ART BLOGS

アートブログ

「奇才 江戸絵画の冒険者たち」@あべのハルカス美術館 後期展示お薦め

感染者が増えないうちにと前期に出かけたのですが、見逃したのです。
和歌山・無量寺の「長澤蘆雪」襖絵を。
2017年の愛知県美での蘆雪展にも行きそびれ、ここを見逃せば和歌山最南端の串本まで出かけることになる。どうしても見たいと後期展示に出かけてきました。
《龍図襖》《虎図襖》は、向かい合い、その両脇二間の障壁画と合わせて同寺のしつらえを展示室で再現。《龍図襖》も《虎図襖》もかなりの早描きではなかったろうか。一気呵成に筆を振るったように観える。《龍図襖》の裏の《唐子遊図襖》琴棋書画する唐子、一緒に描かれている仔犬は、応挙の描く仔犬同様にコロコロ、モフモフと可愛く、蘆雪の意外にやさしい一面も垣間見える。《虎図襖》襖いっぱいに描かれた一歩前に踏み出した虎?ところが、後ろに回って《薔薇図襖》に目をやると、これが「虎」の正体だったのかと、クスっとにやけてしまいました。そうです、流れの中の魚を狙う猫、その猫を流れの中の魚から見れば・・・そうまさにかの襖に描かれた「虎」なのでした。そんなユーモアの持ち主でもあったのですね。師応挙の元を離れ、南紀で開花した蘆雪を観る思いでした。

大好き岩佐又兵衛
岩佐又兵衛筆《伊勢物語 梓弓図》都から3年ぶりに帰ってきて戸を叩く夫を描いています。又兵衛特有の「豊頬長頤」のお顔に再会し、ニンマリとしてしまうのです。又兵衛の生い立ちが影響しているのか、どの人物を見てもちょっと妖しげで、そこに心が惹かれます。

最期にオマケ 中村芳中筆《公卿観楓図》楓を愛でておいでの公卿様の後ろ姿は、確かに三角おにぎりです。シメジにしか見えない松など芳中の描くモチーフにこちらの心も緩み癒されました。

プロフィール

morinousagisan
阪神間在住。京都奈良辺りまで平日に出かけています。美術はまるで素人ですが、美術館へ出かけるのが大好きです。出かけた展覧会を出来るだけレポートしたいと思っております。
通報する

この記事やコメントに問題点がありましたら、お知らせください。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE