佐藤雅晴 尾行
存在の不在/不在の存在

水戸芸術館 現代美術ギャラリー

  • 開催期間:2021年11月13日(土)〜2022年1月30日(日)
  • クリップ数:8 件
  • 感想・評価:4 件
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-2
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-3
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-4
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-5
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-6
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-7
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-8
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-9
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-10
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-11
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-12
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-13
《バイバイカモン》2010年
《I touch Dream #1》1999年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(SD、白黒、サイレント)
3分34秒
《福島尾行》2018年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー)、自動演奏ピアノ
ループ
《3月》2015年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サイレント)
ループ
《SM》2015年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サウンド)
ループ
「死神先生」シリーズより《ガイコツ》2018年
アクリル絵具、木製パネル
「死神先生」シリーズより《夜空》2018年
アクリル絵具、木製パネル
《TRAUM》2004-2007年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(SD、カラー、サウンド)
10分7秒
《バインド・ドライブ》2010-2011年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サウンド)
4分50秒
《東京尾行》2015-2016年
アニメーション、12チャンネル・ビデオ(HD、カラー)、自動演奏ピアノ
ループ
《福島尾行》2018年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー)、自動演奏ピアノ
ループ
「死神先生」シリーズより《ヤモリ》2018年
アクリル絵具、木製パネル
「死神先生」シリーズより《now》2018年
時計
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1
佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 水戸芸術館 現代美術ギャラリー-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

佐藤雅晴(さとうまさはる)は、ビデオカメラやスチルカメラで撮影した日常の風景をパソコン上でペンツールを用い、なぞるようにトレースしてアニメーション化する、「ロトスコープ」と呼ばれる技術によって映像作品を制作してきました。

東京藝術大学大学院美術学科絵画専攻修了後、ドイツに渡り、国立デュッセルドルフ・クンストアカデミーに研究生として在籍したのちドイツを拠点に活動、2010年に帰国し茨城県取手市に居を構えます。その直後に上顎癌が発覚、以後、闘病生活を送りながら制作に励んでいましたが、2019年3月、惜しまれつつも45歳で他界しました。

彼の作品は、現代美術、映画、アニメ、メディア・アートの表現領域を越え、国内外で高い評価を得てきました。佐藤自らが撮影した身近な人々や身の回りの風景を忠実にトレースすることによって生み出される佐藤の作品には、現実と非現実が交錯する独自の世界観が描かれています。

生前、佐藤はトレースという行為について、描く対象を「自分の中に取り込む」ことだと語っていました。それは、自身の暮らす土地や目の前の光景への理解を深め、関係を結ぶ行為ととらえることもできます。一方、佐藤の作品を見る私たちは、実写とのわずかな差異から生じる違和感や、現実と非現実を行き来するような知覚のゆらぎをおぼえます。人それぞれに多様な感情や感覚を呼び起こす佐藤の作品は、見ることの奥深さと豊かさを与えてくれるものといえるでしょう。

本展では、1999年に渡独し初めて制作した映像作品《I touch Dream #1》から、死の直前まで描き続けた「死神先生」シリーズまで、映像作品26点、平面作品36点の計62点を通じ、佐藤の画業を振り返ります。

【FEATURE|展覧会レポート】
「映像をアニメでトレースする― 現実と虚構が交差するアート」水戸芸術館「佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在」展 展覧会レポート

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年11月13日(土)〜2022年1月30日(日)
会場 水戸芸術館 現代美術ギャラリー Google Map
住所 茨城県水戸市五軒町1-6-8
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
  • (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
年末年始 12月27日(月)~2022年1月3日(月)
1月11日(火)
※ただし1月10日(月・祝)は開館
観覧料 一般 900円
団体(20名以上)700円
高校生以下 70歳以上
障害者手帳などをお持ちの方と付き添いの方1名は無料
  • ※学生証、年齢のわかる身分証明書が必要です
    ※1年間有効フリーパス→「年間パス」2,000円
    ※学生とシニアのための特別割引デー「First Friday」:学生証をお持ちの方と65~69歳の方は、毎月第一金曜日(12月3日、1月7日)100円
TEL029-227-8111
URLhttps://www.arttowermito.or.jp/gallery/lineup/article_5144.html

水戸芸術館 現代美術ギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

水戸芸術館 現代美術ギャラリー 水戸芸術館 現代美術ギャラリー

巡回展TRAVELING EXHIBITION

佐藤雅晴 尾行-存在の不在/不在の存在 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

いつしか誘導されている世界観

展示全体の、雰囲気が、とても作家性・作品のイメージにあっていました。
全体的に暗めな展示室内、別の作品から漏れ聞こえてくる音、そして、目の前にある作品。それらが、まさに作家性として、1つ1つの作品に、あうようになかたちでこちらの身体が慣らされていくようで、そのような身体で、実写とアニメの溶けこんだ動画を見ていく体験は、しずかな眩暈に誘われるようで、独特の体験となりました。

5.0

展覧会で見るからこそ伝わる佐藤雅晴さんの作品の面白さ

映像を中心に制作された佐藤雅晴さんの全作品を展示したこの展覧会では、会場で見るからこその様々な工夫がされています。
音響はもちろんのこと、配置にも目を凝らしてみると今回の展示の面白さが見えてくるのではないでしょうか。
ボランティアグループの皆さんが制作されたおみくじも楽しめました。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん

5.0

物悲しいインスタレーション。一点一点、時間をかけ制作した彼はあまりにも人生を急ぎ過ぎた。

 つくづく、やっぱり佐藤雅晴はいい‼という思いがつのりました。
 特に《東京尾行》。ドビュッシー《月の光》のピアノの無人自動演奏がBGMになっていることもあるのだと思いますが、こんなにも切ないインスタレーションがあるのかと。佐藤雅晴の作品には初期から、物悲しい通奏低音がただよっています。2019年3月に45歳で早世されているのですが、この寂寥感はどうしてもそのことと結びついてしまいます。
 佐藤雅晴の作品を初めて意識的に見たのは(原美術館の2016年の《東京尾行》は見逃していたので)遅まきながら2020年1月の国立新美術館の《福島尾行》でした。福島の風景の実写映像のごく一部分だけをトレースでアニメーション化した作品です。同時に、初期作《I touch Dream#1》にも深い感慨を持ちました(今回、この作品はウイリアム・ケントリッジのドローイングアニメの作品(これも好きです)に影響を受けたことも知り納得しました)。
 今回は、彼の回顧展になっており、両作品を含む代表作のほとんどが一挙に見られました。そのなかで細かなレトリックにも気づきました。《バインド・ドライブ》は、悪魔の男と天使の女のドライブなのですが、天使は妊娠しており(これから心中するのではと思わせます)、車のラジカセがリピートに表示されています。《カップル》は喫茶店の男女ですがガラスに映ったふたりの位置が入れ替わっています。《雪やコーヒー》は雪と角砂糖の白から黒への変化がシンクロしています。
 デジタル写真を丁寧にレタッチしたフォトデジタルペインティングの技法による作品群は以前から図版では見た記憶がありますが、実物は今回が初見でした。これらも動画やアニメーションの作品同様、作家 佐藤雅晴がコツコツと膨大な時間をかけ、丁寧に制作したであろうことが容易に想像できるものでした。一点一点ゆっくりと時間をかけ制作した彼は、人生をあまりに急ぎ過ぎたと思えてならなりません。
 2021年7月に六本木の蔦屋書店で展示されていた「Hands」シリーズや、ヨコハマトリエンナーレ2020に出品された最晩年の「死神先生」シリーズもありました。
 水戸は東京からは少し遠いですが、来た甲斐がありました。カタログも買いました。撮影可なのもとてもうれしいです。

THANKS!をクリックしたユーザー
K10526さん

3.0

時間はたっぷり必要です。

映像作品、わりと尺のある作品でも必ずしも椅子がある訳でもないため、なかなかしんどいかもしれません。展示室以外にも点在しています。見逃さないようにお気をつけください。もしかすると、大規模回顧展は最後の可能性があります。行った方が良い展覧会です。

THANKS!をクリックしたユーザー
K10526さん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
茨城県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《バイバイカモン》2010年

《I touch Dream #1》1999年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(SD、白黒、サイレント)
3分34秒

《福島尾行》2018年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー)、自動演奏ピアノ
ループ

《3月》2015年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サイレント)
ループ

《SM》2015年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サウンド)
ループ

「死神先生」シリーズより《ガイコツ》2018年
アクリル絵具、木製パネル

「死神先生」シリーズより《夜空》2018年
アクリル絵具、木製パネル

《TRAUM》2004-2007年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(SD、カラー、サウンド)
10分7秒

《バインド・ドライブ》2010-2011年
アニメーション、シングルチャンネル・ビデオ(HD、カラー、サウンド)
4分50秒

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE