美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

岩手県立美術館IWATE MUSEUM OF ART

岩手県立美術館

岩手県立美術館についてABOUT IWATE MUSEUM OF ART

岩手県立美術館は、岩手県盛岡市に2001年に開館。萬鐵五郎(よろず てつごろう)、松本竣介、舟越保武ら、郷土の美術家たちの作品群を中心としたコレクションを持つ。

岩手県がこれまで収集してきたこれらのコレクションの常設展示だけでなく、国内外の様々なテーマによる企画展を開催。また、講演会やワークショップ、コンサートといった美術館に親しむための多彩なイベントも行う。

岩手県立美術館のロゴシンボルマークは、グラフィックデザイナー 福田 繁雄(ふくだ しげお 1932年-2009年 東京都出身。母の郷里二戸市に疎開し、岩手県立福岡高等学校を経て東京芸術大学図案科卒業後、広告デザインの世界で活躍)によるもの。

岩手・IWATEの「I」、美術館・MUSEUMの「M」、ARTの「A」。「IMA」を素材とし、文字を越えた形のバランスを強調し、シンボルとしての逞ましさを象徴。Iの色彩は、日本古代色の緋色で、漆の強い力の色であり、東北の情熱の色を表している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3  TEL 019-658-1711
岩手県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

岩手県立美術館 公式サイトURL
http://www.ima.or.jp/
所在地
〒020-0866 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
TEL 019-658-1711
最寄駅
盛岡駅 東口より 岩手県交通バス
『盛南ループ200』乗車 「県立美術館前」下車
(左回り 盛岡駅東口バスプール 10番乗り場 美術館まで約13分 200円)
(右回り 盛岡駅東口バスプール 5番乗り場 美術館まで約31分 200円)

盛岡駅 西口から 徒歩20分 タクシーで5分
開館時間
開館時間 09:30〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日、振替休日の場合は開館し、直後の平日に休館
※年末年始 (12月29日から翌年1月2日まで)
入館料・観覧料
<常設展>
一般 410円(330円)
学生 310円(250円)
高校生以下は無料
※( )内は20名以上の団体料金

<企画展>
※その都度変わります。企画展ページを参照ください。
※企画展の観覧券で常設展もご覧になれます。
入館料・観覧料についての追記事項
※療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方およびその付き添いの方1名は無料です。
※団体観覧許可・観覧料免除の電子申請はこちらから
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
いわてけんりつびじゅつかん

岩手県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

岩手県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中紅子と省三 ―絵かき夫婦の70年―

会期:

県内外から、約160点の作品を展示し、県を代表する洋画家、深澤省三と深澤紅子による、初期から晩年までの多彩な仕事をご覧いただきます。 盛岡市出身の深澤省三と紅子夫妻は、ともに東京の美術学校に学...

紅子と省三 ―絵かき夫婦の70年―

開催予定ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

会期:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
「となりのトトロ」、「魔女の宅急便」など、日本のアニメ史に残る優れた...

ジブリの大博覧会 ~ナウシカからマーニーまで~

これまでに岩手県立美術館で開催された展覧会

会期終了ホキ美術館展

会期:

ホキ美術館は日本で初めての写実絵画専門美術館として、2010年に千葉市にオープンしました。以来、全国各地、海外からも多くの来館者があり、大勢の方々に写実絵画の魅力を伝えています。 創設者・保木...

ホキ美術館展

会期終了広重 -雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく

会期:

江戸後期の浮世絵師・歌川広重(1797~1858)は、独特な構図と豊かな色遣いによる詩情豊かな風景版画で、多くの人々に親しまれています。 居ながらに...

広重 -雨、雪、夜 風景版画の魅力をひもとく

会期終了タータン 伝統と革新のデザイン

会期:

日本でも人気が高く、世代を超えて愛されている普遍的なデザイン、タータン。 ファッションに限らず、日用雑貨や室内装飾等、あらゆるところで目にする一方、その定義や歴史などが紹介される機会は多く...

タータン 伝統と革新のデザイン

会期終了アートフェスタいわて2018 ―岩手芸術祭受賞作品・推薦作家展+岩手県美術選奨受賞者作品展―

会期:

「アートフェスタいわて」の開催は今年で16回目を迎えます。 本展はプロ、アマを問わず、日ごろか...

アートフェスタいわて2018 ―岩手芸術祭受賞作品・推薦作家展+岩手県美術選奨受賞者作品展―

会期終了ますむらひろし展 -アタゴオルと北斎と賢治と-

会期:

特徴ある猫のキャラクターと独特のファンタジーで多くのファンを魅了する漫画家ますむらひろし(1952年山形県生まれ、千葉県在住)。 宮沢賢治の童話...

ますむらひろし展 -アタゴオルと北斎と賢治と-

会期終了“うつわ”ドラマチック展 世界の陶芸家たちが極めた“うつわ”の美

会期:

世界各地でつくられ、暮らしの中で用いられている“うつわ”は、やきもののシンボルともいえる存在で...

“うつわ”ドラマチック展 世界の陶芸家たちが極めた“うつわ”の美

会期終了ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男

会期:

ブルーノ・ムナーリは、イタリアを代表する芸術家であり、デザイナーです。 ミラノに生まれたムナーリは、生涯を通して、絵画、彫刻からグラフィック...

ブルーノ・ムナーリ 役に立たない機械をつくった男

会期終了うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より―

会期:

本展は、埼玉県在住の木原眞人氏が所蔵する近代日本画コレクション「木原文庫」の魅力を紹介する展覧会です。 木原氏は、少年期より近世・近代の文学...

うるわしき美人画の世界 ―木原文庫より―

会期終了ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展

会期:

ユニマットコレクションは、オフィスコーヒーや介護、リゾートなどの事業を展開しているユニマットグループの創業者・髙橋洋二氏が収集した西洋美術の...

ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展

会期終了アートフェスタいわて2017

会期:

「アートフェスタいわて」の開催は今年で15回目を迎えます。 本展はプロ、アマを問わず、日ごろから制作活動を行っている県人作家の作品が一堂に会する展覧会として親しまれてきました。 2017年秋に開...

アートフェスタいわて2017

会期終了篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

会期:

写真家の篠山紀信(1940 - )は、1950年代後半から現在に至るまで、作家、アイドル、俳優、スポーツ選手ら国内外の著名人の写真を撮り続けたほかに、日...

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN

会期終了エリック・カール展 The Art of Eric Carle

会期:

ぽん!とたまごからちっぽけなあおむしがうまれてからおよそ50年。アメリカを代表する絵本作家エリック・カール(1929-)は、小さなあおむしとともに...

エリック・カール展 The Art of Eric Carle

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE