ステファニー・クエール(イギリス)、奈良美智(日本)という、世界各地で活躍する5人の作家達の現代陶芸作品や関連作品、約100点を紹介します。

彼らはそれぞれの関心のもと、土と対話しながら土に命を吹き込み、いきもののかたちを生み出します。注目される作家達の作品を通し、土のもつ力、土による表現の最先端をご堪能ください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年5月28日(土)〜2022年7月3日(日)
会場 岩手県立美術館 Google Map
住所 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
時間 9:30〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,000円(800円)
高校生・学生 600円(500円)
小学生・中学生 400円(300円)
  • ※( )内は前売・20名以上の団体料金です
    ※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示の方、およびその付き添いの方1名は半額
    ※岩手県子育て応援パスポートによる割引があります
    ※学生の方は学生証または生徒手帳を要提示
    ※企画展観覧券でコレクション展も観覧できます
    ※前売販売期間 : 4月9日(土)~5月27日(金)
TEL019-658-1711
URLhttp://www.ima.or.jp/

岩手県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

岩手県立美術館 岩手県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

土の生み出す不思議な世界観

土の造形というと陶芸や彫刻という一般的なものしか浮かばなかったんですが、今回の展覧会で新たな土の力を感じることができました。
特に心惹かれたのがステファニー・クエールさんの作品。
一見、荒っぽく見えますがその実写実的で繊細、生き物の息吹が聞こえるような、そんな作品でした。
他の方の作品も独特で、一見の価値があるものでした。

REPORT

土を感じる。命を感じる。

購入した図録によると本展は岐阜県現代陶芸美術館・滋賀県立陶芸の森陶芸館に続いての展示となるらしい。岩手県立美術館では舟越保武の彫刻作品も多く展示されている。陶芸が主流の美術館ではないが、そのような関係もあり開催の流れになっ…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん
  • VIEW149
  • THANKS1
  • BY 珈琲

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岩手県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

奈良美智《森の子》2020年、作家蔵
©Yoshitomo Nara Photo : Keizo Kioku

ステファニー・クエール《Narrow Abyss Juvenile》《Narrow Abyss Mother》
2018年、個人蔵 Photo : Masaki Ogawa

ベス・カヴェナー《シャドーパートナー》
2018年、Jason Jacques Gallery and the Artist

キム・シモンソン《金色の水たまりにジャンプする少女》
2012, 2020年、作家蔵 Photo : Kim Simonsson

スーザン・ホールズ《ラビット》
左 2019年、右 2020年、作家蔵 Photo : Kensei Sugimoto

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE