EXHIBITION

ミニマル/コンセプチュアル:
ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術

DIC川村記念美術館

  • 開催期間:2021年10月9日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
  • クリップ数:6 件
  • 感想・評価:1 件
ミニマル/コンセプチュアル: ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術 DIC川村記念美術館-1
ミニマル/コンセプチュアル: ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術 DIC川村記念美術館-2
ミニマル/コンセプチュアル: ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術 DIC川村記念美術館-3
ミニマル/コンセプチュアル: ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術 DIC川村記念美術館-4
ドロテ・フィッシャーとコンラート・フィッシャー、1969年
Photo: Gerhard Richter
ギルバート&ジョージ《アーチの下で(ボックス)》1969年
ノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館、デュッセルドルフ
コンラート・フィッシャーとギルバート&ジョージ(デュッセルドルフ、プラターネン通り、1973年11月)
Konrad Fischer Galerie
ポスターイメージ
ミニマル/コンセプチュアル: ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術 DIC川村記念美術館-1
ミニマル/コンセプチュアル: ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術 DIC川村記念美術館-1
ミニマル/コンセプチュアル: ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術 DIC川村記念美術館-1
ミニマル/コンセプチュアル: ドロテ&コンラート・フィッシャーと 1960-70年代美術 DIC川村記念美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

ミニマル・アートは1960年代に主にアメリカで展開した美術の潮流として知られています。レンガや金属板、蛍光灯といった工業用素材や既製品が使用されること、正方形や立方体などの単純で幾何学的な形態やその反復による構造が一般的な特徴として挙げられます。作家の感情の痕跡や身振りを伴う表現を排し、作品はその物質性を前景化させます。

ミニマル・アートに続いて現れ、同時代に拡がりを見せたコンセプチュアル・アートは、実際の制作物以上に、もととなる考えを作品の成立条件として重視します。芸術にとって最も重要な要素はアイディアやコンセプトだと考えたのです。特定の形態に限定されることなく、言葉をはじめ、写真、映像、印刷物、日用品、自然物、そして作家自身の身体など多様な媒体や形式が用いられました。こうした新しい傾向をもつ芸術を紹介する国際的な拠点のひとつとなったのが、コンラート・フィッシャーが1967年にデュッセルドルフに開いたギャラリーでした。フィッシャーはアメリカやヨーロッパの若いアーティストたちとコンタクトを取りながら、斬新なプロセスで展覧会を実現させていきます。完成した作品を高い費用をかけて海外から輸送するよりも、作家本人をデュッセルドルフに招いて現地で制作する方法がとられました。または作家が記した指示書に基づき、フィッシャーをはじめ、職人やエンジニアなどが制作と展示設営を遂行しました。

フィッシャーは妻のドロテとともに、展覧会を手がけた作家たちの作品を蒐集し、同時に書簡や指示書、展示のためのドローイングといった多彩な資料も記録、保管してきました。本展では、故フィッシャー夫妻のコレクションを収蔵したノルトライン=ヴェストファーレン州立美術館の全面的な協力のもと、1960年代から70年代のミニマル・アートとコンセプチュアル・アートを中心とした貴重な作品や、その生成を紐解くアーカイブを展覧します。さらに、国内所蔵の主要作品を加え、異なる主張や特性を有しながらも、芸術とは何かを問い直し、今日のアートにも多大な影響を与えたこれらの芸術動向を振り返ります。

◆ 出品作家(予定)
カール・アンドレ、リチャード・アートシュワーガー、ローター・バウムガルテン、ベルント&ヒラ・ベッヒャー、マルセル・ブロータース、スタンリー・ブラウン、ダニエル・ビュレン、ハンネ・ダルボーフェン、ヤン・ディベッツ、ダン・フレイヴィン、ギルバート&ジョージ、河原温、ソル・ルウィット、リチャード・ロング、ブルース・ナウマン、ブリンキー・パレルモ、ゲルハルト・リヒター、ロバート・ライマン

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年10月9日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
会場 DIC川村記念美術館 Google Map
住所 千葉県佐倉市坂戸631
時間 10:30〜16:00 (最終入場時間 15:30)
休館日 月曜日 
12月25日(土)~2022年1月1日(土)
※ただし2022年1月3日、10日は開館
観覧料 【事前予約制】
一般 1,300円
学生・65 歳以上 1,100円
小中学生・高校生 600円
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttp://kawamura-museum.dic.co.jp/

DIC川村記念美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

DIC川村記念美術館 DIC川村記念美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

コミュニケーション

面白いと思うのは、ミニマル・コンセプチュアルの代表的アーティストの作品を、フィッシャー夫妻のギャラリーの展示記録から見ることが出来るということ。どのような意図でアーティストを選び、どのような方法で、どのように展示されたのか、ギャラリーとアーティストとの文書のやりとりもわかり、とても面白かった。読み物も多いため、前半じっくり見すぎて後半は疲れてしまったので、時間配分に注意が必要かもしれません。オススメです。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
千葉県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE