美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

21_21 DESIGN SIGHT21_21 DESIGN SIGHT

21_21 DESIGN SIGHT

Photo:Masaya Yoshimura

21_21 DESIGN SIGHTについてABOUT 21_21 DESIGN SIGHT

珍しい名前の施設、「21_21 DESIGN SIGHT」(トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト)。六本木旧防衛庁跡地に建てられた複合施設「東京ミッドタウン」の敷地内に、安藤忠雄の設計によって建てられたデザインの展示施設。2007年3月30日、東京ミッドタウンのオープンと同時に開館した。

デザインには、ものごとを見極める力、洞察力が欠かせない。21_21 DESIGN SIGHTは、日常的なできごとやものごとに改めて目を向け、デザインの視点からさまざまな発信、提案を行っていく場として、開館した展示施設である。

“デザインミュージアム”の存在の必要性を感じていたデザイナーの三宅一生が、イサムノグチ、田中一光、倉俣史朗、安藤忠雄などのクリエイターとともに、その重要性について語りあう機会があり、また2003年には、新聞に「造ろうデザインミュージアム」と題した三宅一生による記事が掲載された。

「『今、なんだか"日本"が面白いぞ』
世界中でそんな言葉がささやかれるようになり、この国に新しい優れた才能が集まって仕事をし、面白いアイデアがどんどん出て、街も人も元気が出てくる......。そうした状況をつくり出したいなら、先人たちが遺したすばらしいデザイン遺産を保存・紹介し、未来に向けて同時代の動向も示す『デザイン ミュージアム』をつくろう。一つの大きなシンボルとなって、世界各地からたくさんの人々を引きつけてくれるはずだ。」
(2003年1月28日 朝日新聞(夕刊)に掲載の三宅一生による記事より)

「オリジナリティーのあるデザインによって、生活がうまく機能し、ひいては文化的、精神的な豊かさが育つことを、もっと意識すべきだ」とも語る三宅一生の寄せた記事をきっかけに、三井不動産など多くの賛同者からの協力を得て、2007年3月、六本木「東京ミッドタウン」の複合施設の敷地内に「21_21 DESIGN SIGHT」が建てられた。

現在、21_21 DESIGN SIGHTでは、三宅一生、グラフィックデザイナー 佐藤 卓、プロダクトデザイナー 深澤直人の3人が「ディレクター」、またジャーナリストの川上典李子が「アソシエイト・ディレクター」として、企画に関する検討を行っている。


これまでに行った企画展は、

◆「チョコレート」(展覧会ディレクター:深澤直人)
2007年4月27日 (金) ~7月29日 (日)
「チョコ」をテーマに意外性に富んだ視点から様々な作品を発表。

◆「祈りの痕跡。」(展覧会ディレクター:浅葉克己)
2008年7月19日 (土) ~9月23日 (火)
「文字」を中心に人々の祈る思いやコミュニケーションを考える展覧会。

◆「骨」(展覧会ディレクター:山中俊治)
2009年5月29日 (金)~8月30日 (日)
「骨」と「骨格」をキーワードに「未来の骨格」を探っていく展覧会。

◆「THE OUTLINE 見えていない輪郭」(展覧会ディレクター:深澤直人、藤井 保)
2009年10月16日 (金) ~ 2010年1月30日 (土)
私たちの周りにありながら見えていない輪郭を、深澤直人のデザインと藤井保の写真によって解き明かす。

◆「“これも自分と認めざるをえない”展」(展覧会ディレクター:佐藤雅彦)
2010年7月16日 (金) ~ 11月 3日 (水)
「自分」を形づくる要素を探る作品を通して、自分自身の「属性」を発見。「自分らしさ」や「個性」について、来場者とともに新たな視点を思索していく。

◆「テマヒマ展 〈東北の食と住〉」(展覧会ディレクター:佐藤 卓、深澤直人)
2012年4月27日 (金) ~8月26日(日)
東北のものづくりにおける「手間」のプロセス、「ひま」(時間)のプロセス。テマヒマかけた東北の“食と住”から、日本の文化と精神、ものづくりの可能性を考える。

◆「コメ展」(展覧会ディレクター:佐藤 卓、竹村真一)
2014年2月28日 (金) ~ 6月15日 (日)
私たちの暮らしにとても身近で、日々の生活に欠かせないコメ。私たちの文化の根幹をなすコメのありようを新鮮な目で見つめ直していく。

など。来場者に新たな視点での思索を促すような、さまざまな独自の企画展を開催している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン  TEL 03-3475-2121
21_21 DESIGN SIGHT [MAP]

利用案内INFORMATION

21_21 DESIGN SIGHT 公式サイトURL
http://www.2121designsight.jp/
所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
TEL 03-3475-2121
最寄駅
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅、千代田線「乃木坂」駅より徒歩5分
開館時間
開館時間 10:00〜19:00(最終入館時間 18:30)
定休日
火曜日 
定休日についての追記事項
年末年始、展示替え期間
入館料・観覧料
一般 1,100円
大学生 800円
中・高校生 500円
小学生以下 無料
※15名以上は各料金から200円割引
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳をお持ちの方と、その付き添いの方1名は無料。
※サントリー美術館で開催中の展覧会の半券またはメンバーズ・クラブ会員証をお持ちの方は、ご提示により入場料が通常料金より100円割引になります(1名様のみ。他の割引との併用はできません)。
※また、21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の展覧会の半券またはメンバーズカードのご提示により、サントリー美術館の入館料が同様に割引となります。
※東京ミッドタウンカードのご提示で100円が通常料金より割引になります(1名様のみ。他の割引との併用はできません。また、ポイント加算は行っておりません)。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とぅーわんとぅーわんでざいんさいと

21_21 DESIGN SIGHT 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」

開催期間:

21_21 DESIGN SIGHTでは、2019年3月15日より、企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」を開催します。展覧会ディレクターには、アー...

企画展「ユーモアてん。/SENSE OF HUMOR」

ユーモアはコミュニケーションの本質
ただいま開催中

企画展「虫展 -デザインのお手本-」

開催期間:

私たちの身近にいながら、実はまだ分からないことだらけの「虫」。 本展覧会では、自然を映し出す存在である「虫」の驚くべき仕組み、...

企画展「虫展 -デザインのお手本-」

デザインの新たな一面を虫から学ぶ展覧会
これから開催予定

これまでに21_21 DESIGN SIGHTで開催された展覧会

民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

開催期間:

1925年、民衆の用いる日常品の美に着目した柳 宗悦(1889-1961)が、無名の職人たちによる民衆的工芸を初めて『民藝』と名づけました。...

民藝 MINGEI -Another Kind of Art展

民藝に宿る無垢な美意識と精神性
会期終了

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

開催期間:

21_21 DESIGN SIGHTでは2018年6月29日より、企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」を開催します。展覧会ディレクターに...

AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展

片山正通によるダイナミックな会場空間
会期終了

写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-

開催期間:

写真が発明されてまもなく2世紀になろうとしています。この200年近くに生み出された写真...

写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-

未来の写真都市の鼓動を描きだす
会期終了

野生展:飼いならされない感覚と思考

開催期間:

21_21 DESIGN SIGHTでは、2017年10月20日より企画展「野生展:飼いならされない感覚と思考」を開催します。展覧会ディレクターには、思...

野生展:飼いならされない感覚と思考

ディレクターに人類学者 中沢新一を迎えて
会期終了

「そこまでやるか」壮大なプロジェクト展

開催期間:

21_21 DESIGN SIGHTでは2017年6月23日より企画展「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展」を開催します。展覧会ディレクターには建...

「そこまでやるか」壮大なプロジェクト展

新たな楽しさと価値観に気づかされる
会期終了

アスリート展

開催期間:

日々の積み重ねや試行錯誤を繰り返し、自己の限界を乗り越えていく「アスリート」。自身と向き合いながら努力を重ねることで生まれる超...

アスリート展

高みに挑み続ける「アスリート」の鼓動
会期終了

企画展「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」

開催期間:

「デザインの解剖」は、グラフィックデザイナーの佐藤 卓が2001年より取り組んでいるプロジェクトで、身近な製品を「デザインの視点」...

企画展「デザインの解剖展: 身近なものから世界を見る方法」

企業が生み出す製品のデザインの役割
会期終了

企画展「土木展」

開催期間:

快適で良質な毎日の生活を支えるため、街全体をデザインする基礎となる土木。道路や鉄道などの交通網、携帯電話やインターネットなどの...

企画展「土木展」

街全体のデザインの基礎「土木」を考える
会期終了

企画展「雑貨展」

開催期間:

今日、私たちの暮らしのいたるところに、「雑貨」と呼ばれるモノが存在します。しかし、非常に身近であるはずの「雑貨」は、すぐ手の届...

企画展「雑貨展」

「雑貨」をユニークな文化として俯瞰
会期終了

建築家 フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”

開催期間:

世界的に活躍する建築家 フランク・ゲーリーは、世の中に衝撃を与えたビルバオ・グッゲンハイム美術館をはじめ、昨年開館しルイ・ヴィ...

建築家 フランク・ゲーリー展  “I Have an Idea”

パワフルなエネルギーに満ちた展覧会
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE