髙山辰雄展

佐川美術館

  • 開催期間:2024年7月13日(土)~2024年9月23日(月・振)
  • クリップ数:5 件
髙山辰雄展 佐川美術館-1
髙山辰雄展 佐川美術館-2
《白い襟のある》1980年 メナード美術館
《いだく》1977年 東京国立近代美術館
髙山辰雄展 佐川美術館-1
髙山辰雄展 佐川美術館-1

こちらの展覧会は、ご招待チケットプレゼントがあります。詳細はこちら ↓

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

日本画家・髙山辰雄(たかやまたつお 1912-2007)は大分に生まれ、中学校卒業と同時に上京し1931年に東京美術学校(現・東京藝術大学)日本画科へ入学します。在学中は松岡映丘の門下生として日々研鑽に励み、1934年の第15回帝展に初出品した《湯泉》が入選する快挙を果たし、1936年に東京美術学校を首席で卒業するなど、画家として順調なスタートを切ります。

戦後まもなくポール・ゴーギャンの伝記を読むことで、その生き方に強く感銘を受けると同時に、ゴーギャンの作風に傾倒するようになり、その後の作品に色濃く表れます。1960年代以降、人間の精神性に触れるような作風や色使いを用いるようになると、人物の表現や色彩の特徴に変化が見られるようになります。特に1970年代以降の作風は、人間の本質を捉えるような様々な人物画が描かれるようになり、1990年代以降、代表作となる《聖家族》の連作に象徴される、極端に色彩を抑えたモノクロームの表現や中国の宋元画を彷彿とさせる作風も見られるようになります。

本展では、画家・髙山辰雄の70年以上に亘る画業の中から、《聖家族》を一つの頂点として、《聖家族》制作に至るまでの人物像を中心に展観します。ひたすら研鑽に励んだ学生時代の作品、ゴーギャンへの傾倒など、髙山の制作における画期となる作品を紹介し、髙山が追い求めてきた日本画の境地を明らかにします。滋賀県では初の開催となる髙山辰雄作品の魅力を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年7月13日(土)~2024年9月23日(月・振)
  • 前期展示:7/13~8/12
    後期展示:8/14~9/23
    ※会期中展示替を実施します
会場 佐川美術館 Google Map
住所 滋賀県守山市水保町北川2891
時間 9:30~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
祝日の場合は翌日
観覧料 【WEB事前予約制】
一般 1,200円
高大生 800円
中学生以下 無料
  • ※要保護者同伴
TEL077-585-7800 
URLhttp://www.sagawa-artmuseum.or.jp/

佐川美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

佐川美術館 佐川美術館

ご招待チケットプレゼントINVITATION TICKET GIFT

こちらの展覧会は、ご招待チケットがございます。鑑賞後に当サイトに感想・評価をお寄せいただける方を優先にプレゼントさせていただいております。

この展覧会のご招待チケットに応募する

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
滋賀県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《白い襟のある》1980年 メナード美術館

《いだく》1977年 東京国立近代美術館

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE