美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

栃木県立美術館Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts

栃木県立美術館

外観:上野則宏、内観:椎木静寧

栃木県立美術館についてABOUT Tochigi Prefectural Museum of Fine Arts

栃木県立美術館は、日本における公立の近現代美術館の先駆けとして、1972年(昭和47年)に開館した県立の美術館である。建築は1981年(昭和56年)に増築された常設館を含め、川崎清氏の設計によるものである。

コレクションは、栃木県を中心とする国内の近現代美術やフランス、イギリス、ドイツ等西欧の近現代美術作品を要に、版画、挿絵本、写真、工芸を含め9000点近くに及ぶ。

主な収蔵作家として、栃木県関係作家では、小堀鞆音、荒井寛方、小杉放菴、石川寒巌、島多訥郎、濱田庄司、飯塚琅玕斎、川上澄生、高橋由一、青木繁、橋本邦助、川島理一郎、清水登之、刑部人、小山田二郎、丑久保健一、田中功起などの作品を中心に収集を行っている。

あわせて国内外の近現代美術の収集も行っている。国内作家では、藤田嗣治、難波田龍起、桂ゆき、芥川(間所)紗織、池田龍雄、篠原有司男、斎藤義重、元永定正、小林孝亘、加納光於、靉嘔、舟越桂、草間彌生、森村泰昌など。

海外作家では、リチャード・ウィルソン、トマス・ゲインズバラ、J. M. W. ターナー、ジョン・コンスタブル、カミーユ・コロー、クロード・モネ、チャールズ・ワーグマン、ウィリアム・ブレイク、ギュスターヴ・ドレ、オノレ・ドーミエ、エミール=アントワーヌ・ブールデルなどの作品を収集・展示している。

学芸員独自の視点による展覧会を含め、企画展が年間4~5回開催され、コレクション展においても年間4回テーマを設定して展示替をしている。

2008年4月には、マイセン磁器展示室を新設している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4-2-7  TEL 028-621-3566
栃木県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

栃木県立美術館 公式サイトURL
http://www.art.pref.tochigi.lg.jp/index.html
所在地
〒320-0043 栃木県宇都宮市桜4-2-7
TEL 028-621-3566
最寄駅
JR宇都宮駅
西口バスターミナル6番・7番乗り場から、関東バス[作新学院・駒生行]で約15分、桜通十文字下車すぐ

東武宇都宮駅前 
東武宇都宮駅前バス停(大通り沿い)から、関東バス[作新学院・駒生行]で約5分、桜通十文字下車すぐ
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日、振替休日は開館して火曜休館
※祝日の翌日(土・日曜日を除く)
※年末年始、展示替期間
入館料・観覧料
<企画展> 企画展ごとに定められています。
詳しくは[ 年間スケジュール ]を参照ください

<コレクション展>
一般 250円(200円)
大高生 120円(100円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金
※企画展観覧券でコレクション展も観覧できます
入館料・観覧料についての追記事項
※無料日 県民の日、11月3日(文化の日)
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とちぎけんりつびじゅつかん

栃木県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

栃木県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中菊川京三の仕事 ―『國華』に綴られた日本美術史

会期:

栃木県小山市で幼少期を過ごした日本画家・菊川京三(きくかわきょうぞう 1897-1985)は、現在も刊行が続く日本初の美術研究誌『國華』の図版制作者と...

菊川京三の仕事 ―『國華』に綴られた日本美術史

開催予定山田耕筰と美術

会期:

「からたちの花」などの歌曲から交響曲まで、日本初の本格的な作曲家として、また指揮者として活躍した山田耕筰(1886-1965年)は、青年期から音楽のみならず、舞踊や演劇、そして美術にも大きな関心を抱...

山田耕筰と美術

これまでに栃木県立美術館で開催された展覧会

会期終了絵を見るとき、あなたは何を見ているの?

会期:

私たちの暮らしにはさまざまな絵(ピクチャー)があふれています。道路標識やお店を示すアイコン。テレビやコンピューターの画面のみならず街角でも見...

絵を見るとき、あなたは何を見ているの?

会期終了画中のよそおい

会期:

古今東西、人は自らのよそおいに工夫を凝らし、楽しんできました。とりわけ19世紀パリでは、ジャーナリズムの発展とともに、現代につながるモード(流行)が生まれます。 ほどなくして日本でも、外国の...

画中のよそおい

会期終了水彩画の魅力 ターナーから清水登之まで

会期:

鑑賞だけでなく実践としても人々に愛され続ける水彩画は、明治時代に西洋画技法の一つとして移入され、学校教育に取り入れられて普及しました。 絵手...

水彩画の魅力 ターナーから清水登之まで

会期終了古川龍生展

会期:

栃木県下都賀郡桑村大字羽川(現 小山市羽川)に生まれた古川龍生(ふるかわりゅうせい 本名 龍夫、1893-1968)は、10代の頃から独学で版画に取り組みました。 東京美術学校卒業後は教師として働きつつ...

古川龍生展

会期終了工芸の教科書

会期:

陶芸や金工、木竹工や染織、漆芸、ガラス工芸など、豊かな自然に恵まれた栃木県は多彩な工芸を生み出してきました。 近代以降は「重要無形文化財保持者」(通称:人間国宝)に陶芸では濱田庄司、田村耕...

工芸の教科書

会期終了ウェザーリポート 風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア

会期:

「どんな天気でも、それはいい天気なんだ」 ドイツの彫刻家ヨーゼフ・ボイスは人間の都合とは無縁...

ウェザーリポート 風景からアースワーク、そしてネオ・コスモグラフィア

会期終了国吉康雄と清水登之 ふたつの道

会期:

国吉康雄(くによし やすお, 1889-1953)と清水登之(しみず とし, 1887-1945)は、若くしてアメリカに渡り、働きながら美術を学んだ。 二人はともに1910年代から20年代初めのニューヨークで画家として...

国吉康雄と清水登之 ふたつの道

会期終了没後30年 鈴木賢二展 昭和の人と時代を描く プロレタリア美術運動から戦後版画運動まで

会期:

市井の人々をいきいきと描いた鈴木賢二(1906-1987)は、版画家として、彫刻家として、そして漫画家と...

没後30年 鈴木賢二展 昭和の人と時代を描く プロレタリア美術運動から戦後版画運動まで

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE