美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]NTT InterCommunication Center ICC

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]

Photo:左から ICC 5Fロビー/岩井俊雄《マシュマロモニター》撮影:木奥恵三 写真提供:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]/「オープン・スペース 2015」展グレゴリー・バーサミアン《ジャグラー》撮影:大高隆 写真提供:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]/無響室 撮影:木奥恵三 写真提供:NTTインターコミュニケーション・センター [ICC](上段)

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]についてABOUT NTT InterCommunication Center ICC

NTTインターコミュニケーション・センター(略称:ICC)は、日本の電話事業100周年(1990年)の記念事業として、東京都西新宿の東京オペラシティタワーに1997年4月19日にオープンした、メディア・アート作品の展示を中心とした、NTT東日本が運営する文化施設である。

ICCでは、「メディア・アート」と呼ばれる、主に芸術、科学、技術などを横断した視点から、コンピュータをはじめとするさまざまなメディア技術を使用して制作される美術作品を中心とした展覧会やイベントを行なっている。

ICCは、オープン以来、展覧会活動では、ヴァーチャル・リアリティやインタラクティヴ技術などの最先端電子テクノロジーを使ったメディア・アート作品を紹介してきた他、従来の形式や分類を超えた企画展を開催してきた。

また、作品展示にとどまらず、ワークショップ、パフォーマンス、シンポジウム、ニュースクールあるいは出版といった様々なプログラムを通じ、実験的な試みや新しい表現、コミュニケーションの可能性について紹介している。

また、ICCでは「コミュニケーション」というテーマを軸に科学技術と芸術文化の対話を促進し、豊かな未来社会を構想し、またこうした対話を通してアーティストやサイエンティストを世界的に結び付けるネットワークや、情報交流の拠点(センター)となることも目指している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒163-1404 東京都新宿区西新宿東京オペラシティ 4階  TEL フリーダイヤル 0120-144199
NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] [MAP]

利用案内INFORMATION

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 公式サイトURL
http://www.ntticc.or.jp/
所在地
〒163-1404 東京都新宿区西新宿東京オペラシティ 4階
TEL フリーダイヤル 0120-144199
最寄駅
京王新線「初台駅」東口から徒歩2分
(都営地下鉄新宿線乗り入れ、新宿から2分)
開館時間
開館時間 11:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜が祝日の場合翌日、年末年始、保守点検日、展示替え期間
入館料・観覧料
オープン・スペース 無料
企画展示 展示により異なる
開催中の展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
開催する企画(展覧会、イヴェント、ワークショップ等)により入場料は有料となります。料金は各企画ページの「利用案内」をご参照ください。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
えぬてぃてぃいんたーこみゅにけーしょんせんたーあいしーしー

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC] 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

「オープン・スペース 2019 別の見方で」展

開催期間:

「オープン・スペース」展は、メディア・アート作品をはじめとする、現代のメディア環境における多様な表現をとりあげる、幅広い観客層...

「オープン・スペース 2019 別の見方で」展

世界をとらえる別の視点、ものの見方
ただいま開催中

NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]にて、今後開催予定の展覧会

これまでにNTTインターコミュニケーション・センター[ICC]で開催された展覧会

イン・ア・ゲームスケープ:ヴィデオ・ゲームの風景,リアリティ,物語、自我

開催期間:

現代の文化としてのヴィデオ・ゲームは、文化庁メディア芸術祭においても顕彰の対象とな...

イン・ア・ゲームスケープ:ヴィデオ・ゲームの風景,リアリティ,物語、自我

ゲームから見た風景・社会
会期終了

エマージェンシーズ!036 平瀬ミキ《Translucent Objects(半透明な物体)》

開催期間:

ディスプレイには、重なり合った複数の積み木のような物体が映し出されています。それは...

エマージェンシーズ!036 平瀬ミキ《Translucent Objects(半透明な物体)》

「映像表現による彫刻作品」
会期終了

オープン・スペース 2018 イン・トランジション

開催期間:

「オープン・スペース」展は、メディア・アート作品をはじめ、現代のメディア環境における多様な表現をとりあげ、幅広い観客層に向けて...

オープン・スペース 2018 イン・トランジション

私たちの未来のヴィジョンを見出すアート
会期終了

エマージェンシーズ!035 藤倉麻子《群生地放送》

開催期間:

3DCGによって描き出された都市の風景の中で、高速道路、街灯、変電所、トイレなど、さまざまな人工物たちが、都市においてそれぞれの機...

エマージェンシーズ!035 藤倉麻子《群生地放送》

都市に潜在するリアリティを表現
会期終了

オープン・スペース 2017 未来の再創造

開催期間:

「オープン・スペース」展は、メディア・アート作品をはじめ、現代のメディア環境における多様な表現をとりあげ、幅広い観客層に向けて...

オープン・スペース 2017 未来の再創造

これまでの20年、これからの20年
会期終了

アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの「ポエティクス/ストラクチャー」

開催期間:

アート+コムならびにライゾマティクスリサーチは、メディア・アートとクライアント・ワ...

アート+コム/ライゾマティクスリサーチ 光と動きの「ポエティクス/ストラクチャー」

「光と動き」をどのように表現するか
会期終了

オープン・スペース 2016 メディア・コンシャス

開催期間:

「オープン・スペース 2016 メディア・コンシャス」展は、メディア・アート作品をはじめ、現代のメディア環境における多様な表現をと...

オープン・スペース 2016 メディア・コンシャス

メディア・アートの特性に焦点をあてて
会期終了

ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある

開催期間:

ジョン・ウッド&ポール・ハリソンは、1993年より、英国を拠点に、パフォーマンスやアニメーション、建築的なセットやさまざまな装置な...

ジョン・ウッド&ポール・ハリソン 説明しにくいこともある

美学的探求と実存主義的なコメディの融合
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE