美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

国立歴史民俗博物館The National Museum of Japanese History

国立歴史民俗博物館

Photo:左から 外観/上野広小路・日本橋付近/第1展示室 羅城門復元模型(上段)/第4展示室「おそれと祈り」コーナー 展示風景(下段)

国立歴史民俗博物館についてABOUT The National Museum of Japanese History

「歴博」の愛称で親しまれている国立歴史民俗博物館は、1983年(昭和58年)3月に開館。
日本の歴史と文化について総合的に研究・展示する歴史民俗博物館として、千葉県佐倉市にある佐倉城址の一角、約13万平方メートルの敷地に建てられ、延べ床面積約3万5千平方メートルの壮大な規模を有する。

原始・古代から現代に至るまでの歴史と日本人の民俗世界をテーマに、実物資料に加えて精密な複製品や学問的に裏付けられた復元模型などを積極的に取り入れ日本の歴史と文化についてだれもが容易に理解を深められるよう展示されている。

国立歴史民俗博物館は、大学における学術研究の発展や資料の一般公開といった教育活動の推進に資するための大学共同利用機関として、1981年(昭和56年)4月14日に設置されたものであり、日本の歴史資料、考古資料及び民俗資料の収集、保管及び公衆への供覧並びに歴史学、考古学及び民俗学に関する調査研究を行うことを目的としている。

また、日本の歴史の流れの中で、各時代の学問上有益である興味ある問題についての課題研究を基礎とした展示を行うと共に、日本の歴史や文化について講演会等の普及活動や、各種の解説書や資料目録、調査報告書等の刊行を行う。

収蔵品には、国宝「額田寺伽藍並条里図(麻布)」「宋版漢書(慶元刊本)」、重要文化財「紙本著色洛中洛外図曲屏風(歴博甲本)」「木造地蔵菩薩立像 建武元年(1334年)康成作在銘」などをはじめ、歴史・考古・民俗など様々な分野にわたる資料が、約24万点収蔵されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
国立歴史民俗博物館 [MAP]

利用案内INFORMATION

国立歴史民俗博物館 公式サイトURL
http://www.rekihaku.ac.jp
所在地
〒285-8502 千葉県佐倉市城内町117
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
総武本線 佐倉駅から バス約15分 北口1番乗場から ちばグリーンバス田町車庫行き乗車「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車

京成佐倉駅から徒歩約15分(駅からの徒歩路 PDF)またはバス約5分 南口1番乗場から ちばグリーンバス田町車庫行き乗車「国立博物館入口」または「国立歴史民俗博物館」下車
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※10月~2月は、9:30~16:30まで
(最終入館時間は、16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日にあたるときは開館し、翌日休館
年末年始(12月27日から1月4日まで)
※2017年4月3日、5月1日、8月14日は開館
入館料・観覧料
一般 420円(350円)
高校・大学生 250円(200円)
小学・中学生 無料
※( )内は20人以上の団体料金
※学校団体の場合、引率の先生は無料
※企画展示開催中は特別料金(総合展示もあわせて観覧できます)
入館料・観覧料についての追記事項
※毎週土曜日は、高校生は入館無料。ただし、特別料金が設定される企画展示は直り券(総合展示との差額分)を購入いただく場合があります
※身体障害者手帳等保持者は手帳提示により、介助者と共に入館無料です
※くらしの植物苑についてはこちらをご覧ください
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつれきしみんぞくはくぶつかん

国立歴史民俗博物館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

企画展示 日本の中世文書―機能と形と国際比較―

開催期間:

こちらの展覧会はご招待チケットプレゼント中!
中世の古文書は、見て面白いものです。 「くずし字」を...

企画展示 日本の中世文書―機能と形と国際比較―

中世を中心に日本の文書の歴史をたどる
ただいま開催中

特集展示「紀州徳川家伝来の楽器 -琵琶II-」

開催期間:

国立歴史民俗博物館が所蔵する紀州徳川家伝来楽器コレクション(161件)は、主として紀州藩の第十代藩主徳川治宝(とくがわはるとみ・1...

特集展示「紀州徳川家伝来の楽器 -琵琶II-」

江戸後期の大名家の音楽を巡る文化の一端
ただいま開催中

これまでに国立歴史民俗博物館で開催された展覧会

特集展示「お化け暦と略縁起-くらしのなかの文字文化-」

開催期間:

お化け暦(ごよみ)と聞くと、幽霊や妖怪の出現する場所や日時が記されたカレンダーと期待する人もあるかもしれません。 明治時代、それ...

特集展示「お化け暦と略縁起-くらしのなかの文字文化-」

秘密出版のお化け暦と略縁起という出版物
会期終了

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」

開催期間:

本展は、近世から近・現代にかけて展開してきた「おみやげ」という贈答文化とその背景となる旅と観光の様相を、主に国立歴史民俗博物館...

企画展示「ニッポンおみやげ博物誌」

おみやげから見えてくる日本文化の特質
会期終了

企画展示 「世界の眼でみる古墳文化」

開催期間:

日本列島には、3世紀中頃から6世紀までの約350年間、世界史的に見ても稀なスケールをもった先史モニュメントが築かれました。それは現...

企画展示 「世界の眼でみる古墳文化」

世界史的にも稀なスケールのモニュメント
会期終了

特集展示「江戸のグルメ案内」

開催期間:

テレビのグルメ番組や旅行番組中での食レポ、星の数ほどありそうなグルメガイド本、あるいは駅に置いてある無料のグルメ情報誌など、巷...

特集展示「江戸のグルメ案内」

有名料理茶屋の番付けや広重による錦絵
会期終了

特集展示 国立公園 今昔

開催期間:

『美しい風景やそれに関連する文化・歴史を守るために、法律や自主ルールなどによって管理される場所』という意味で、「保護地域」とい...

特集展示 国立公園 今昔

屋久島国立公園に関する最新研究も
会期終了

「1968年」-無数の問いの噴出の時代-

開催期間:

本展は、1960年代後半に日本で起こった、ベトナム反戦運動や三里塚闘争・水俣病闘争などの市民運動・住民運動、全国的な大学闘争などの...

「1968年」-無数の問いの噴出の時代-

いまなお意味を持ち続ける噴出した問い
会期終了

特集展示 年号と朝廷

開催期間:

現在の我々の生活の色々な局面に顔を出す「年号」。書類を記入しながら、今年が平成何年だったかを確認し直したこともあるでしょう。 ...

特集展示 年号と朝廷

「年号」の歴史を振り返る
会期終了

企画展示「URUSHI ふしぎ物語-人と漆の 12000 年史-」

開催期間:

本展は、最新の研究で明らかになった縄文時代から現代まで12000年にもわたる日本列島における漆文化を総合的に紹介する初めての展覧会...

企画展示「URUSHI ふしぎ物語-人と漆の 12000 年史-」

漆文化を総合的に紹介する初の展覧会
会期終了

特集展示「楽器と漆」

開催期間:

古来、楽器の制作にあたっては、しばしば漆工技術が用いられてきました。 それは、第一に、漆の接着剤やコーティング剤としての実用的...

特集展示「楽器と漆」

初公開!生田コレクション 鼓胴
会期終了

見世物大博覧会 現代編

開催期間:

見世物を知らない世代も多いでしょう。盛り場や祭りの喧騒の傍らで、不思議なモノたちが描かれた絵看板が並び、怪しげな口上に人々が足...

見世物大博覧会 現代編

現代の見世物小屋の当時の雰囲気を体感!
会期終了

デジタルで楽しむ歴史資料

開催期間:

本企画展は、パソコンやスマートフォンをはじめとするデジタル技術を利用して、さまざまな形で歴史資料を楽しんでもらおう、という催し...

デジタルで楽しむ歴史資料

じつは歴博名品展!? 重要文化財もズラリ
会期終了

見世物大博覧会

開催期間:

江戸時代から明治にかけて大いに流行し、大正、昭和を経て現代に至るまで命脈を保ってきた多種多様な見世物の様相を、主に国立歴史民俗...

見世物大博覧会

多種多様な見世物の様相に迫る
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE