テーマ:クリストとジャンヌ=クロード

21_21 DESIGN SIGHT

  • 開催期間:2022年6月13日(月)〜2023年2月12日(日)
  • クリップ数:31 件
  • 感想・評価:1 件
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-1
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-2
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-3
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-4
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-5
Photo: Wolfgang Volz ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation
Photo: Benjamin Loyseau ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation
Photo: Benjamin Loyseau ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation
Photo: Wolfgang Volz ©2019 Christo and Jeanne-Claude Foundation
Photo: Wolfgang Volz ©2005 Christo and Jeanne-Claude Foundation
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-1
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-1
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-1
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-1
テーマ:クリストとジャンヌ=クロード 21_21 DESIGN SIGHT-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

2021年9月、エトワール凱旋門が布で覆われると、周囲は人々の歓声に包まれました。クリストとジャンヌ=クロードが出会い、現代美術作家として創造活動の一歩を踏み出したパリで1961年に二人が構想し、悲願の夢でもあったプロジェクト「L’Arc de Triomphe, Wrapped, Paris, 1961-2021(包まれた凱旋門)」が現実のものとなった瞬間でした。

21_21 DESIGN SIGHT では、クリストとジャンヌ= クロードの活動の根源と広がりに焦点をあてた展覧会を開催します。展覧会ディレクターには、パリと東京を拠点として活躍する映像ディレクター、パスカル・ルランを迎えます。

16日間に渡り、銀色のコーティングが施された再生可能な青い布25,000㎡と、3,000m もの赤いロープで包まれた「L’Arc de Triomphe, Wrapped」の背景や制作過程を紹介。二人の意志を継ぐ人々が結集してのプロジェクト実現を讃えるとともに、激動の時代のなかにあってもなお状況を切り拓き、喜びをもたらす創造の大きな力そのものに目を向けます。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年6月13日(月)〜2023年2月12日(日)
会場 21_21 DESIGN SIGHT Google Map
住所 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン
時間 10:00〜19:00 (最終入場時間 18:30)
休館日 火曜日 
年末年始 12月27日~2023年1月3日 
観覧料 一般 1, 200円
大学生 800円
高校生 500円
中学生以下 無料
  • ※入場予約制の可能性あり
TEL03-3475-2121
URLhttp://www.2121designsight.jp/program/C_JC/

21_21 DESIGN SIGHTの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

21_21 DESIGN SIGHT 21_21 DESIGN SIGHT

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

クリストとジャンヌ=クロード亡き後、凱旋門がどのようにして布と赤いロープで包まれたのか

そういえば2021年9月、パリの凱旋門は梱包されたというニュースは見た覚えがある。ただ、そのときはクリストとジャンヌ=クロードは頑張ったのね、ぐらいに聞き流してました。なんせコロナでそれどころじゃなかった。今回の展示で改めて事実関係を見直すと、クリストは2020年に亡くなっており、パートナーのジャンヌ=クロードは2009年に亡くなっている。

つまり2人が亡き後、凱旋門がどのようにして布と赤いロープで包まれたのか、という話なんです。でも、その道のりは険しく、意外な罠にあふれていて、もう大変。ではどうやって切り抜けたのか、ということが、なんとなく分かる展示になってます。展示期間が長いのでもう2回ぐらいは見に行きたいと思います。

THANKS!をクリックしたユーザー
Chottoさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

Photo: Wolfgang Volz ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

Photo: Benjamin Loyseau ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

Photo: Benjamin Loyseau ©2021 Christo and Jeanne-Claude Foundation

Photo: Wolfgang Volz ©2019 Christo and Jeanne-Claude Foundation

Photo: Wolfgang Volz ©2005 Christo and Jeanne-Claude Foundation

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE