深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

岩手県立美術館

  • 開催期間:2021年4月24日(土)〜2021年6月13日(日)
  • クリップ数:3 件
  • 感想・評価:2 件
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-1
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-2
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-3
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-4
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-5
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-6
深堀隆介 《丹塗り椀 更紗》 2011年
深堀隆介 《梅花》 2020年
深堀隆介 《金魚酒 命名 美津島》 2010年
深堀隆介 《ハーフ・ユニバース》 2018年
深堀隆介 《大蘇我》 2010年
深堀隆介 《金魚之間》 2005年
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-1
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-1
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-1
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-1
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-1
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」 岩手県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

深堀隆介(ふかほりりゅうすけ 1973年愛知県生まれ、神奈川県在住)は透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描く、斬新な手法で注目を集める現代美術家です。

2000年、アーティストとしての活動を悩んでいた時期、放置していた水槽で生き続ける金魚の存在に気づき、その美しさに心打たれ、金魚をモチーフに制作をはじめました。この体験を彼は「金魚救い」と呼び、さまざまな手法で、表現を追求し続けています。

深堀は独自の技法を探求し、器の中に樹脂を流し込み、その表面に絵具で金魚を少しずつ部分的に描き、上から樹脂を重ねる作業を繰り返すことで、立体感のある金魚に仕上げる方法を編み出しました。この独創的な技法は、絵画作品と立体作品の境界に揺さぶりをかける革命的絵画として、「2.5Dペインティング」とも称され、近年、国内はもとより世界的に高い評価を受けています。

本展ではこうした技法を用いた作品と併せ、インスタレーション、絵画、映像など、約300点の作品を展示し、深堀の幅広い仕事を紹介します。躍動感にあふれ、不思議な美しさを湛えた金魚の世界をお楽しみください。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年4月24日(土)〜2021年6月13日(日)
会場 岩手県立美術館 Google Map
住所 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
時間 9:30〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※ただし5月3日は開館
観覧料 一般 1,000円(800円)
高校生・学生 600円(500円)
小学生・中学生 400円(300円)
  • ※( )内は前売料金
    ※当日券を購入の際、次の割引があります。
    ・20名以上の団体は前売料金と同額
    ・療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳を提示の方、およびその付き添いの方1名は半額
    ※岩手県子育て応援パスポートによる割引があります
    ※学生の方は学生証または生徒手帳を要提示
    ※企画展観覧券で常設展も観覧できます(4月27日(火)~4月29日(木・祝)は展示替えのため常設展は観覧できません)
    ※5月5日(水・祝)は18歳未満の児童・生徒の観覧が無料です(高校生は生徒手帳を要提示)
TEL019-658-1711
URLhttp://www.ima.or.jp/

岩手県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

岩手県立美術館 岩手県立美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

深堀隆介展を拝見して

以前より、テレビ等で拝見し、実際に目で見てみたいと思っておりました。
この度、岩手県で開催されると知り、どうしても見たいと思いました。
実際に拝見し、まず思ったのは、とても不思議な感じがした、という気持ちです。
これが「絵」なの?といった感じです。
でも、じっくり拝見すると、とても綺麗で、なるほど、「絵」である認識ができました。
立体的に見える事、本物のような躍動感を感じるのはその通りですが、それだけではない、「絵画」としての主張もあり、今にも動き出しそうなのに、そこには綺麗な金魚たちの「絵」がありました。
テレビ画面からは伝わらない、「絵画」としての息遣いを感じ、何とも言えない感動を覚えました。
作者様の金魚に対する温かい愛を感じ、今後益々のご活躍を祈念させて頂きます。

5.0

深堀隆介展

アクリル絵具で書かれた金魚を観て、圧倒されてしまいました。立体的で、とても書いている金魚とは思えないのです。
しかし、書いている行程をみると、金魚の細やかな断面をひとつ一つ重ねて描きあげていることに驚かされました。本当に見ごたえのある作品ばかりでした。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岩手県で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

深堀隆介 《丹塗り椀 更紗》 2011年

深堀隆介 《梅花》 2020年

深堀隆介 《金魚酒 命名 美津島》 2010年

深堀隆介 《ハーフ・ユニバース》 2018年

深堀隆介 《大蘇我》 2010年

深堀隆介 《金魚之間》 2005年

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE