美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展

原美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催予定
丹念に収集した1950年代以降の所蔵作品約1000点の中から館長 原俊夫が自ら選びキュレーションする初のコレクション展
原美術館は、1979年日本における現代美術館の先がけとして開館しました。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を傾け、様々な展覧会を開催する一方、コレクション活動にも力を注い…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

原美術館は、1979年日本における現代美術館の先がけとして開館しました。創立者・現館長の原俊夫は、現代美術の発展と国際交流に情熱を傾け、様々な展覧会を開催する一方、コレクション活動にも力を注いできました。

本展は、ひとつひとつ丹念に収集した1950年代以降の絵画、立体、写真、映像、インスタレーションなど所蔵作品約1000点の中から、原が初めて自ら選びキュレーションするコレクション展示です。

1970年代後半より80年代前半までの初期収蔵作品を主とする前期、企画展の開催などをきっかけに収蔵された作品を主とする後期の2期に分け、約40年に渡る原美術館の活動の一端を紹介します。

【前期】アメリカの作家では、戦後絵画に大きな影響を与えた抽象表現主義のジャクソン ポロックやマーク ロスコ、その後続世代を代表するロバート ラウシェンバーグやジャスパー ジョーンズ、世界を席巻したポップアートの代表者であるアンディ ウォーホルやロイ リキテンシュタインなど。そして、前衛的・実験的精神に溢れたヨーロッパの作家たちとして、絵画のジャン デュビュッフェやカレル アペル、彫刻のアルマン、セザール、ジャン ティンゲリーなど。日本の作家では、戦後日本美術を牽引した今井俊満、河原温、工藤哲巳、宮脇愛子など。また、今も現役で活躍する作家たちでは草間彌生、篠原有司男、杉本博司、李禹煥。さらに世界に影響を与えたアジアの作家として、ナム ジュン パイク、艾未未(アイ ウェイウェイ)。

開催概要EVENT DETAILS

会期
  • 前期 1月6日(土)~3月11日(日)
    後期 3月21日(水・祝)~6月3日(日)
    ※展示替え休館 3月12日(月)~20日(火)
会場原美術館 [MAP]
住所 東京都品川区北品川4-7-25
時間 11:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • 祝日を除く水曜は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
※祝日にあたる1月8日、2月12日、4月30日は開館
1月9日(火)、2月13日(火)
3月12日(月)~20日(火)
5月1日(火)
観覧料 一般 1,100円
大高生 700円
小中生 500円
  • 原美術館メンバーは無料
    学期中の土曜日は小中高生の入館無料
    20名以上の団体は一人100円引
TEL03-3445-0651
URLhttp://www.haramuseum.or.jp/

原美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

原美術館 原美術館

感想・評価REVIEWS

この展覧会にはまだレビューがありません。
最初のレビューを投稿してみませんか?

レビューを投稿する

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE