美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

原美術館Hara Museum of Contemporary Art

原美術館

Photo:左から 撮影:木奥惠三/撮影:渡邉修/撮影:木奥惠三/撮影:木奥惠三(上段・下段)

原美術館についてABOUT Hara Museum of Contemporary Art

原美術館は、現代美術を中心とする私立美術館で、1979年、原俊夫(はら としお)によって設立された。

美術館は、原俊夫の祖父にあたる、東京ガス会長、日本航空会長、帝都高速度交通営団(現在の東京メトロ)総裁などを歴任した実業家であり、美術品収集家でもあった原邦造(1883-1958年)の東京都品川区北品川にある邸宅が活用されている。現在の公益財団法人アルカンシエール美術財団を母体とし、1979年(昭和54年)に開館した。

原邦造の養父にあたるのが、倒幕の志士として名を馳せた後、明治から大正にかけて日本の近代化に尽力した銀行家、実業家の原六郎(1842年-1933年)である。

原邦造の私邸は、上野の東京国立博物館本館や銀座の和光本館(旧服部時計店)の設計で知られた当時の代表的な建築家 渡辺仁の設計による、ヨーロッパモダニズムを取り入れた戦前の(1938年(昭和13年)に竣工)貴重な建築である。

館内は、邸宅としての作りを活かした展示や、随所に常設されたインスタレーションなど、楽しい発見が潜んでおり、美術館ならではの趣向が凝らされている。また、1950年代以降の現代美術作品約1.000点を所蔵し、その内容は各国の巨匠から若手作家、絵画、立体、映像、インスタレーションなどと多岐に渡る。

中庭に点在する野外彫刻を眺めながらくつろぐことのできるカフェ ダールは、建物の弧を描いた廊下沿いの開放感あふれるガラス張りの空間で、美術館に併設のカフェとして人気が高い。展覧会ごとの作品イメージに合わせて考案されるデザートが、発想豊かでユニークである。

群馬県渋川市の伊香保グリーン牧場内には、世界的な建築家、磯崎新の設計による別館の「ハラ ミュージアム アーク」がある。

公益財団法人アルカンシエール美術財団は、現代美術とは別に、原六郎コレクションの古美術も所有しており、ハラ ミュージアム アークの特別展示室「觀海庵」にて随時展示を行なっている。所蔵作品には、東京国立博物館に寄託されている国宝「青磁下蕪花瓶」(南宋時代)、重要文化財縄暖簾図屏風」(江戸時代)ほか、円山応挙「淀川両岸図巻」(江戸時代)などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-25  TEL 03-3445-0651
原美術館

利用案内INFORMATION

原美術館 公式サイトURL
http://www.haramuseum.or.jp/
所在地
〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-25
TEL 03-3445-0651
最寄駅
<電車>JR、京急「品川駅」高輪口より徒歩15分、タクシー5分 / 京急「北品川駅」より徒歩8分

<バス>品川駅より都営バス「反96」番系統「五反田駅」行、「御殿山」停留所下車、徒歩3分。

<「品川駅」高輪口(西口)からの徒歩>「品川駅」高輪口(西口)前を「品川プリンスホテル」側に渡り、五反田方面(駅を背に左方向)へ約10分、「キリスト品川教会」「御殿山トラストシティ」を左に見つつ右カーブを道なりに進む。「御殿山交番前」交差点左折、住宅街を約200メートル直進し左側。

※駐車場有り
開館時間
開館時間 11:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
※水曜日のみ20:00まで開館(祝日を除く)
(最終入場時間 19:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜祝日の場合は開館、翌日休館、展示替え期間、年末年始
入館料・観覧料
一般 1,100円
大学生・高校生 700円
小中学生 500円
※学期中の土曜日は小中高生の入館無料
※20名以上の団体は一人100円引き
入館料・観覧料についての追記事項
原美術館メンバーは無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
はらびじゅつかん

原美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

原美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

原美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに原美術館で開催された展覧会

会期終了森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020 ―さまよえるニッポンの私

会期:

名画や映画の登場人物あるいは歴史上の人物に自らが扮するセルフポートレイト作品で知られる森村泰昌は、巧みなメイクや衣...

森村泰昌:エゴオブスクラ東京2020 ―さまよえるニッポンの私

会期終了加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL

会期:

原始美術を思わせるミステリアスで力強い人物表現を特徴とする加藤泉は、1990年代半ばより絵画作品を発表、2000年代に入ると木彫も手がけ、2007年ヴェネチアビエン...

加藤泉-LIKE A ROLLING SNOWBALL

会期終了The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project

会期:

崔在銀(チェ ジェウン)による発案・構成の「The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project」展を開催します。 ...

The Nature Rules 自然国家:Dreaming of Earth Project

会期終了「ソフィ カル―限局性激痛」 原美術館コレクションより

会期:

世界的に注目されるフランスの女性現代美術作家、ソフィ カル。 19年前に原美術館で開催し、大きな反響を呼んだソフィ カ...

「ソフィ カル―限局性激痛」 原美術館コレクションより

会期終了リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」

会期:

現在は台北を活動拠点にするリー・キット(李傑/Lee Kit)は、中国への返還(1997年)を経て変貌していく故郷・香港でア...

リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」

会期終了小瀬村真美:幻画~像(イメージ)の表皮

会期:

本展は、絵画の構図を利用した映像や写真作品を国内外で発表している小瀬村真美(こせむらまみ)の美術館初個展です。 出...

小瀬村真美:幻画~像(イメージ)の表皮

会期終了現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展

会期:

原美術館は、1979年日本における現代美術館の先がけとして開館しました。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際...

現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展

会期終了田原桂一「光合成」with 田中泯

会期:

1971年、20歳で渡仏した田原桂一は、日本の光とは異質なヨーロッパの光に出会い、衝撃を受けました。そして《光》そのものを探究するため、パリを拠点に写真(=Photo...

田原桂一「光合成」with 田中泯

会期終了メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2015-2017 漂泊する想像力

会期:

原美術館が2003年からパートナーをつとめる「メルセデス・ベンツ アート・スコープ」は、日本とドイツの間で現代美術アー...

メルセデス・ベンツ アート・スコープ 2015-2017 漂泊する想像力

会期終了エリザベス ペイトン展

会期:

ニューヨークを拠点に制作をしているエリザベス ペイトンは、1993年にチェルシーホテルで展覧会を開き、話題となりました。1996年にはニルヴァーナのギターボーカル...

エリザベス ペイトン展

会期終了篠山紀信展 「快楽の館」

会期:

原美術館にて、1960年代から現在まで常に写真界の先頭を走り続けてきた篠山紀信の個展が開催されます。 美術館での篠山紀信展といえば、「篠山紀信 写真力」展が2...

篠山紀信展 「快楽の館」

会期終了「みんな、うちのコレクションです」展

会期:

原美術館では、2014年秋の「開館35周年記念 原美術館コレクション展」以来となる、全館を使ったコレクション展示が開催さ...

「みんな、うちのコレクションです」展

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE