国立歴史民俗博物館The National Museum of Japanese History

国立歴史民俗博物館

Photo:左から 外観/上野広小路・日本橋付近/第1展示室 羅城門復元模型(上段)/第4展示室「おそれと祈り」コーナー 展示風景(下段)

国立歴史民俗博物館についてABOUT The National Museum of Japanese History

「歴博」の愛称で親しまれている国立歴史民俗博物館は、1983年(昭和58年)3月に開館。
日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する歴史民俗博物館として、千葉県佐倉市にある佐倉城址の一角、約13万平方メートルの敷地に建てられ、延べ床面積約3万8千平方メートルの壮大な規模を有する。

先史・古代から現代に至るまでの歴史と日本人の民俗世界をテーマに、実物資料に加えて精密な複製品や学問的に裏付けられた復元模型などを積極的に取り入れ日本の歴史と文化についてだれもが容易に理解を深められるよう展示されている。

国立歴史民俗博物館は、大学における学術研究の発展や資料の一般公開といった教育活動の推進に資するための大学共同利用機関として、1981年(昭和56年)4月14日に設置されたものであり、日本の歴史資料、考古資料及び民俗資料の収集、保管及び公衆への供覧並びに歴史学、考古学及び民俗学に関する調査研究を行うことを目的としている。

また、日本の歴史の流れの中で、各時代の学問上有益である興味ある問題についての課題研究を基礎とした展示を行うと共に、日本の歴史や文化について講演会等の普及活動や、各種の解説書や資料目録、調査報告書等の刊行を行う。

収蔵品には、国宝「額田寺伽藍並条里図(麻布)」「宋版漢書(慶元刊本)」、重要文化財「紙本著色洛中洛外図曲屏風(歴博甲本)」「木造地蔵菩薩立像 建武元年(1334年)康成作在銘」などをはじめ、歴史・考古・民俗など様々な分野にわたる資料が、約27万点収蔵されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒285-8502千葉県佐倉市城内町117 TEL 050-5541-8600 (ハローダイヤル)
国立歴史民俗博物館

利用案内INFORMATION

国立歴史民俗博物館 公式サイトURL
https://www.rekihaku.ac.jp/
所在地
〒285-8502千葉県佐倉市城内町117
TEL 050-5541-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
総武本線 佐倉駅から バス約15分 北口1番乗場から ちばグリーンバス田町車庫行き乗車「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車

京成佐倉駅から徒歩約15分(駅からの徒歩路 PDF)またはバス約5分 南口1番乗場から ちばグリーンバス田町車庫行き乗車「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※10月~2月は、9:30~16:30まで
(最終入館時間 16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が休日にあたるときは開館し、翌日休館
年末年始(12月27日から1月4日まで)
入館料・観覧料
一般 600円(350円)
大学生 250円(200円)
高校生以下 無料
※( )内は20人以上の団体料金
※学校団体の場合、引率の先生は無料
※企画展示開催中は特別料金(総合展示もあわせて観覧できます)
入館料・観覧料についての追記事項
※身体障害者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です
※博物館の半券の提示で、当日に限り「くらしの植物苑」にご入場できます。
また、植物苑の半券の提示で当日に限る博物館の入館料が割引になります。
※くらしの植物苑についてはこちらをご覧ください
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

国立歴史民俗博物館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

国立歴史民俗博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

特集展示 日本の食の風景 -「そとたべ」の伝統-

特集展示 日本の食の風景 -「そとたべ」の伝統-

開催中

会期:

日本の現在の食文化を形づくってきている歴史的な大きな契機としては、中世の禅宗寺院の料理からの影響が大きいことが知ら...

企画展示 性差(ジェンダー)の日本史

企画展示 性差(ジェンダー)の日本史

開催中

会期:

時の流れに浮かんでは消える無数の事実を指す「歴」と、それを文字で記した「史」。日本列島社会の長い歴史のなかで、「歴...

特集展示 庫外正倉院文書と盤龍鏡-井上辰雄氏蒐集資料展

特集展示 庫外正倉院文書と盤龍鏡-井上辰雄氏蒐集資料展

開催中

会期:

日本古代史の研究者であった井上辰雄氏の遺族より、2019年に寄贈を受けた資料を公開します。 井上辰雄氏は1928年(昭和3...

国立歴史民俗博物館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに国立歴史民俗博物館で開催された展覧会

特集展示 大津絵と江戸の出版

特集展示 大津絵と江戸の出版

会期終了

会期:

江戸時代、大津の追分(おいわけ)周辺で売られていた肉筆の民衆絵画である「大津絵(おおつえ)」は、木版や合羽摺(着色部分を切抜いた型紙の上から刷毛や“たんぽ”を...

昆布とミヨク-潮香るくらしの日韓比較文化誌

昆布とミヨク-潮香るくらしの日韓比較文化誌

会期終了

会期:

国立歴史民俗博物館と韓国国立民俗博物館は、両館の学術研究交流の促進を目的とし、2015年より国際交流事業「日韓地域研究...

特集展示「描かれた寺社境内」

特集展示「描かれた寺社境内」

会期終了

会期:

江戸時代後期には、旅や行楽などの関心の高まりを背景に、各地の名所に関するさまざまな画像が大量に制作されています。今日でも観光の主たる目的地には著名な寺社...

 企画展示 ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち

企画展示 ハワイ:日本人移民の150年と憧れの島のなりたち

会期終了

会期:

本展示では、日本で非常によく知られているハワイをめぐり、「観光・ハワイ」の側面だけではなく、日本からハワイに移住し...

特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」

特集展示「もののけの夏-江戸文化の中の幽霊・妖怪-」

会期終了

会期:

江戸時代は、妖怪や幽霊などの怪異譚や図像の収集が流行し、それらを可視化した絵本や錦絵なども大量に生産されました。 ...

特集展示 変わりゆく結婚式と近代化

特集展示 変わりゆく結婚式と近代化

会期終了

会期:

近世の身分制社会では、必ずしもすべての人が結婚するわけではありませんでした。 しかし、近代になると、基本的に誰もが...

特集展示 「正倉院文書複製の特別公開-クラウドファンディングによる製作と展示-」

特集展示 「正倉院文書複製の特別公開-クラウドファンディングによる製作と展示-」

会期終了

会期:

国立歴史民俗博物館では、正倉院文書の完全複製を目指し、1981年以来、長期事業...

特集展示 「吉祥のかたち」

特集展示 「吉祥のかたち」

会期終了

会期:

吉祥とは、良いきざし、めでたいしるしを意味する言葉です。絵画や工芸品の中には、吉祥にかかわる意味や願いを込めて制作されたものが少なくありません。 歴史的...

企画展示 日本の中世文書―機能と形と国際比較―

企画展示 日本の中世文書―機能と形と国際比較―

会期終了

会期:

中世の古文書は、見て面白いものです。 「くずし字」を読まなくても、見た目で分かること、つまり、書式、名前の書き方、...

特集展示「紀州徳川家伝来の楽器 -琵琶II-」

特集展示「紀州徳川家伝来の楽器 -琵琶II-」

会期終了

会期:

国立歴史民俗博物館が所蔵する紀州徳川家伝来楽器コレクション(161件)は、主として紀州藩の第十代藩主徳川治宝(とくが...

特集展示「お化け暦と略縁起-くらしのなかの文字文化-」

特集展示「お化け暦と略縁起-くらしのなかの文字文化-」

会期終了

会期:

お化け暦(ごよみ)と聞くと、幽霊や妖怪の出現する場所や日時が記されたカレンダーと期待する人もあるかもしれません。 明...

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」

会期終了

会期:

本展は、近世から近・現代にかけて展開してきた「おみやげ」という贈答文化とその背景となる旅と観光の様相を、主に国立歴...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE