ヤマザキマザック美術館 THE YAMAZAKI MAZAK MUSEUM OF ART

ヤマザキマザック美術館ヤマザキマザック美術館

ヤマザキマザック美術館についてABOUT THE YAMAZAKI MAZAK MUSEUM OF ART

ヤマザキマザック美術館は、愛知県丹羽郡に本社を持つ、工作機械メーカー ヤマザキマザックの創業者 山崎照幸(やまざきてるゆき)が収集した美術品コレクションを公開展示するため、名古屋市の中心部 東区葵に2010年4月に開館した美術館である。

ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンといったロココ時代のフランスの画家ら、ロマン主義を代表するドラクロワ、新古典主義のアングル、写実主義、印象派、エコール・ド・パリ等18世紀から20世紀にわたる、フランス美術300年の流れを一望する絵画作品を所蔵する。また、19世紀末にフランスを中心に花開いたアール・ヌーヴォーの代表的な作家であるガレやドームらのガラス工芸品や家具による作品も幅広くコレクションしている。

展示室は、往時の雰囲気をそのままに、壁布やシャンデリアなど当時のサロンを髣髴とさせる設えを施し、絵画作品は、あえて額装からガラス板、アクリル板をはずした展示を行っている。

主な収蔵作品に、ジャン=アントワーヌ・ヴァトー 「夏の木陰」 、フランソワ・ブーシェ 「恋文」 「アウロラとケファロス」、ジャン=バティスト・シメオン・シャルダン 「兎と獲物袋と火薬入れ」、ジャン・オノレ・フラゴナール「キューピッドのささやき」、クロード・モネ 「アムステルダムの港」、アメデオ・モディリアーニ「ポール・アレクサンドル博士の肖像」、 マルク・シャガール「サン=ジャネの村、夜 」、パブロ・ピカソ「マタドール」、エミール・ガレ 「蜻蛉文脚付杯」など。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

ヤマザキマザック美術館
〒461-0004 愛知県 名古屋市東区葵1-19-30  TEL 052-937-3737

利用案内INFORMATION

ヤマザキマザック美術館 公式サイトURL
https://www.mazak-art.com/
所在地
〒461-0004 愛知県 名古屋市東区葵1-19-30
TEL 052-937-3737
最寄駅
JR 名古屋駅から、名古屋市営地下鉄東山線「新栄町」駅(1番出口)直結

中部国際空港・セントレアからのアクセス
(1)ミュースカイ:中部国際空港・セントレア⇒名鉄「金山」駅まで24分
(2)地下鉄名城線:「金山」駅⇒「栄」駅まで9分
(3)地下鉄東山線:「栄」駅⇒「新栄町」駅まで2分
開館時間
開館時間 10:00〜17:30 (最終入館時間 17:00)
開館時間についての追記事項
※土日祝 10:00~17:00(最終入場時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
月曜日が祝日・休日と重なる場合は次の平日
展示替え期間
年末年始
入館料・観覧料
<常設展>
一般 1000円
団体(10名以上) 800円
18歳未満 500円
小学生未満 無料
※各種障害者手帳をご提示の方とその同伴者は800円
※音声ガイド無料サービス(小学生高学年以上推奨)

<特別展>
※ 特別展の観覧料に関する事項は、各展毎に定めます。
入館料・観覧料についての追記事項
※本館はバリアフリー構造となっており、車いすやベビーカーでの移動が可能です。
※敬老の日は65歳以上無料(証明できるものをご提示ください)
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
やまざきまざっくびじゅつかん

ヤマザキマザック美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

ヤマザキマザック美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

パリに生きた画家たち

パリに生きた画家たち

開催中

会期:

パリを愛し、パリを描き続けた画家たち、アルベール・マルケ(1875-1947)、モーリス・ユトリロ(1883-1955)、佐伯祐三(1898-1928)、荻須...

春の所蔵品展

春の所蔵品展

開催予定

会期:

ヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンらロココ美術の巨匠たち、そして、アングル、ドラクロワ、モディリアーニ、ボナール、ピ...

これまでにヤマザキマザック美術館で開催された展覧会

秋の所蔵品展

秋の所蔵品展

会期終了

会期:

ヤマザキマザック美術館の絵画コレクションは、ロココ時代を代表するヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンらに始まり、アング...

新野洋×西澤伊智朗 自然を創る

新野洋×西澤伊智朗 自然を創る

会期終了

会期:

新野 洋(しんのひろし) は1979年生まれの現代美術作家です。アトリエがある京都府南山城村周辺の里山などで採集した植物を、シリコーン...

春の所蔵品展

春の所蔵品展

会期終了

会期:

ロココの時代に活躍したヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンや、新古典主義のアングル、ロマン主義を代表するドラクロワ、写...

特別展「四季折々の情景 美術館に息づく小さな自然たち」

特別展「四季折々の情景 美術館に息づく小さな自然たち」

会期終了

会期:

季節と共に移り変わる花々、鳥のさえずり、虫の音、小動物の気配・・・。日本の四季は変化に...

秋の収蔵品展

秋の収蔵品展

会期終了

会期:

ロココの時代に活躍したヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンや、新古典主義のアングル、ロマン主義を代表するドラクロワ、写...

名古屋城からはじまる植物物語

名古屋城からはじまる植物物語

会期終了

会期:

第二次世界大戦の空襲により、建物の大部分が焼失した名古屋城本丸御殿には、狩野派の絵師の手による傑作が施されていました。天井板絵...

春の所蔵品展

春の所蔵品展

会期終了

会期:

ロココ時代のヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンや、新古典主義のアングル、ロマン主義を代表するドラクロワ、写実主義、印...

所蔵品展

所蔵品展

会期終了

会期:

ロココ時代のヴァトー、ブーシェ、フラゴナール、シャルダンや、新古典主義のアングル、ロマン主義を代表するドラクロワ、写実主義、印...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE